ビタミンCが豊富なキウイフルーツを毎日食べよう!


栄養価値が高い果物キウイフルーツ

 

キウイフルーツは適度な甘酸っぱさでおやつや食後のデザートとして人気のフルーツです。

大人も子供も大好きなキウイフルーツですが、とてもビタミンCが豊富な果物なのです。

 

キウイフルーツは、(200gあたり)

ビタミンC:138mg

食物繊維:5.0g

カリウム:580mg

葉酸:72㎍

ビタミンE:2.6mgとなっています。

 

ビタミンCを豊富に含むと言われている温州みかんですが、ビタミンCの含有量は(200gあたり)およそ64mgとなっており、キウイフルーツと比べると、ビタミンCはおよそ2.1倍となっています。

他の栄養素に至っても、その差は歴然で、キウイフルーツが果物の中でも群を抜いて栄養価が高いことがうかがえます。

キウイフルーツは一年を通して食べることが出来る果物なので、安定して食べることが可能な食材です。

海外では常識!キウイフルーツは皮ごと食べよう!

キウイフルーツの選び方と保存方法

 

 

キウイフルーツのビタミンCとビタミンEの効果

 

ビタミンCといえば、美肌効果のほか生活習慣病や感染症、貧血の予防といったものにも効果があります。

さらに、ストレスを軽減させる作用もあるので、ストレス社会である現代では、積極的に摂取していきたい栄養素と言えます。

 

特に喫煙者の方は、非喫煙者の方の2倍のビタミンCを必要とします。喫煙によってニコチンなどの有害物質が体内に入り込むと、それを攻撃するために大量の活性酸素が発生するのです。その活性酸素と戦うための燃料としてビタミンCなどが使用されるのです。

キウイフルーツは、喫煙者の方にとてもオススメの果物でもあるのです。

 

WS000018

引用元:http://ganref.jp

また、若返りのビタミンとして有名なビタミンEですが、高い抗酸化作用によって動脈硬化の予防や老化の進行を食い止める役割を果たします。

さらに、女性の悩みである更年期障害の緩和や寒い季節に辛くなる冷え性・肩こり対策としての効果もあります。

 

体内での働きや効果が全く違う2つのビタミンですが、どちらも抗酸化作用があるため両方同時に摂取することが可能なキウイフルーツは、ビタミンCとビタミンEの相乗効果が得られるのです。

 

 

キウイフルーツに豊富に含まれている食物繊維

 

キウイフルーツには、かぼちゃやタケノコなどの繊維が豊富な野菜と同じくらいの食物繊維が含まれています。生のまま食べられる果物の中で1番だと言われています。

食物繊維が不足すると、お通じの改善のほか、糖尿病や胆石、高血圧、肥満、高脂血症などに掛かりやすくなってしまい、最悪の場合、大腸がんなどといった命に関わる病気に発展してしまう可能性もあるのです。

近年では、ダイオキシンを吸着して体外へ排泄する働きがあることが分かり、食物繊維を摂取することの重要性が全世界に発信され、今でも食物繊維の研究が続けられています。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。