魚嫌いな人は胡桃(くるみ)を食べて栄養補強しよう!



スポンサーリンク


巷で話題のクルミの効能について

 

クルミといえば、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?

「硬くて丈夫な殻に覆われた木の実」や「パウンドケーキや和え物、クルミパンなどに使用する」などが挙げられると思います。中には「クルミ割り人形」と答えた方もいらっしゃいます。

 

最近では、テレビや雑誌でくるみを特集した放送や記事も多く取り扱われています。

皆さんもご存知の北野武さんが司会を務めていらっしゃる「たけしのみんなの家庭の医学」という番組でも以前クルミに関する特集が行われていました。では、クルミにはどのような効能・効果があるのでしょうか。

 

“魚嫌いな人は胡桃(くるみ)を食べて栄養補強しよう!” の続きを読む


スポンサーリンク



焼きリンゴの意外な効果とは?


焼きリンゴの意外な効果とは?

 

みかんに並んで有名なリンゴも焼くことで栄養成分がアップすることをご存知ですか?

リンゴには、他の果物と比べビタミンCの含有量が少なく、その他のビタミン類も多くありません。しかし、リンゴには他の果物に比べ、カリウムやペクチンと呼ばれる食物繊維が豊富に含まれています。

ペクチンには腸内環境を正常に整える効果があり、ビフィズス菌などの常在菌の働きを補助する役割があります。また、ペクチンは体内で消化されることがないため、腸内の清掃を行ってくれ、下痢やお通じの改善に効果があります。

 

“焼きリンゴの意外な効果とは?” の続きを読む


果物を焼いて食べるだけで風邪予防!


果物を焼いて食べるだけで風邪予防!

 

普段私たちが食べる果物は、スーパーやデパートなどで購入してきて生のまま口にすることが多いですよね。特に果物に含まれる成分は、水溶性のものが多いため効率良く摂取する場合は、そのままが一番だと言われています。

しかし、ある旬の果物を焼くだけで風邪から私たちの体を守ってくれる食材があるのです。そのある旬の食材というのが、みかんやリンゴです。

 

“果物を焼いて食べるだけで風邪予防!” の続きを読む


実は危険なお肌を老化させてしまう朝フルーツの存在!


実は危険なお肌を老化させてしまう朝フルーツの存在!

 

近年朝にフルーツを食べる女性も増えてきました。女性芸能人の方々の間でも行っていらっしゃる方々もおり、モデルの高垣麗子さんは、毎日朝食のキウイフルーツを撮影し、紹介しています。他にも女優のいとうかずこさんやグラビアアイドルの東ユリさんもヨーグルトにキウイフルーツを入れて毎朝食べたり、イチゴと共にキウイフルーツを食べたりと各々実践しているそうです。

しかし、今まで美容に良いと言われていた朝フルーツには、大きな落とし穴があったのです。

キウイフルーツアレルギーの病状とその対策

 

“実は危険なお肌を老化させてしまう朝フルーツの存在!” の続きを読む


みかんの栄養素とみかんを食べることの効果


日本の冬といえばこれ!みかんを食べて健康になろう

 「日本の冬に欠かせない果物といえば?」と質問すると、こたつの上のあみかごに入ったみかんや段ボールいっぱいに入った大量のみかんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

みかんは誰でも手軽に食べられる果物として非常に人気の高いフルーツです。

そんな、みんなに愛される人気者のみかんの優れた栄養素をこれからご紹介していきたいと思います。

 

“みかんの栄養素とみかんを食べることの効果” の続きを読む


「養生三宝」と言われる白菜の選び方・保存方法とレシピ


「養生三宝」と言われる白菜

白菜は大根・豆腐と共に「養生三宝」と言われ、精進料理に使われる貴重な食材です。  

95%が水分と野菜の中でも低カロリーで栄養価が高いわけではありませんが、甘みがあり、癖のない淡泊な味が他の食材と調和が良く、冬のあらゆる料理に使われます霜に当たると白菜に独特の甘みが増すのは、水分が多い葉を凍らせない為、自ら糖分を作り出すからと言われています。  

 

