女性に大人気の「ナッツのハチミツ漬け」MY HONEYとは


女性に大人気の「ナッツのハチミツ漬け」MY HONEYとは

 皆さんは、「ナッツのハチミツ漬け」をご存知ですか?今若い女性を中心に食べられている商品です。美容と健康に良いと言われる「ナッツのハチミツ漬け」は、綺麗なモデルさんの間で朝食や小腹がすいたときのおやつなどとして愛用されています。

そんな女性に大人気の「ナッツのハチミツ漬け」を今回ご紹介したいと思います♪

 

“女性に大人気の「ナッツのハチミツ漬け」MY HONEYとは” の続きを読む


スポンサーリンク



今最も注目を集めている食材「クルミ」に秘められた健康パワーとは!?


今最も注目を集めている食材「クルミ」に秘められた健康パワーとは!?

 

近年、日本では高齢化社会が進み、認知症やアルツハイマー病などが増加傾向にあると言われています。また、日本は世界でも稀に見る重労働国家と言われており、不摂生な生活や乱れた食事、さらに仕事や家庭による過度なストレスなどによって生活習慣病を引き起こす可能性が非常に高いです。

そんな不健康な日本の人々にオススメな食材が、秋が旬のクルミです!

 

“今最も注目を集めている食材「クルミ」に秘められた健康パワーとは!?” の続きを読む


スポンサーリンク



胡桃(くるみ)が日本に伝わるまでの歴史


胡桃(くるみ)の知られざる歴史とは!?

 

胡桃(くるみ)は高カロリーの食材として有名ですが、1日に適量食べることによって私たちの体を健康に保つ効果があります。しかも、クルミにはダイエット効果や肥満を予防する効果もあるため、生活習慣病やメタボリック・シンドロームなどの予防や改善に非常に向いている食材だったのです!

スタイル抜群のモデルさんをはじめ、多くの著名人たちから愛されているクルミを今回ご紹介していきたいと思います。

 

 

“胡桃(くるみ)が日本に伝わるまでの歴史” の続きを読む


スポンサーリンク



鱈(タラ)の選び方と代表的な4つの調理方法


鱈(タラ)の選び方と代表的な4つの調理方法

鱈(タラ)は親より子が稼ぐ!?

鱈は大口魚とも書く口の大きい魚で、魚の中でも特に大食漢として知られています。北日本以北の深海に生息し、日本近海では主に真ダラとスケトウダラが一般的です。  

真ダラは漁獲量もイワシと一、二を争う量で、日本人には、親しみのある魚で、大きいものは全長1m・体重20Kgになるものもあります。卵巣(真子)の煮つけ・醤油漬けは美味で、雄の精巣白子はクリーミーで旨味があり高価です。

スケトウダラは真ダラより小型細身で体調60cm、身が崩れやすく蒲鉾(かまぼこ)等の練り製品の原材料に、一方付加価値の高い卵巣は、たらこ辛子明太子の原料になります。  

 

鱈(タラ)の選び方と豆知識

鱈は目が黒々と透き通っているもの、皮が光沢のあるこげ茶色をしていて、張りのあるものを選びます

切り身は透明感・弾力のあるものが新鮮で、身が白く不透明なものは鮮度が落ちています。

 

WS000040

出典:http://o-e-c.net/syokuzai/tara

 

変わった鱈の加工品として棒(ぼう)鱈(だら)があります。 真ダラを三枚におろし、寒風の中、天日乾燥させます。

京都の正月料理には欠かせないものです。

WS000039

出典:http://cookpad.com/recipe/2448774

 

一方粕漬けで美味しい銀ダラはアイナメの親戚で、タラではありません!

 

鱈(タラ)を使った4つの代表的メニュー

鱈の煮物、鱈子(真子)の煮物

煮汁(醤油 大さじ3、みりん 大さじ3、酒 大さじ3、水 1/2カップ)を煮立て、中火にして切り身を入れ、煮汁を掛けながら煮ます。  火を消す前に切った春菊を入れ、しんなりするまで2分煮て盛り付けます。煮物の上に柚子の皮のみじん切りを乗せます。

また鱈の切り身と一緒に里芋・かぶ・大根と煮ても美味です。また切り身の代わりに真子を用いても大変美味しいです。

 

WS000041

出典:http://cookpad.com/recipe/2975107

 

