タラバガニの旨味を逃さない上手な解凍方法とは?



スポンサーリンク


タラバガニの旨味を逃さない上手な解凍方法とは?

 

通信販売などで安く売っているタラバガニを購入すると、大抵の場合、冷凍した状態で送られてくるのではないでしょうか。その冷凍されたタラバガニを間違った解凍方法で解凍してしまうと、折角購入したタラバガニも鮮度も味も悪くなってしまう可能性があります。

 

そこで、間違った解凍方法でタラバガニをダメにしてしまわないように、タラバガニの上手な解凍方法をご紹介したいと思います!

 

“タラバガニの旨味を逃さない上手な解凍方法とは?” の続きを読む


スポンサーリンク



冬が旬のタラバガニってどんな生き物で美味しい食べ方ってあるの?


冬が旬のタラバガニってどんな生き物で美味しい食べ方ってあるの?

 

寒い季節は、鍋やしゃぶしゃぶなど温かい料理にが1日で最も至福の時間となっている方も多いのではないでしょうか。

そんな至福の時間を、高級蟹であるタラバガニを使ってワンランク上の演出してみませんか?

 

“冬が旬のタラバガニってどんな生き物で美味しい食べ方ってあるの?” の続きを読む


国民的人気の魚“鮪(マグロ)”の旬と調理パターン


国民的人気の魚“鮪(マグロ)”

鮪はどうしてこんなに国民に好かれて食べられる魚なのでしょうか? 

戦後の洋食ブームで、食の趣向が変わったのと相まって、冷凍技術が発達し脂身のトロが見直され、庶民の口から遠ざかって行きました。 赤身魚は盛り付けても色が映え、鯵・鰯・鯖等の大衆青魚より一段上に見られていました。  

 

このように見ていくと鮪は高級感があるものの、ちょっと背伸びすれば手に入る価格なので、庶民にとって“晴れの日の刺身の定番”になったのだと思います。

 

また庶民の行く回転寿司店では、鮪の品質・価格が経営の全てを握ると言われるくらい人気の“寿司ネタ”です。その為か世界の漁獲量の1/3が日本で消費されているのです。

 

“国民的人気の魚“鮪(マグロ)”の旬と調理パターン” の続きを読む


一度は食べたい高級魚“とらふぐ”の調理パターン


一度は食べたい高級魚“とらふぐ”の調理パターン

ふぐ(*)は毒魚とされ、東南アジアの沿岸国でしか食べられていません。  中でも日本では「ふぐは食いたし命は惜しし」とか言いながら、調理に研究を重ね、最も珍重されてきました

(*)漢字で“河豚”と書くのはおそらく、水揚げされた時の膨らんだ様子からでしょう。

 

   “ふぐ”と書くと「不遇」「不具」となり縁起が悪いので、「ふく」は「福」につながり縁起がよいから、「ふく料理」と書いてある店が、西日本には多くあります。

 

“一度は食べたい高級魚“とらふぐ”の調理パターン” の続きを読む


我家の正月料理の定番は“酢ナマコ(海鼠)”


我家の正月料理の定番は“酢ナマコ(海鼠)”

ナマコはウニ・ヒトデ・ウミユリとは親戚の棘皮(きょくひ)動物です。 

普通、日本では生のナマコが料理のレシピに取り上げられ、コリコリ感を味わう通の食材です。

またナマコの内臓を塩辛にした“このわた”は日本三大珍味のひとつです。

一方中国では乾燥したナマコを珍重し、漢方薬では滋養強壮効果が朝鮮人参並みと言われています。

 

“我家の正月料理の定番は“酢ナマコ(海鼠)”” の続きを読む


海の軟体動物、真蛸(まだこ)は魚と同様、料理法を選ばない!


海の軟体動物、真蛸(まだこ)は魚と同様、料理法を選ばない!

