みかんの栄養素とみかんを食べることの効果


日本の冬といえばこれ!みかんを食べて健康になろう

 「日本の冬に欠かせない果物といえば?」と質問すると、こたつの上のあみかごに入ったみかんや段ボールいっぱいに入った大量のみかんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

みかんは誰でも手軽に食べられる果物として非常に人気の高いフルーツです。

そんな、みんなに愛される人気者のみかんの優れた栄養素をこれからご紹介していきたいと思います。

 

 

 

実は凄く栄養価の高いみかん

 

みかんは、非常に優れた栄養素を含んでおり、特にビタミンCの含有量は非常に優れていると言えます。

みかんを2個食べるだけで成人の1日に摂取しなければならないビタミンCの量を満たすことが出来ます。ビタミンCは、主にコラーゲンの生成を補助する働きがあり、シミの原因となるメラニンの生成を抑制したり、シミを防ぐ効果があります。

美容に気を遣う女性にとっては必要不可欠な栄養素と言えます。

 

WS000020

引用元:http://blog.livedoor.jp/brass_honsya/archives/51841724.html

 

 ビタミンCの効能

また、みかんに含まれるビタミンCには、インフルエンザなどのウイルスや細菌感染に対する免疫力を高める効果があるため、風邪などを予防する効果が期待されています。最近では、癌を予防することが出来るのではないかという研究が行われており、今最も注目されています。

 

ビタミンCは、鉄分の吸収を促進する働きがあるので、お仕事で疲れ気味の方やストレスを感じたとき、体を酷使するスポーツをされる方、また喫煙者の方は、ビタミンCが不足しやすいので、積極的に摂取したい栄養素の1つです。

特に喫煙者の方は、ビタミンCが体内で破壊されやすいため、成人が1日に摂取しなければならないビタミンCのおよそ2倍取らなければなりません。

みかんならば、比較的安価に購入出来ますし、さらにたった4つ食べるだけで非喫煙者のおよそ2倍の量のビタミンCが摂取できるため、非常にお勧めの果物です。

 

ビタミンAやビタミンB群の効能

みかんには成長を促す作用のあるビタミンAやビタミンB群も含んでいます。

また、むくみの解消や利尿作用があるカリウム、お通じを改善し、大腸を正常に保つことが出来る食物繊維など様々な栄養素を豊富に含んでいます。

 

みかんに含まれるその他の栄養

特にみかんの果肉を覆っている白い果皮の周りに付いている白い筋状の繊維には、食物繊維が豊富に含まれているため、白い筋状の部分を取り除いて食べている方は、是非次回みかんを食べる際には付けたまま召し上がって頂きたいと思います。

 

WS000021 

引用元:コタツのお供、みかんの新事実!!!

 

また、最近注目されているみかんの栄養成分「β‐クリプトチサンチン」というみかんのオレンジ色を出している色素成分には、ガンを抑制させる効果があるのではないかと言われています。

 

日本の冬の味覚であるみかんには、こういった素晴らしい栄養素が豊富に含まれています。ただし、みかんには体温を下げる効果もあるため、美味しいからと食べ過ぎないようにご注意ください。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。