小松菜の歴史と名前の由来について


東京生まれの小松菜

 小松菜はツケナ類と呼ばれる非結球葉菜の1種で、江戸初期から中期にかけて誕生した野菜とご存知でしたか?

中国原産のカブの1種で「クキタチナ(茎立菜)」と呼ばれていた野菜があるのですが、この野菜を品種改良して栽培されたのが、小松菜という野菜です。

徳川吉宗が鷹狩を行っていた際に献上されたことによって、栽培されている地域の名前をとって「小松菜」と命名されたそうです。

小松菜は、現在の東京都江戸川区付近の小松川という場所で栽培されていたそうです。

関東地方ではとても有名な小松菜ですが、最近では大阪府・愛知県などといった地域でも栽培されています。

 

 

小松菜の旬とその特徴

小松菜は非常に耐寒性に優れており、旬が冬で、最も食べ頃な時期は12月から2月にかけてです。小松菜は周年栽培が可能な野菜の1つなので、旬に関係なく1年間栽培されることも多いです。

寒さが厳しい冬でも霜が降りようか雪が降ろうが、たとえ葉が凍ってしまう状況に陥ってしまったとしても枯れることがあまりない小松菜は、とてもたくましい食材だと言えます。

 

関東地方では古くから愛されている小松菜

 

小松菜は関東地方では白菜と共に代表的な野菜の1つです。

そして、お正月の定番料理でもあるお雑煮にお餅と共に必ず小松菜が入っています。

ほうれん草とよく間違えられることが多い小松菜ですが、ほうれん草よりも優れた栄養素を持っており、癖が無く料理にはもってこいの野菜なのです。

 

 

小松菜の歴史

 

小松菜は江戸時代に誕生した野菜とご説明しました。

実は小松菜は徳川吉宗に献上される前は「葛西菜(かさいな)」という名前の野菜が存在しました。

「大和本草」という書物には、「葛西菘(かさいな)は長くして蘿蔔(だいこん)に似たり」と記載されていたり、「続江戸抄子」と呼ばれる書物には、菜っ葉が好きな人物が日本各地からあらゆる菜っ葉を取り寄せたのですが、その人物は「葛西菜(かさいな)にまされるのもなし」と称賛したそうです。その後、葛西菜(かさいな)を品種改良し出来上がった野菜が「小松菜」なのです。

 

小松菜の名前の由来

葛西菜が小松菜と改称した理由で最も有力説なものは、江戸時代には糞尿を持ち帰り、下肥とし、野菜を江戸に運んでいたという「葛西船」があるのですが、葛西という名称がとても嫌なイメージとして人々に連想されてしまうということで、めでたい常盤の松にあやかって小松の名をつけたと言われています。

また、東京都江戸川区には香取神社という神社があり、そこに「小松菜ゆかり塚」と呼ばれる場所があるそうです。

東京都発祥の野菜「小松菜」は、今も昔も東京都では大切に扱われているみたいです。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。