日本人は蛸を日常的に食べる国民です。昔の絵画や玩具にも主役となっているほど身近です。

普通に食用にされる蛸は真蛸(まだこ)と水蛸(みずだこ)でしょう。

近年国内で獲れる真蛸が減って、遠くアフリカ西太平洋岸諸国から輸入するまでになっています。

真蛸を茹でた時、値段の高い国産品は小豆色に、一方輸入品は薄い赤色になり、違いが見分けられます

 

“海の軟体動物、真蛸(まだこ)は魚と同様、料理法を選ばない!” の続きを読む


“魚”偏に“春”と書く 春を告げる鰆(サワラ)


“魚”偏に“春”と書く 春を告げる鰆(サワラ)

鰆は鯖(サバ)の仲間で、大きいものは体長1mにもなり外観も鯖に似ています。 主に瀬戸内海から西日本太平洋沿岸で広く漁獲されます。  成長に伴い呼び名が変わるので、ブリ・スズキと同様出世魚と呼ばれます。 

 

““魚”偏に“春”と書く 春を告げる鰆(サワラ)” の続きを読む


ワカサギの調理パターン 3選


白樺湖の氷上で釣ったワカサギの唐揚げは格別でした!

ワカサギは漢字で「公魚」と書きます。江戸時代後期、将軍に霞ケ浦のワカサギが年貢として納められ、公儀御用魚とされたことに由来します。 

 

もともとワカサギは太平洋側では千葉県以北、日本海側では島根県以北に分布していました。食用魚として人気も高いことから、日本各地の湖やダムに放流され広く全国に分布しています。 南限は鹿児島県とされています。  

 

ワカサギの旬は身が締まって適度に脂が落ちる冬から春先です。  ワカサギは頭から食べることができ、

イワシの10倍以上のカルシウム含有量を持ち、良質な蛋白質や脂質を含みます。その他鉄分・リン・セレン等のミネラルを含みます。

 

昔、長野県白樺湖にグループ合宿をし、途中半日氷上に出て、氷を割ってワカサギ釣りを楽しみました。釣ったワカサギを民宿のおかみさんに「唐揚げ」にしてもらい、味わったあの旨さは今でも忘れません。

 

“ワカサギの調理パターン 3選” の続きを読む


料理を選ばない万能魚の鯛(タイ)


料理を選ばない万能魚の鯛

鯛は脂肪が少ないので味が落ちにくく、光沢ある淡紅色で姿が美しく、『めでたい』に通じるところから縁起の良い魚とされ、祝い膳に尾頭(かしら)つきで用いられます。

 

鯛の中で最も人気なのが真鯛です。真鯛は、漁獲した時に自然に死んだ「野〆め」と、生け簀で生かしてから〆めた「活け〆め」では当然、食感が異なります。  

活け〆め後、潮氷すれば12時間は硬直せずに、鮮魚状態で身質な味わいを保ちます。  

西日本で獲った真鯛を空輸すれば、東京の高級食材店でその日の内に、漁獲直後の鮮度が味わえるのです。

 

“料理を選ばない万能魚の鯛(タイ)” の続きを読む


長ネギ:あらゆる料理の脇役、でも主役にもなる万能野菜


長ネギ:あらゆる料理の脇役、でも主役にもなる万能野菜

味噌汁・鍋料理の具、生では冷奴・蕎麦・うどん・納豆等の薬味として欠かせないのが長ネギです。

ネギには硫化アリルを成分とする特有の辛味と匂いを持つので、少量使う薬味としてどちらかと言えば料理の脇役として重宝されます。 

ネギの使い方も関東は成長と共に土を盛り上げ陽に当てないようにして白ネギとして、西日本は陽に当て緑の葉部分も大切に使います。

ネギの白い部分にはビタミンC、疲労回復の効果と消化・吸収を高め・殺菌作用もある硫化アリル、体を温めるアリシンが多く含まれます。 

緑の葉の部分にはβカロテン(ビタミンA)が含まれるので、白い部分・緑の葉と両方一緒に利用した方がバランスの良い栄養分が摂取できます。

 

脇役の長ネギを主役にしたネギの持つ幅広い美味しさを味わえる調理法を紹介しましょう。

 