“「養生三宝」と言われる白菜の選び方・保存方法とレシピ” の続きを読む


冬至にはカボチャ食べて風邪知らず


カボチャに含まれる栄養成分と効能

昔は冬至にカボチャを食べる習慣がどの地方でもありました。 これは緑黄野菜の少ない冬にβカロチンやビタミンC・Eを多く含むカボチャを食べ、風邪への抵抗力をつけ、元気に冬を越せるよう願いを込めた先人の知恵でしょう。  

かぼちゃに含まれるβカロチンは粘膜を強化して免疫力を高める働きがあり、ビタミンCは粘膜の抵抗力を高め、細菌感染を予防する効果を発揮するのです。

カボチャは夏に収穫しても、年末までは十分日持ちし、甘みも増していく唯一の野菜です。でんぷんを糖に変える酵素を含んでおり、貯蔵により・低温でゆっくり加熱することにより甘みが増します。

  

日本で昔ながら作られていたカボチャ(メキシコ原産でポルトガル人によってカンボジアから渡来、⇒カボチャ)は粘質で甘みが少ないため、調理の洋風化につれて甘みが強く“ほくほく”したペルーが原産の西洋カボチャ(栗カボチャ)に置き換わって行きました。  

近年日本でも店頭に並ぶようになったズッキーニもカボチャの仲間です。

 

“冬至にはカボチャ食べて風邪知らず” の続きを読む


一番種類の多い野菜である大根のレシピ4選


一番種類の多い野菜 大根

“大根”読んで字の通り大きな根を持つ野菜で、世界各地で栽培され、根の長さ・太さ、皮の色も白以外に赤・緑・紫・黄・黒と多岐に亘ります。  

 

日本では世界一大きく重い桜島大根、世界一長い守口大根もあり、種類も大変豊富で、生産量も世界一でしょう。 日本の品種で一番多い種類は青首大根です。他にも白首の練馬大根・三浦大根、辛味大根、カブの様な球形の聖護院大根等々多くの品種が栽培されています。 

 

“一番種類の多い野菜である大根のレシピ4選” の続きを読む


鍋料理の定番春菊、お浸しだけでも美味しい!


東日本・西日本の春菊の違い

春菊は字の通り菊の仲間で、花は黄色で春咲きます。  

西日本では大葉種で、葉の切れ込みが浅く肉厚で、香りは弱くクセがなく柔らかい春菊はサラダにも向きます。一方東日本では中葉種で、葉の切れ込みがあり香りが強く、伸長した茎葉を順次摘み取る春菊で、どちらかというと湯がいて食材に供するのが多いです。

春菊はビタミン・カルシウムが豊富で、香りも楽しめる大人向きの野菜です。

 

“鍋料理の定番春菊、お浸しだけでも美味しい!” の続きを読む


冬が旬のヒラメ、「左ヒラメに右・・・」は間違い??


ヒラメとカレイの本当の見分け方

ヒラメは白身の魚で、刺身・寿司ネタに用いられる高級食材ですが、大衆魚と言われるカレイの仲間です。

産卵前の冬の時期が一番おいしい魚です。「春のヒラメは猫またぎ」と言われるほど産卵で身がやせて旨味がなくなってしまいます。

 

“冬が旬のヒラメ、「左ヒラメに右・・・」は間違い??” の続きを読む


小豆の選び方と保存方法


小豆の品種は何種類?

 

小豆を美味しく食べるためには、旬の時期や保存方法をしっかり理解することが大切ですよね。

小豆の旬は、10月から2月にかけてです。小正月と呼ばれる1月15日には、京都府を中心にあずき粥(がゆ)を食べる風習があります。

小豆といえば、一番有名な小豆の品種の「大納言」ですよね。

実は、大納言と呼ばれる小豆にも様々な品種があり、「アカネダイナゴン」や「とよみ大納言」、「ほくと大納言」などが存在します。

また、小豆の原種といわれている「おまん小豆(学術名:ヤブツルアズキ)」という小豆も存在します。おまん小豆は、他の小豆に比べて特に栄養価が高い小豆と言われています。

 

“小豆の選び方と保存方法” の続きを読む


二日酔いをなくし、ダイエットも出来る小豆がおすすめです!


