果物を焼いて食べるだけで風邪予防!


果物を焼いて食べるだけで風邪予防!

 

普段私たちが食べる果物は、スーパーやデパートなどで購入してきて生のまま口にすることが多いですよね。特に果物に含まれる成分は、水溶性のものが多いため効率良く摂取する場合は、そのままが一番だと言われています。

しかし、ある旬の果物を焼くだけで風邪から私たちの体を守ってくれる食材があるのです。そのある旬の食材というのが、みかんやリンゴです。

 

 

冬の定番みかんで風邪予防!

 

冬になるとこたつの上にみかんが乗っている光景を思い浮かべる方も少なからずいらっしゃると思います。

冬の味覚であるみかんは、そのまま食べても非常に栄養価が高い果物ですが、軽く焼くことで、さらにみかんの持っている効果を引き上げることが出来るのです。

なぜ、みかんを焼くだけで生のまま食べるよりも効果が上がるのかと言いますと、それはみかんの果皮に秘密があります。

 

みかんを含むほぼ全ての食材は、果実よりも果皮に栄養が豊富に含まれていることが多いです。キウイフルーツも果実よりも果皮の方に栄養が豊富に含まれているため、果皮ごと食べる方が良いと以前ご説明したと思います。

キウイフルーツを皮ごと食べよう!

 

みかんの果皮には、ビタミンCやβクリプトキサンチンといった抗酸化作用の高い成分が果実部分よりも豊富に含まれています。

 また、温州みかんの果皮を天日干しした「陳皮(ちんぴ)」と呼ばれる漢方薬として利用されるほど、みかんの果皮には栄養が詰まっています。では、どのようにみかんを焼いて食べたら良いのでしょうか。

 

みかんを焼いて美味しく頂こう

 

みかんを焼くことによって生で食べるよりも効果がアップするとご説明しましたが、いったいみかんをどのように焼き、どのくらい焼けば良いのかと悩まれる方もいらっしゃると思います。

みかんを焼く場合、トースターやフライパンなどといった加熱機器を使用します。七輪や囲炉裏がご家庭にある方は、トースターなどを使用しなくてもみかんを焼くことは可能です。

 

みかんの果皮が、こんがりと焦げ目が付くまで焼き続けましょう。

焼いたみかんは、非常に甘いとも言われています。是非一度お試しください。

 

 

焼きみかんの効能とは?

 

焼きみかんは喉の炎症を抑える効果があり、風邪予防に効果があると言われています。しかし、焼きみかんには風邪予防の他にも様々な効果があるため、今最も注目されている食べ方の1つでもあります。

その効果とは、冷たいみかんを食べると胃が冷えてしまい、体調に悪影響を及ぼす危険性があります。しかし、みかんを焼くことで、みかん全体が温まり、胃を正常に機能させる作用が発揮されることが分かったのです。

さらに、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にする作用もあり、消化吸収を促進し、お通じの改善を促す効果もあります。また、新陳代謝や血液の循環も改善されるため生活習慣病や成人病などを未然に防ぐことが出来るのです。

焼きみかんには、睡眠の質を向上させる働きもあるため、寝不足の方は積極的に焼きみかんを食べて、快眠生活を目指してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。