グーグルアドセンス|電子決済対応の銀行でもデポジットに失敗する理由や原因


先日、個人事業主になるのを見込んで、副業専用のクレジットカードと通帳を作り、さっそく、新しい通帳をグーグルアドセンスの振込先に登録しようとしたら、翌日にこんなメールが届きました。

 

WS000001

 

要するに「口座番号・支店・銀行コードに間違いが無いか小額の入金をテストして、失敗しました」という内容のメールです。僕が試した銀行は、「住信SBIネット銀行」と「みずほ銀行」です。

 

2行ともネットで調べたら電子決済に対応しているので、間違っているとすれば「口座番号・支店・銀行コード・口座名義」になる。

 

「口座番号・支店・銀行コード」は何度見直しても、100%合っているので、「口座名義」が怪しい!

 

失敗したときに僕が入力した「口座名義」は、性・と名の間にスペース(空白)を入力しました↓

 

WS000002

 

これで、失敗したので、今度は性・と名の間を詰めて、半角カタカナで入力しました。そしたら、見事成功しました!

WS000003

 

後は、銀行口座の種類を選択し、「銀行コード」「支店コード」「口座番号」を入力して、保存を押せば2~3日の内に、あなたの登録した通帳に小額の入金があります。入金金額は、申請するごとに異なり、大体100円未満の金額が入金されますよ。入金された金額をアドセンスの画面で入力して、グーグルとあなたの間で確認が取れたという流れになります。

 

また、「銀行コード」「支店コード」は、あなたのキャッシュカードや通帳にも記載されていますが、ネットで「銀行コード」「支店コード」を調べることも出来ます。

http://zengin.ajtw.net/

 


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。