相葉マナブ目利き塾「秋の野菜」見極め方まとめ一覧


2016年10月9日放送の相葉マナブというテレビ番組では、スーバーマーケットに置かれている「秋の野菜」どちらがおいしいか目利きするという内容でした。とても勉強になり、同じ値段でより品質の良いものを選べ、今後のためになると思い、放送内容をすべてまとめてみました。是非、参考にしてみてください。

 

 

おいしいニンジン(人参)の見極め方

人参の芯(一番上の緑のところ)を見て、小さいほうがおいしいニンジンになります。理由は簡単で、芯が小さいほど中の芯も細くなり、ニンジン自体も芯が細いほうが柔らかくおいしくなります。

ws000003

出典:http://moriokasijyo.blogspot.jp/2016/04/45.html

 

おいしいサトイモ(里芋)の見極め方

里芋は親芋から子芋、孫芋とどんどん増えていきます。収穫のときに、「親芋と子芋」「子芋と孫芋」を切り離し、切り口が残ったまま収穫します。寒くなるとこの切り口から傷みやすいため、切り口がない里芋がいちばんおいしいと言われています。

ws000004

出典:http://moriokasijyo.blogspot.jp/2016/10/blog-post.html

 

おいしいゴボウの見極め方

細いゴボウと太いゴボウは、細いゴボウのほうがくたくたってことで、柔らかくておいしい。一方太いゴボウはつっぱっていて硬い特徴があります。太くてお得だと思い硬く太いゴボウを選ぶのは今日から止めにしましょう!

ws000006

出典:http://kemono666.seesaa.net/article/276014169.html

 

 

おいしい玉ねぎ(タマネギ)の見極め方

おいしいタマネギの見分け方は、タマネギの尖っている先端のまわりを押してみて、柔らかいか固いかでわかります。もし柔らかければ傷みだしている証拠なので、固いタマネギを選ぶようにしましょう!

ws000008

出典:http://www.engei.net/Browse.asp?ID=36218

 

 

 


人口知能の進化により将来なくなる可能性が高い6つの職業とは


人口知能と職業について

2015年3月3日放送のクローズアップ現代で「人工知能」がテーマとして取り上げられました。人工知能が発展するとネットでのスポーツの実況記事は、すべてロボットがしてくれたり、車の運転も自動運転することが可能になります。

 

“人口知能の進化により将来なくなる可能性が高い6つの職業とは” の続きを読む


タラバガニの旨味を逃さない上手な解凍方法とは?


タラバガニの旨味を逃さない上手な解凍方法とは?

 

通信販売などで安く売っているタラバガニを購入すると、大抵の場合、冷凍した状態で送られてくるのではないでしょうか。その冷凍されたタラバガニを間違った解凍方法で解凍してしまうと、折角購入したタラバガニも鮮度も味も悪くなってしまう可能性があります。

 

そこで、間違った解凍方法でタラバガニをダメにしてしまわないように、タラバガニの上手な解凍方法をご紹介したいと思います!

 

“タラバガニの旨味を逃さない上手な解凍方法とは?” の続きを読む


冬が旬のタラバガニってどんな生き物で美味しい食べ方ってあるの?


冬が旬のタラバガニってどんな生き物で美味しい食べ方ってあるの?

 

寒い季節は、鍋やしゃぶしゃぶなど温かい料理にが1日で最も至福の時間となっている方も多いのではないでしょうか。

そんな至福の時間を、高級蟹であるタラバガニを使ってワンランク上の演出してみませんか?

 

“冬が旬のタラバガニってどんな生き物で美味しい食べ方ってあるの?” の続きを読む


国民的人気の魚“鮪(マグロ)”の旬と調理パターン


国民的人気の魚“鮪(マグロ)”

鮪はどうしてこんなに国民に好かれて食べられる魚なのでしょうか? 

戦後の洋食ブームで、食の趣向が変わったのと相まって、冷凍技術が発達し脂身のトロが見直され、庶民の口から遠ざかって行きました。 赤身魚は盛り付けても色が映え、鯵・鰯・鯖等の大衆青魚より一段上に見られていました。  

 

このように見ていくと鮪は高級感があるものの、ちょっと背伸びすれば手に入る価格なので、庶民にとって“晴れの日の刺身の定番”になったのだと思います。

 

また庶民の行く回転寿司店では、鮪の品質・価格が経営の全てを握ると言われるくらい人気の“寿司ネタ”です。その為か世界の漁獲量の1/3が日本で消費されているのです。

 

“国民的人気の魚“鮪(マグロ)”の旬と調理パターン” の続きを読む


ソラマメ:莢(さや)が空を向いて成長する不思議な豆


ソラマメ:莢(さや)が空を向いて成長する不思議な豆

ソラマメは、枝豆以上に美味しいと思っている人が、多いのではないでしょうか。

値段も高いですが、豆の大きさ・しっとり感・味の奥深さ何れを取っても枝豆は足元にも及びません。

 

 

一方栄養価の点では、ソラマメ・枝豆どちらも豊富な蛋白質・ビタミン・ミネラルを含みます

いずれをとっても他の野菜に比べ全般に栄養価が高い野菜です。強いて両者を比べますと数値は枝豆が優位にあります。  

 

しかし私は栄養価以外の点でソラマメに軍配を揚げますので、総合点はソラマメが上だと思っています。

 

ソラマメは大きな莢(さや)の内側に、柔らかいふわふわした綿のような布団に包まれています。  

如何にも豆自体が大事に扱われて、正に嫁入り前の娘のようです。

 

“ソラマメ:莢(さや)が空を向いて成長する不思議な豆” の続きを読む