消費税を強制的に1.75%下げる(安くする)方法!


クレジットカード利用で消費税が1.75%下げれますよ!

ちょっと驚きのタイトルで失礼いたしました。でもこの記事のタイトル「消費税を強制的に1.75%下げる方法!」は、あながち嘘をついているわけではありません。

もしもあなたが、年間50万円以上クレジットカードで決算すれば、クレジットで決算した金額の1.75%はポイントが加算されて、そのポイントは、クレジット請求の金額に利用できます。



株式会社カカクコム、つまり、あの価格.comのサイトで有名な株式会社カカクコムが、高還元率のクレジットカードを始めました。

その名は、『REX CARD』というもの。『REX CARD』は種類が2種類あり、『REX CARD』と『REX CARD Lite』。

2つのカードの違いは、ポイント還元率と年間費の条件が異なります。

『REX CARD』のポイント還元率と年間費

ポイント還元率:1.75%

年間費:初年度は、年間費無料。2年目以降は、前年度のクレジット決算が50万以上利用した場合は無料。50万円以下の場合は、年間費2,500円必要です。

 

『REX CARD Lite』のポイント還元率と年間費

 

ポイント還元率:1.25%

年間費:年間費無料です。クレジットの利用額に関係なく年間費が無料ですので、クレジットで50万円以下利用の場合は、『REX CARD Lite』がおすすめです!

 

クレジットカードでは、スーパー、コンビニ、税金などクレジットカードが利用できるお店が拡大してきているので、今まで現金で利用していた決済の仕方をクレジットに変えるだけで、税金が8%から6.25%に下げることが出来るって魅力的だと思いませんか?

僕は、とても魅力的だと思ったので、現金で支払いをしていたものをクレジット支払いに変更しました。

新幹線自販機で初めてクレジットカード使ってみた。簡単だなー / is_kyoto_jp

クレジット支払いに切り替えて大変だと思う事

ただ、クレジット支払いを受け付けているお店は、詳しい根拠はありませんが、僕が利用している感じからするとお店全体の6割ぐらいしかクレジットカードが利用できないのが現状。

この間、牛丼チェーン店「すき屋」でクレジット利用できるか尋ねたら「現金のみになっております」と言われました。

 

そこで、どのお店がクレジット利用でき、どのお店が出来ないかをクレジットカードを利用し始めて、最初の頃は把握していなので、いちいち店員に利用できるかどうかを尋ねるのが面倒ですね。

ただし、親切なお店は、レジの横に利用できるクレジット会社のブランド(MasterCardやVISA)が表示されている場合もありますけど、クレジット会社のブランドがなくて、利用できる場合もあるので、僕は一応クレジット決算できるかどうか面倒ですが聞いています。

 

クレジットカードの今後の取扱店拡大に期待

電子マネーの広がりで、クレジットカードも今後私たちにとって身近なものになり、コンビにだけでなく、飲食店もクレジットカードを利用できるようになっていくと思います。

そういった見込みがあるからこそ価格ドットコムも思い切った還元率でのクレジットカードを始めたんだと思う。

皆さんもクレジットカード生活を始めてみてはいかがですか?暗証番号とかも1万円以下の場合は入力せずに利用できるし、サイン(署名)をするお店も思っていたよりも少なくて、便利ですよ!


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。