鱈(タラ)の選び方と代表的な4つの調理方法


鱈(タラ)の選び方と代表的な4つの調理方法

鱈(タラ)は親より子が稼ぐ!?

鱈は大口魚とも書く口の大きい魚で、魚の中でも特に大食漢として知られています。北日本以北の深海に生息し、日本近海では主に真ダラとスケトウダラが一般的です。  

真ダラは漁獲量もイワシと一、二を争う量で、日本人には、親しみのある魚で、大きいものは全長1m・体重20Kgになるものもあります。卵巣(真子)の煮つけ・醤油漬けは美味で、雄の精巣白子はクリーミーで旨味があり高価です。

スケトウダラは真ダラより小型細身で体調60cm、身が崩れやすく蒲鉾(かまぼこ)等の練り製品の原材料に、一方付加価値の高い卵巣は、たらこ辛子明太子の原料になります。  

 

鱈(タラ)の選び方と豆知識

鱈は目が黒々と透き通っているもの、皮が光沢のあるこげ茶色をしていて、張りのあるものを選びます

切り身は透明感・弾力のあるものが新鮮で、身が白く不透明なものは鮮度が落ちています。

 

WS000040

出典:http://o-e-c.net/syokuzai/tara

 

変わった鱈の加工品として棒(ぼう)鱈(だら)があります。 真ダラを三枚におろし、寒風の中、天日乾燥させます。

京都の正月料理には欠かせないものです。

WS000039

出典:http://cookpad.com/recipe/2448774

 

一方粕漬けで美味しい銀ダラはアイナメの親戚で、タラではありません!

 

鱈(タラ)を使った4つの代表的メニュー

鱈の煮物、鱈子(真子)の煮物

煮汁(醤油 大さじ3、みりん 大さじ3、酒 大さじ3、水 1/2カップ)を煮立て、中火にして切り身を入れ、煮汁を掛けながら煮ます。  火を消す前に切った春菊を入れ、しんなりするまで2分煮て盛り付けます。煮物の上に柚子の皮のみじん切りを乗せます。

また鱈の切り身と一緒に里芋・かぶ・大根と煮ても美味です。また切り身の代わりに真子を用いても大変美味しいです。

 

WS000041

出典:http://cookpad.com/recipe/2975107

 

 

鱈の竜田揚げ

鱈を一口大の大きさに切り、ダシ醤油と生姜の搾り汁で下味をつけ片栗粉をまぶし、油で揚げます。  

皿に盛りつけて刻んだ青ネギを乗せます。

 

WS000042

出典:http://cookpad.com/recipe/2264024

 

 

鱈の鍋

冬家族で鍋を囲むのに、淡泊な白身の鱈、たっぷりの野菜、豆腐を昆布と醤油で味付けした鍋と柚子ポン酢で味わうのは如何でしょうか。冬野菜は白菜・大根・春菊・ネギなど、他茸類があれば十分です。

WS000043

出典:http://cookpad.com/recipe/2129353

 

WS000044

出典:http://cookpad.com/recipe/2906003

 

 

鱈のムニエル

鱈は洋風料理としても十分楽しめます。

真鱈の切り身に塩・コショウを振り、オリーブオイルを敷きフライパンで裏表焼きます。

ホワイトソースを作って掛け、青ネギを振ります。

 

WS000046

出典:http://cookpad.com/recipe/2787697

 

WS000045

出典:http://cookpad.com/recipe/2974492               


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。