様々な効果を発揮する小豆

 

小豆には、むくみ解消や疲労回復の他にも、私たちの体に様々な良い影響を与えてくれます。

小豆を食べることにより、お酒好きには嬉しい効果の二日酔い改善だったり、女性に嬉しいダイエット効果やお通じ改善など他にもたくさんあります。

授乳中の女性も小豆を食べると、母乳不足になりにくくなるため、是非積極的に小豆を食べてみてはいかがでしょうか。

 

“二日酔いをなくし、ダイエットも出来る小豆がおすすめです!” の続きを読む


医食同源と言われる小豆の効能


小豆(あずき)は脚気(かっけ)を治すビタミンB1が含まれている

小豆は、「畑の肉」と称される大豆と同じくらいとても栄養のある食材です。小豆の料理として有名なお汁粉(善哉)やお赤飯、和菓子に至るまで小豆は様々な料理に使用されます。

小豆を構成している主な成分は、デンプンとタンパク質です。また、一時期日本で流行した病気で脚気(かっけ)という病名があるのですが、ある成分が足りないと引き起こす病気なのです。

WS000041

引用元:http://heeko.hamazo.tv/e3545191.html

それは、小豆に多く含まれている「ビタミンB1」です。 ビタミンB1は、糖質からエネルギーに変える作用と皮膚および粘膜の保護する働きをします。

また、ビタミンB1は糖質を栄養源とする脳神経系の正常な働きを促す効果もあります。 ただし、ビタミンB1は他のビタミン類と同じく水溶性ですので、水で洗うと減少してしまいます。

小豆の食べ方として非常に相性が良いと言われているのが、お汁粉などの汁物にしてお餅と共に頂いたり、小豆からあんこを作り、おまんじゅうの中へ入れるということです。この方法で小豆を摂取すると、体内にビタミンB1を効率良く摂取することが出来るのです。

他にも小豆には、ビタミンB2やニコチン酸、カルシウム、リン、鉄分なども含まれています。

 

“医食同源と言われる小豆の効能” の続きを読む


小豆の語源3説と小豆の主な生産地


 小豆(あずき)と呼ばれるようになった経緯

小豆の読み方は、「あずき」と「しょうず」の2種類があります。昔は大きな豆のことを大豆といい、小さい豆を小豆と呼んでいたそうです。現在の小豆という名称とは異なります。日本で現在の小豆(あずき)と呼ばれるようになったのは、どういった経緯なのでしょうか。

諸説ありご紹介したいと思います。

 

“小豆の語源3説と小豆の主な生産地” の続きを読む


あずきバーになるまでの小豆の歴史


小豆の歴史

小豆は日本でよく食べられている食材の1つです。

おめでたいときに食べられるお赤飯に入っていたり、寒く冷えた体を温めるために飲まれるおしるこの中に入っていたり、日本のお菓子である和菓子にも入っています。そして、あんまんやお粥、アイスクリームといった様々な料理に使用されています。

では、そんな小豆ですがいつ頃から日本で食べられるようになったのでしょうか。

 

“あずきバーになるまでの小豆の歴史” の続きを読む


小松菜の苦手な方にオススメ料理


小松菜の苦手な方にオススメ料理

 

小松菜には女性が喜ぶ美容効果や最近ちょっぴり太り気味だなと感じてきた方々をサポートする肥満防止効果があるのです。

また、小さなお子様の成長を助ける効果あるのです。ですが、どのように小松菜を摂取したら良いか悩みますよね。

 

“小松菜の苦手な方にオススメ料理” の続きを読む


5種類の小松菜の特徴について


小松菜の種類

 実は小松菜にも様々な品種があるのをご存知ですか?

小松菜はおよそ25cmくらいの野菜で、葉が少し丸みを帯びており、緑色の葉が特徴です。灰汁が少なく、水溶性のビタミン類などを出来るだけ逃がさず摂取することが可能です。

加熱すると柔らかくなり、おひたしやお味噌汁、炒めものに向いています。1年を通してスーパーやデパートなどに陳列されていますが、実は冬の食材で冬に収穫された小松菜はとても甘くて栄養満点なのです。

 

“5種類の小松菜の特徴について” の続きを読む