リンゴ5品種の特徴とおすすめの食べ方


品種によって特徴が異なるりんご

リンゴの品種はたくさん存在します。ですが、リンゴの品種1つ1つに特徴があり、リンゴの甘味や酸味はそれぞれの品種の個性とも言えます。

そして、その個性を生かして美味しく頂くには、そのまま食べた方が良い場合とジャムやジュースなどに加工して頂いた方が美味しいなど、それぞれ決まっているのです。

では、どの品種のリンゴをどのように食べると最も美味しく頂けるのかをご紹介したいと思います。

 

 

リンゴの品種「紅玉」の特徴とおすすめの食べ方

 

紅玉という品種のリンゴは、甘酸っぱいのが特徴です。この品種のリンゴは、熱を加えてもリンゴの果肉が煮崩れを起こしにくいため、加熱調理に向いています。

なので、アップルパイや焼きリンゴなどにして食べるのがオススメです。

また、香りも非常に良く、リンゴの色鮮やかな赤色を料理に利用することが出来るため、リンゴのきんとんや和え物、肉料理などにも使えます。

また、食感を生かしたジャムなどにも加工することが可能です。

リンゴを赤ワインで煮詰めた料理「リンゴの赤ワイン煮」として、記念日などの特別な日にテーブルへ並べてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

リンゴの品種「ふじ」の特徴とおすすめの食べ方

 

よくスーパーやデパートなどで見かけるリンゴの品種「ふじ」は、リンゴの果肉の歯触りが良く、甘味が強いことが特徴です。

ですので、そのまま皮ごと食べやすい大きさにし、そのまま食べてしまうのが一番のオススメです。また、野菜と一緒にサラダに混ぜて食べるのもオススメです。

野菜のしゃきしゃき感とリンゴの食感でいつもとは違うサラダに変貌します。

いつものサラダに飽きてきたら、是非リンゴをサラダに加えてみてください。

また、甘味が強いので、フリッターや煮物などにしても、ふじの美味しさを生かすことが出来ます。

 

 

 

リンゴの品種「津軽」の特徴とおすすめの食べ方

 

津軽りんごの特徴は、リンゴの果肉が緻密で酸味が少ないのが特徴です。

また、早く煮えることも特徴の1つなので、よくカレーやシチューなどのグツグツ煮込む料理に使われます。小さなお子さんがいるご家庭や辛い食べ物でお腹を壊してしまう方などは、この津軽という品種のリンゴをカレーなどに入れて食べてみてください。

甘味が強いため、酸っぱいリンゴがお好きな型には向かないリンゴですが、津軽リンゴに少量のレモン汁をかけると、程よい酸っぱさのリンゴへ変化します。

是非お試しください。

 

 

 

リンゴの品種「ジョナゴールド」の特徴とおすすめの食べ方

 

この品種は「紅玉」と同じです。ですが、紅玉のように特徴ある良い香りがしたり、リンゴの色鮮やかな赤色を料理に利用することは出来ません。

ジョナゴールドは、「紅玉」と「津軽」の丁度中間のようなリンゴなので、カレーやりんごのきんとんなどに向いています。

また、爽やかな味のリンゴゼリーやちょっぴり変わったリンゴのお汁粉に調理して、おやつや食後のデザートとして食べるのもオススメです。

 

 

リンゴの品種「陸奥」の特徴とおすすめの食べ方

 

陸奥は万人受けするリンゴの品種でもあります。なぜなら、適度な酸味があり、ほどよい硬さなので、しゃくしゃくっと食べられるからです。また、この品種は他のリンゴに比べて乾燥しやすいという特徴があります。

なので、リンゴチップスにしたり、ジャムなどに加工するのがオススメです。

また、肉料理にも合うため、もし美味しそうなお肉料理にリンゴか使われていましたら、こちらの品種を使用してみてください。

 


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。