キウイフルーツの生産地と原産地中国から世界に普及した歴史


キウイフルーツの生産地をご存知ですか?

実はキウイフルーツは中国が原産のフルーツです。日本でも愛媛県をはじめ、福岡県や和歌山県といった西日本を中心に生産されおり、特に愛媛県の年間収穫量は日本一で全体の3割近くに及んでいます。

 

また、キウイフルーツは一年を通じてスーパーやデパートなどに並んでいますが、きちんと旬の時期があります。

日本国内で収穫されるキウイフルーツの旬は、12月から4月になります。この時期のキウイフルーツは栄養が豊富に含まれており、オススメです。

美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法

キウイフルーツの皮には栄養素が沢山あるため、海外では皮ごと食べるのが常識!

 

“キウイフルーツの生産地と原産地中国から世界に普及した歴史” の続きを読む


スポンサーリンク



1個のキウイフルーツを食べると4つ以上の効果・効能が上がるからオススメです!


 キウイフルーツの栄養成分

握りこぶしほどの大きさの果物であるキウイフルーツですが、ビタミンCやビタミンEといった私たちの体にとって必要不可欠な栄養素が豊富に含まれています。

その中でもビタミンCと葉酸は特に注目されています。

ビタミンcが豊富なキウイフルーツを毎日食べよう

ビタミンCの王様キウイフルーツ

キウイフルーツに含まれているビタミンCには秘められた秘密があるのです。

また、キウイフルーツにはブドウに含まれているポリフェノールなどといった成分も含まれているのです。

今回はキウイフルーツの隠された魅力をご紹介したいと思います。

 

“1個のキウイフルーツを食べると4つ以上の効果・効能が上がるからオススメです!” の続きを読む


スポンサーリンク



キウイフルーツに含まれるカリウムとアクチニジンが引き起こす良い効果とは


 カリウムの多い果物 キウイフルーツを食べ、むくみや高血圧を予防しよう!

キウイフルーツに含まれているカリウムの量は、200gあたりで、なんと580mgと豊富です。

カリウムとは、ナトリウムと共に体内の細胞に働きかける役割を担っています。生命維持活動を続けるうえで、無くてはならない栄養素と言えます。

また、摂取し過ぎてしまったナトリウムを体外へ排出し、血圧の上昇を抑制させるという効果もあり、高血圧予防として摂取されることが多いです。

腎臓に溜まりやすい老廃物の排泄を促す効果もあると言われています。

キウイフルーツを皮ごと食べて効率よく栄養を吸収する

カリウムが不足すると、高血圧やむくみの原因となり、筋肉の収縮が起こってしまい、痙攣を引き起こす可能性があります。

また、食欲不振に陥ったり、だるく感じることが多くなります。

 

カリウムは熱によって失われてしまいます。しかし、カリウムを豊富に含むキウイフルーツは生のまま摂取することが出来るため、非常に優れた食材と言えます。

 

“キウイフルーツに含まれるカリウムとアクチニジンが引き起こす良い効果とは” の続きを読む


スポンサーリンク



ビタミンCが豊富なキウイフルーツを毎日食べよう!


栄養価値が高い果物キウイフルーツ

 

キウイフルーツは適度な甘酸っぱさでおやつや食後のデザートとして人気のフルーツです。

大人も子供も大好きなキウイフルーツですが、とてもビタミンCが豊富な果物なのです。

 

キウイフルーツは、(200gあたり)

ビタミンC:138mg

食物繊維:5.0g

カリウム:580mg

葉酸:72㎍

ビタミンE:2.6mgとなっています。

 

ビタミンCを豊富に含むと言われている温州みかんですが、ビタミンCの含有量は(200gあたり)およそ64mgとなっており、キウイフルーツと比べると、ビタミンCはおよそ2.1倍となっています。

他の栄養素に至っても、その差は歴然で、キウイフルーツが果物の中でも群を抜いて栄養価が高いことがうかがえます。

キウイフルーツは一年を通して食べることが出来る果物なので、安定して食べることが可能な食材です。

海外では常識!キウイフルーツは皮ごと食べよう!

キウイフルーツの選び方と保存方法

 

“ビタミンCが豊富なキウイフルーツを毎日食べよう!” の続きを読む


旬のアンコウの効能・効果とあんこうを食べると危険な人!


アンコウの栄養素について

 

冬が旬のアンコウですが、実はとても栄養価が高いお魚なのです。

特に肝臓部分は、脂肪分が多くカロリーが気になるところですが、ビタミンAの含有率が非常に高い部位でもあります。

また、アンコウの身の部分は柳・大身共に大半が水分で構成されているため、低カロリー食材としてダイエット中の方に人気があります。

また、アンコウの皮にはコラーゲンが豊富に含まれており、美肌効果が期待されています。

 

しかし、旬を過ぎたアンコウは栄養価がガクンと下がり、味も落ちますのでオススメ出来ません。ぜひ旬の冬にアンコウは食べるようにししょうね。

 

では、アンコウを食べると私たちの体にどのような効果・効能をもたらすのかご説明したいと思います。

  “旬のアンコウの効能・効果とあんこうを食べると危険な人!” の続きを読む


「アンコウ鍋」4種類の味付けとアンコウ七つ道具の美味しい調理方法


鮟鱇(アンコウ)の七つ道具ではなく九つ道具だった!

アンコウといえば、「鮟鱇の七つ道具」と呼ばれる通り、余すことなく食べることが出来る魚としても有名です。

「七つ道具」とは、肝・ぬの(卵巣)・ひれ・えら・水ぶくろ(胃)・皮・身の7つです。しかし、アンコウの身は、柳(頬の身)と大身(尾の部分)の2種類に分けられるので、合計9つになります。

アンコウが捌かれた後には、口の骨と脊椎しか残っていないと言われています。

それぞれ美味しく食べることができます。

 

“「アンコウ鍋」4種類の味付けとアンコウ七つ道具の美味しい調理方法” の続きを読む


食用の鮟鱇(アンコウ)の種類と国産・輸入アンコウの違い


食用のアンコウは2種類のキアンコウとクツアンコウだけです!

冬のこの時期に登場する「鮟鱇(あんこう)」ですが、一般的に食卓に並ぶ鮟鱇は「キアンコウ」と「クツアンコウ」、「ミツクリエナガチョウチンアンコウ」など200種類以上存在します。

ですが、アンコウの中で食用として利用されるアンコウは、キアンコウとクツアンコウの2種類だけです。

そして、キアンコウの方がクツアンコウよりも味が良く高級魚として市場に並びます。

アンコウの旬は、寒さの厳しくなる11月から2月になります。水温が低くなることで身が引き締まり、春先に向けて産卵の準備を始めるので肝臓が肥大し、味がぐっと良くなると言われています。

 

“食用の鮟鱇(アンコウ)の種類と国産・輸入アンコウの違い” の続きを読む