秋刀魚(さんま)に含まれる栄養と食べることで得られる効能


秋刀魚(さんま)に含まれる栄養

秋刀魚(さんま)は栄養が豊富な魚である

江戸時代から庶民の食卓に、そして現代では秋の味覚として楽しまれている秋刀魚(さんま)は、栄養が豊富なことでも知られています。イワシと同じ青魚の一種であり、ビタミンをはじめとした様々な栄養を含んでいます。

意外と知られていない秋刀魚の栄養価の高さは、注目すべきです。体の健康を考えるなら、秋刀魚を意識して食べると良いでしょう。秋刀魚を食べると、一部の病気の予防につなげることができます。

 

 

秋刀魚に含まれる主な栄養素

秋刀魚には数多くの栄養素が含まれています。代表的なものを挙げてみると、DHAとEPA、ビタミンAやD・Eなどの各種ビタミン群です。カルシウムやカリウムなどのミネラル、鉄分、そしてタウリンも含有されています。

これらの中には体に必要不可欠なものもありますし、健康を手助けしてくれる栄養素も少なくありません。

WS000015

出典:http://www.yamaninben.co.jp/fish/eiyou.html

 

秋刀魚にはDHAとEPAが含まれている

さらに秋刀魚は、イワシと同様にドコサヘキサエン酸(DHA)とエイコサペンタエン酸(EPA)の含有量が多くなっています。単純な含有量で言えばマグロに一歩及びませんが、店頭での価格の安さと手に入れやすさなら秋刀魚が一枚上です。

これらは不飽和脂肪酸と呼ばれています。秋刀魚はDHAとEPAの含有量のバランスがよく、どちらも適量摂取することができるのです。

このDHAは、体内の悪玉コレステロールと減らす働きを持っています。脳細胞を活性化させる作用もあり、ボケを防止し記憶力を改善するなど、私たちの脳の健康を守る働きを担っています。

一方のEPAも様々な効果があります。血液をさらさらにする働きがあり、心筋梗塞や脳梗塞など、血液に関する病気の予防に効果を発揮するのです。

 

秋刀魚は他の栄養も豊富

数ある魚の中でも、秋刀魚は豊富なビタミンを含んでいることが挙げられます。秋刀魚の身の中にはビタミンAやD、EにB12などが含有されています。

ビタミンDは免疫力上昇やガンの予防に効果を発揮する重要な役割を担っています。また、ビタミンAは目の疲れなどを改善し、ビタミンEは老化防止に、そしてビタミンB12は貧血を改善したい方に役立つ栄養素です。

タウリンはコレステロールを下げたり、視力を回復する効果を持っています。秋刀魚にも一定量のタウリンが含まれており、食べることで体内から健康をサポートしてくれます。

糖尿病など、一部の生活習慣病の予防にも効果的です。また、新陳代謝を活性化させるためダイエットにも向いています。逆にタウリンは不足すると、てんかんや心筋症などのリスクを高めます。意識して摂取することが必要な栄養の一種です。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。