あなた好みの美味しいリンゴを割らずに見分ける方法!



スポンサーリンク


リンゴの美味しい見分け方というのをご紹介致しましたが、実は、リンゴは味の好みによって他にも見分ける方法があるのです。

是非リンゴを購入する際の目安として覚えていてくださると嬉しいです。
ではご紹介致します。

 

WS000010

引用元:http://shunkatei.blog86.fc2.com/blog-category-5.html

 

“あなた好みの美味しいリンゴを割らずに見分ける方法!” の続きを読む


スポンサーリンク



リンゴの保存方法の注意点と美味しいリンゴの選び方


りんごを冷蔵庫に入れない理由

リンゴは通常室温で保存します。スーパーやデパートでも冷蔵されていませんよね。

これには理由があるのです。リンゴを他の果物などと一緒に保存してしまうと、リンゴから発せられる「エチレンガス」という物質が原因で、一緒に保存していた果物が成熟してしまうからです。

 

WS000008

引用元:http://m-net.main.jp/kiyoku/setyujyuusu.html

 

“リンゴの保存方法の注意点と美味しいリンゴの選び方” の続きを読む


海外からやってきたリンゴ!品種の特徴と旬を解説


リンゴが日本にやってきたのは江戸時代だった!?

冬になるとみかんや柿と共に、リンゴがスーパーやデパートの青果売り場に並んでいる光景を目にすることはありませんか?

真ん中に蜜がたっぷり詰まっているリンゴは、とても美味しいですよね。
そして、リンゴは体に優しい食材として、よくお腹を下したり、風邪を引いた際に母や祖母がリンゴを擦って食べさせてくれたりといった経験が皆さんにもあると思います。
そんな栄養満点のリンゴですが、実は日本の食べ物ではないとご存知でしたか?
では、りんごが日本でメジャーに食べられるようになったのはいつ頃なのでしょうか。

 

 

“海外からやってきたリンゴ!品種の特徴と旬を解説” の続きを読む


胡桃(くるみ)は健康に良い“不飽和脂肪酸”含有最大の健康ナッツ!


胡桃(くるみ)の生産地域と含有物質

くるみは北半球の温帯地域に広く分布しています。 生産はアメリカ・カリフォルニアと中国が多いです。日本は大半殻がとても固く、種子が取り出しにくい“オニグルミ”です。菓子に使われるシナノグルミ・ヒメグルミは容易に割れます。

くるみは脂質(大半がリノール酸)が60~70%で、ビタミン(特にE)・ミネラルを豊富に含み非常に栄養価の高いナッツで、「貴族の美容食」とも言われます。

 

WS000006

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/4925384/

 

“胡桃(くるみ)は健康に良い“不飽和脂肪酸”含有最大の健康ナッツ!” の続きを読む


ビタミンCの王様キウイフルーツ


キウイフルーツの名前の由来

キウイフルーツの原産地は中国で“猿(さる)梨(なし)”と呼ばれ、ヨーロッパ経由ニュージーランドで品種改良され、ニュージーランドの鳥「キーウィ」にちなんで、キーウィフルーツと名づけられました。

日本では訛(なま)ってキウイフルーツ(以下キウイと略します)と呼ばれています。元来雌雄異株ですが、近年品種改良で両性種も出ています。

 

“ビタミンCの王様キウイフルーツ” の続きを読む


自家製 柚子コショウ・柚子味噌の作り方


柚子(ゆず)は日本料理の名脇役・引立て役

柚子は柑橘類の一つで果皮の表面はでこぼこしています。酸味が強く清涼感のある香りが特長です。

耐寒性・耐病性に強く無農薬栽培が簡単に出来るものの、収穫までの成長が遅いことからカラタチに接木して収穫時期を短縮しています。

柚子は鍋料理のポン酢たれ、各種漬物の香りづけ、表皮を刻んで料理の風味・色づけに欠かせません。

柚子コショウ・柚子味噌は長期保存、味の引立て役として右に出る食材はないでしょう。

“自家製 柚子コショウ・柚子味噌の作り方” の続きを読む


金目鯛 調理法の定番は断然 刺身と煮付けです!


金目鯛とは

金目鯛(キンメダイ)とは大平洋側の水深が200m以上の深海にすむ金魚のような色の魚で、伊豆沖や銚子沖、四国などで水揚げされます。伊豆下田港が水揚げ日本一と言われています。鯛と同様にご祝儀の魚として用いられます。

旬は冬の12月から2月で、身の中まで最も脂がのっていて“トロ金目”といわれます。

 

WS000065

引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%80%E3%82%A4 

 

“金目鯛 調理法の定番は断然 刺身と煮付けです!” の続きを読む


傷みやすい苺の保存方法


傷みやすい苺を長く日持ちさせるテクニック

いちごを3日日持ちさせる方法

いちごはとても柔らかくて傷みやすい果物ですよね。ですが、ついつい安いからと多めに購入してしまうことはありませんか?傷みやすい苺を長く日持ちさせるテクニックをご紹介したいと思います。

美味しいイチゴの見分け方・選び方のコツ

まずお店で購入してきたいちごを傷みがあるかないか1粒1粒チェックしていきます。傷みがなければ、浅めのバットなどにいちごを移し替えます。このとき、いちご同士を重ねてしまうと傷がつき傷んでしまうため、いちごを重ねないようにヘタの部分を下へ向け綺麗に並べていきます。

並べ終えたら、並べたいちごの上にふたやラップをして冷蔵庫で保存します。これで最大3日ほど持ちます。それでも3日なので、保存したことを忘れないように細心の注意が必要ですね。

WS000064

“傷みやすい苺の保存方法” の続きを読む


いちごの旬は12月から出荷ピーク!そして苺の野菜or果物論!


そもそも苺って野菜なの?果物なの?

 

いちごは誰もが好きな冬の味覚ですよね。あの甘酸っぱい味が癖になりますよね。

そんないちごですが、実は果実なのか野菜なのか区分しがたい食材なのだそうです。

驚きですよね。なぜ、こういった状態になってしまったかと言いますと、いちごはバラ科の多年草の一種とされ、正式にはオランダイチゴ属に含まれます。

しかし、皆さんが口にしている赤い実の部分は果実ではないのです。では、いったい何なのかと思いますよね。

あの赤い実の部分は、花托の発達した花の一部なのだそうで、本当の実と呼ばれる部分は、あの胡麻のような小さな部分なのです。

 

WS000062

引用元:http://ambitious34.xsrv.jp/seiritsu/category2/entry13.html

“いちごの旬は12月から出荷ピーク!そして苺の野菜or果物論!” の続きを読む


あんこう鍋の味付けと更に美味しくする4つの調理のコツ


あんこうは漁師料理だった!

あんこうはカレイの仲間ですが、見た目がグロテスクで、茨城県の沿岸以外では食べる習慣がなく、昔は主に漁師料理でした。
冬の底曳網漁で偶然獲れるあんこうは“肝が海のフォアグラ”と言われるごとく、昔から皇室に献上される高級品でした。  近年世の中“冬の鍋ブーム”の中、あんこう鍋が注目され出しました。 一度は味わいたいあんこう鍋を紹介しましょう。

 

WS000061

引用元:http://list.tabiiro.jp/302345.html

“あんこう鍋の味付けと更に美味しくする4つの調理のコツ” の続きを読む