美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法


美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法

 

キウイフルーツは茶色の表皮に包まれており、外から見ただけでは新鮮なのかを見分けるのが難しいですよね。

しかも、触り過ぎてしまうとキウイフルーツが傷んでしまうため、ベタベタ触るわけにはいきません。そこで、今回は美味しいキウイフルーツの選び方のコツをご紹介したいと思います。

 

 

美味しいキウイフルーツの選び方

 

美味しいキウイフルーツを購入する方法は、まず、キウイフルーツの形が綺麗な楕円形をしていることがポイントになります。

そして、表皮に弾力があり、まんべんなく産毛が生えているものが鮮度が高い証拠になります。

ですが、キウイフルーツによっては産毛が生えていない品種もありますので、ご注意ください。

 

表皮の色は、濃い茶色のものよりも、若干明るい薄茶色のものがオススメです。また、軽く握ったときに少し柔らかく感じましたら、今が丁度キウイフルーツの食べ頃ということになります。

表皮に傷やへこみがあるものは味が落ちている証拠ですので、購入を避けましょう。

キウイフルーツを皮ごと食べよう!

1個のキウイフルーツを食べると4つ以上の効果・効能がある!

 

 

キウイフルーツの保存方法

 

硬くて未熟なキウイフルーツの場合、常温で追熱させなければなりません。乾燥を防ぐためにポリ袋などに入れるのですが、このとき密閉させないように注意してください。

20度前後の部屋にしばらく置いておきます。その際、リンゴと一緒に袋へ入れておくと早く柔らかくすることが出来ます。

 

キウイフルーツはこのタイミングで食べて!

指で軽く押して、弾力が感じることが出来れば食べ頃のサインです。

指で押す際は、キウイフルーツの頭とお尻を親指と人差し指で挟むように持ち、軽く押しましょう。中心部分が柔らかく感じることが出来たら完熟の証になります。

 

WS000026

引用元:http://yumiweb.blogspot.jp/2012/06/blog-post_28.html

 

完熟したキウイフルーツを2~3時間ほど冷蔵庫で冷やして食べると美味しいです。

完熟したキウイフルーツの果肉は綺麗なエメラルドグリーンをしています。しかし、食べ頃が過ぎたキウイフルーツの果肉は色が変色しているので食べないようにご注意ください。

実はキウイフルーツを朝に食べるとお肌を老化させてしまう!

 

完熟したキウイフルーツは、ビタミンも増えるという事実

完熟したキウイフルーツは、硬いものと比べ、ビタミンCの含有量がおよそ30%増加します。始めは53mgしか含まれていないビタミンCも完熟する頃には69mgになっているのです。

甘みが増えるだけでなく、ビタミンCが増えるというメリットがあるのは、キウイフルーツの特徴でもあるので、是非積極的に食べていきたい食材です。

ビタミンcが豊富なキウイフルーツを毎日食べよう

キウイフルーツに含まれるカリウムとアクチニジンが引き起こす良い効果とは

またゴールド・キウイは柔らかくなるほど甘みが増えていくので、酸味が苦手な方は、完熟したゴールド・キウイを食べることをオススメします


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。