ブリの呼び名と 寒ブリ・ハマチのオススメレシピ


寒ブリとは

ブリは回遊魚で天然物は春には日本海を北上し、秋になると青森から南下し、佐渡・富山・能登を経て戻ってきます。11月から2月にかけて戻ってきた、脂がのって身の引き締まった大型のブリが寒ブリです。

特に「佐渡ブリ」、「能登ブリ」、「氷見ブリ」は寒ブリとして有名です。

冬の季節、日本海は激しい風・雷を伴う嵐が吹き荒れます。 嵐が吹くとブリ漁が最盛期を迎える合図と言われています。 ブリは太平洋を回遊するものもあるが、太平洋のブリは大きさ・風味が日本海のブリと異なり、一般に寒ブリとは言いません。

 

 

ブリの呼び名は成長と共に変わります

ブリは成長するとともに呼び名が変わり(関東の呼び名:ワカシ⇒イナダ⇒ワラサ⇒ブリ;関西の呼び名:ツバス⇒ハマチ⇒メジロ⇒ブリ)“出世魚”と呼ばれます。

日本の養殖技術で最も早く確立したのがブリで、関西に養殖場が多く魚の大きさからハマチと呼んでいました。今では天然ブリと区別する為、養殖物をハマチと呼んでいます。養殖技術の発展で飼料に工夫を凝らし、ハマチも冬にはしっかり脂がのって、天然物ブリに劣らない味に近づいてきました。

 

 寒ブリ・ハマチのオススメレシピ

“寒ブリ”に限らず“冬のブリ・ハマチ”を使った、代表的なレシピーを紹介しましょう。

  • ブリの刺身と刺身の変形レシピー

魚は鮮度によって“先ず生で、次いで焼く・煮る”という料理方法が基本です。

鮮度が良ければ刺身ですが、脂がのっていることもあり、生臭く感じることがあります。

脂ののった生のブリを爽やかに食べる為

1)刺身にネギのみじん切りや水菜を乗せ、爽やかな調味料として、柚子の搾り汁に柚子味噌を混ぜたタレをかけます。

2)漬け丼のタレ(体積比:醤油2、みりん2、酒1)に漬けたブリをご飯の上にのせ、薬味(刻みネギ・もしくは刻み大葉、ごま)をのせて、おろし生姜を入れた醤油をかけます。

 

WS000033

引用元:http://cookpad.com/recipe/2629506

 

 

 

 

  • ブリの照り焼き

ブリ料理で一番人気のあるレシピーかも知れません。  ブリの切り身に塩を振り、片栗粉をまぶし、

照り焼きたれ(体積比:砂糖1、醤油2、酒2、みりん2)をフライパン上で絡めます。 両面たれを絡め、とろみが出れば出来上がりです。

 

 

WS000034

引用元:http://cookpad.com/recipe/2859026

 

  • ブリ大根

ブリの切り身、輪切りにした大根と生姜に煮汁(体積比:砂糖1、醤油1、酒1)を入れ、灰汁を取ながら、落し蓋を使って煮込みます。ポイントは煮付け前に切り身をさっと熱湯をくぐらせて臭みを取ることです。 またブリの頭を含むアラで煮ても野趣あふれ美味しいです。

 

WS000035

引用元:http://cookpad.com/recipe/2917362

 


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。