遺品整理をしたい。残すべき遺品と、処分すべき遺品は?


Q遺品整理をしたいと考えています。ただ、写真や家財道具一式はとっておくべきでしょうか?家財道具は使う予定もありません。写真もアルバムが10冊ほどあり、ずっと保管するにも場所が必要になります。かと言って自分で処分してよいものか、その処分方法もよく分かりません。

古いアルバムめくり=新北野中学1953年(昭和28年) / pinboke_planet

A遺品を処理することを何か後ろめたいふうに感じる方もいるかもしれないですが、遺品整理は、むしろ亡くなった方にとってもよいことなのです。

遺品整理は供養のひとつでもありますので、兄弟や親族で形見分けをして、再利用できるものは、再利用して、不要なものは処分しましょう。

 

ただし、写真や人形などゴミに捨てづらいのですよね。また神棚はどうやって処分すればよいか分からないと思います。

そういった場合は、業者に一括でお願いするのが一番労力を使わずに遺品を処分することが出来ます。しかも遺品は再利用できるものは、買い取ってくれて、故人が大切にしていた遺品は供養してくれますよ。

「遺族整理 キュウキュウセンター」では、1Kの30,000円~、3LDKは、142,500円~というような価格になっていて、土日でも割り増し料金にならず、自殺案件や孤独死の場合でも受け付けてくれて、ハウスクリーニングもしてくれます。


また業者に頼むとお金が掛かりますから、写真だけ処分したいとかの場合ならば、一周期にお寺で遺品を供養してもらい、そのままお寺で焼却してもらうのも良いと思います。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。