 

鱈の竜田揚げ

鱈を一口大の大きさに切り、ダシ醤油と生姜の搾り汁で下味をつけ片栗粉をまぶし、油で揚げます。  

皿に盛りつけて刻んだ青ネギを乗せます。

 

WS000042

出典:http://cookpad.com/recipe/2264024

 

 

鱈の鍋

冬家族で鍋を囲むのに、淡泊な白身の鱈、たっぷりの野菜、豆腐を昆布と醤油で味付けした鍋と柚子ポン酢で味わうのは如何でしょうか。冬野菜は白菜・大根・春菊・ネギなど、他茸類があれば十分です。

WS000043

出典:http://cookpad.com/recipe/2129353

 

WS000044

出典:http://cookpad.com/recipe/2906003

 

 

鱈のムニエル

鱈は洋風料理としても十分楽しめます。

真鱈の切り身に塩・コショウを振り、オリーブオイルを敷きフライパンで裏表焼きます。

ホワイトソースを作って掛け、青ネギを振ります。

 

WS000046

出典:http://cookpad.com/recipe/2787697

 

WS000045

出典:http://cookpad.com/recipe/2974492               


鯖(さば)の定番メニュー 4選


“青”“魚”の代表鯖(サバ)

秋から冬にかけて脂がのった旬の魚が鯖です。 (新字体:青、旧字体:靑)

青魚には人間の体内では作れないDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などの高度不飽和脂肪酸、ω-3脂肪酸が多く含まれています。どちらもコレステロール・中性脂肪を下げ、血液をサラサラにし、動脈硬化を予防します。

 

太平洋沿岸を回遊している鯖は昔から日本人に親しまれた魚ですが、漁獲量が減少し遠くノルウェーから輸入しています。  

鯖は鮮度が落ちやすい魚ですが、刺身で食べる風習は少なかったのですが、冷蔵技術が進んだ現在では全国で新鮮な鯖が楽しめます。大分県の豊後水道の海域で獲れた「関鯖」は刺身で食する高級魚として出荷されています。

鯖にまつわる言葉「サバの生き腐れ」「サバを読む」も鯖の鮮度に関係した言葉なのです。

一般的には、味噌煮や酢締めで食べられることが多いです。この記事では、さばの代表的なレシピを紹介したいと思います。

 

“鯖(さば)の定番メニュー 4選” の続きを読む


慈姑(くわい)の歴史と新鮮な慈姑の選び方


慈姑(くわい)とは、どんな食べ物?

 

慈姑(くわい)とは、オモダカ科のオモダカ属に属している中国南部原産の野菜です。旬の時期は11月から12月頃の冬の時期で、日本でも広島県をはじめ、埼玉県や茨城県でも栽培されています。

 

WS000031

 出典:http://iitmtm2.blog33.fc2.com/blog-category-96.html

慈姑(くわい)は、お正月のおせち料理にも使用される縁起の良い食材として重箱に詰め込まれています。大きさは卓球で使用するピンポン玉ほどの丸い実(塊茎)の部分から、ニョキっと数cm芽が伸びています。この塊茎から伸びる部分を日本では「芽(目)が出る」と言い、非常に縁起が良い食材と言われています。

慈姑(くわい)という名称は、「鍬芋(くわいも)」から由来されていると言われており、塊茎からニョキっと伸びている芽の部分が非常に鍬(くわ)に似ていることからこの名前が付いたそうです。慈姑(くわい)を食材として利用しているのは、日本と中国の2か国のみです。

 

“慈姑(くわい)の歴史と新鮮な慈姑の選び方” の続きを読む


みかんの皮を美味しく食べるための3つの調理方法


みかんの皮を美味しく食べるための3つの調理方法

 

みかんの外果皮や白い筋状の繊維アルベドには、非常に優れた栄養素が含まれていることは分かりました。

 

みかんの白い繊維状「アルベド」の知られざる効能!

みかんは皮まで美味しく食べられるのを知っていますか?

 

しかし、今までみかんの外果皮やアルベドを捨てていた方にとっては、食べることに対して、とても抵抗がありますよね。

特にみかんのアルベドは食感が苦手な方が多いです。

では、みかんの外果皮やアルベドを美味しく食べる方法はないのでしょうか?

 

“みかんの皮を美味しく食べるための3つの調理方法” の続きを読む