苺(イチゴ)の栄養素と効能について


ビタミンCが豊富ないちごを食べて美肌を保ちましょう

イチゴを食べるとビタミンCが豊富で美容に良いと聞いたことはありませんか。

実は、イチゴには酸っぱい果物として有名なグレープフルーツのおよそ1.7倍のビタミンCが含まれています。

グレープフルーツよりも豊富なビタミンCを含んでいるイチゴの主な栄養成分は、イチゴ100g中あたり、ビタミンC:62mg、葉酸:90mcg、食物繊維:1.4gとなっています。

成人が1日に摂取しなければならないビタミンCの量は100gとなっており、イチゴを1日6粒ほど食べるだけで1日に摂取しなければならないビタミンCの量を摂取することが可能です。

 

 

ビタミンCは水溶性のため、生で食べられるイチゴは特にオススメです。
ビタミンCが不足すると、シミやそばかすといったお肌トラブルの原因になる他、免疫力の低下や抗ストレスホルモンの分泌を妨げ、病気になりやすくなったりストレスへの抵抗力が激減してしまうのです。
さらに、人間に有害な活性酵素を抑制してくれる効果を持つビタミンCは、生活習慣病や老化現象を予防してくれる栄養素です。

 

ビタミンC以外のいちごに入っている栄養素

また、イチゴに含まれる葉酸という成分には、血液を作り出すことの出来るビタミンとしても有名で、貧血気味の方はイチゴを食べることで貧血を事前に予防することが出来るのです。

ペクチンと呼ばれる食物繊維には、血糖値の上昇やコレステロールの吸収を抑える効果があるので、生活習慣病の改善に効果がと言われています。

その他にもイチゴには、体内の塩分濃度を調節してくれるカリウムだったり、虫歯の予防として知られるキシリトールといった成分も含まれており、ビタミンやミネラルなどがバランスよく含まれる食材だといえます。

 

 

 

いちごには美肌効果のあるアントシアニンが含まれています!

しかし、イチゴで最も注目するべき栄養素は、アントシアニンと呼ばれる成分です。
イチゴの鮮やかな赤色は、ブドウなどに多く含まれているポリフェノールの1種でアントシアニンと呼ばれる栄養素だったのです。
アントシアニンには、強力な抗酸化作用があり、目の健康維持はもちろん、病気や老化予防、美肌効果といった効果が得られるのです。
イチゴに含まれるアントシアニンは、完熟度合や貯蔵の環境によっても変化しますが、イチゴの品種によってアントシアニンの量に大差があるので、一概にどの品種が良いのかをご説明することが出来ません。

 

WS000011

引用元:http://www.supplement-video.com/15.html

 

イチゴを食べることにより、予防できる病気は上記に挙げた他にも癌だったり、心筋梗塞だったりといった数多くの危険な病を予防することが出来るのです。
積極的にイチゴを食べ、病気になりにくい健康な体作りを心掛けましょう。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。