実は危険なお肌を老化させてしまう朝フルーツの存在!


実は危険なお肌を老化させてしまう朝フルーツの存在!

 

近年朝にフルーツを食べる女性も増えてきました。女性芸能人の方々の間でも行っていらっしゃる方々もおり、モデルの高垣麗子さんは、毎日朝食のキウイフルーツを撮影し、紹介しています。他にも女優のいとうかずこさんやグラビアアイドルの東ユリさんもヨーグルトにキウイフルーツを入れて毎朝食べたり、イチゴと共にキウイフルーツを食べたりと各々実践しているそうです。

しかし、今まで美容に良いと言われていた朝フルーツには、大きな落とし穴があったのです。

キウイフルーツアレルギーの病状とその対策

 

 

朝フルーツで気を付けなければならないこととは?

 

朝フルーツとして代表的な果物といえば、やはりキウイフルーツですよね。

実はキウイフルーツをはじめとする、ビタミンCを豊富に含んだ果物を朝に食べてしまうとお肌を老化させる原因になるのです。

ビタミンCを豊富に含んでいる果物の中には、ソラレンと呼ばれる成分が含まれていることが多いのをご存知ですか?

このソラレンという成分を体内に大量に摂りこんでしまうと、外出した際に太陽から注ぐ紫外線と反応し、お肌を黒くさせてしまう可能性があるのです。

シミのみならず、そばかすまで作ってしまう可能性を秘めたソラレンは女性にとって、最も天敵な成分だと言えます。

では、朝フルーツを行う際、どのような果物にソラレンが含まれているのでしょうか。

 

WS000022

引用元: http://lbr-japan.com/2013/04/24/9723/

 

朝フルーツに適さないソラレンを含んでいる果物とは

 朝フルーツを行う際に最も気を付けなければならないソラレンですが、いったいどのような果物に含まれているのでしょうか。

ソラレンを含む果物は、柑橘系に多くみられます。代表的な柑橘系の果物では、レモンやオレンジ、グレープフルーツなどが挙げられます。

また、先ほども言いましたが、キウイフルーツにも含まれています。

果物だけではなく、野菜にもソラレンは含まれており、ニンジンやキュウリ、セロリなどを朝に食べる場合は注意が必要です。

また、お蕎麦や野沢菜などにも含まれていますから、これらの食べ物は夜に食べることをオススメします。

キウイフルーツを皮ごと食べよう!

1個のキウイフルーツを食べると4つ以上の効果・効能がある!

 

ソラレンの作用について

 ソラレンは体内に摂取してから、およそ2時間で最高潮を迎えると言われています。

これは食べた場合ですが、数時間が経過すると紫外線と反応する作用は見られなくなります。

しかし、美容のためにお肌にソラレンを含む食べ物を乗せた場合、数日間は皮膚上にソラレンが付着している状態になります。

夏場に外出する際や、お子さんの運動会などで1日中外にいる場合は、極力ビタミンCを含む食べ物を摂取するのは、避けたほうが良いでしょう。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。