“長ネギ:あらゆる料理の脇役、でも主役にもなる万能野菜” の続きを読む


蓮根(れんこん)の選び方と調理法4パターン


蓮根(れんこん)の選び方と調理法4パターン

蓮根(れんこん)は読んで字の通り、蓮(ハス)の地下茎が肥大したものです。

蓮根は大部分が糖質(でん粉)で、糖質以外では、胃の粘膜を保護し、蛋白質の消化を助けるムチンを含みます。 

切った時、糸を引くのはオクラ・里芋・モロヘイヤにも含まれるムチンなのです。 

またシャキシャキした歯触りからも、食物繊維が豊富なことが分かり、便秘解消に効果があります。

 

“蓮根(れんこん)の選び方と調理法4パターン” の続きを読む


ごぼうの効能と3つの調理方法


“ごぼう”の効能と3つの調理方法

ごぼう(根)はセルロース、リグニンと言った食物繊維、特に水溶性食物繊維を豊富に含み、整腸作用、コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防ぐ作用があります。

また消化吸収されない食物繊維は腹内を通過するため、胃や腸をきれいに掃除し便秘を改善するため大腸ガンの予防や悪玉腸内細菌の繁殖を防いでくれます。  

 

“ごぼうの効能と3つの調理方法” の続きを読む


冬の小松菜はミネラル・ビタミン豊富!


冬の小松菜はミネラル・ビタミン豊富

小松菜は江戸時代、東京江戸川区小松川で作られていたことから小松菜となったと言われます。

旬は冬で耐寒性が強く、冬野菜の代表格で灰汁(あく)が少なく味噌汁・お浸し・炒め物など幅広く和食に利用されていますが、関東地方では雑煮には欠かせない食材です。 

近年小松菜は洋風料理の食材としてサラダはもとより多方面に利用され出しました。ほうれん草と比べシャキシャキ感があり、食材として広く人気があります。

 

“冬の小松菜はミネラル・ビタミン豊富!” の続きを読む


柚子(ゆず)を活用する4つの方法


柚子(ゆず)の使い方

スーパーでは、様々な柚子(ゆず)の加工食品が販売されています。代表的なものは柚子胡椒や柚子味噌ですが、これらを家庭で楽しむ場合は、加工品を購入するのが一般的になっています。

しかし柚子はスーパーで加工品を買うだけでなく、様々な使い方ができる柑橘類です。皮と果実の両方を使えるため、豊富な栄養を余すことなく摂取できます。

 

“柚子(ゆず)を活用する4つの方法” の続きを読む


柚子(ゆず)の特徴と旬・栄養について


柚子(ゆず)の特徴と旬・栄養について

柚子(ゆず)の特徴

柚子(ゆず)は、ミカン属に分類されている果物の一種です。酢橘(すだち)の仲間ですが、柑橘類の中では酸味が強くなっており、皮と身は独特の芳香な香りを放ちます。

柚子は皮と果肉の両方を使われる珍しい柑橘類で、皮は鍋物などに、果肉は絞り汁がジュースやスイーツ、料理のソースとして用いられています。果肉には大きな種がいくつも入っているため、料理などで使用する際にはしっかり取り除く必要があります。

 

“柚子(ゆず)の特徴と旬・栄養について” の続きを読む


賢い寒ブリの選び方と保存方法!


賢い寒ブリの選び方と保存方法!

 1月の今が最も脂が乗っていて旨いという寒ブリですが、選び方によっては失敗する可能性もあります。そこで、新鮮なブリの選び方と正しい保存の仕方をご紹介していきたいと思います♪

また、美味しいブリの食べ方もちょっぴりお教え出来たら良いなと考えておりますので、どうぞ最後まで読んでいってください!

 

“賢い寒ブリの選び方と保存方法!” の続きを読む


寒ブリの栄養素と美味しい食べ方とは


「寒」と付く魚介類の代表・寒ブリ!

 

寒さが厳しくなる12月から2月頃にかけて最も脂が乗っていて旨いと言われる魚「寒ブリ」は出世魚として、関西地方や北陸地方ではめでたい魚として親しまれています。

なぜ、ブリが出世魚かと言いますと、ブリはスズキやボラと同様、成長するごとに名前が変わる珍しい魚です。関東圏では、わかし・いなだ・さわら・ぶりと呼ばれており、関西圏では、つばす・はまち・めじろ・ぶりと呼ばれています。

また、富山県の氷見寒ブリをはじめ、壱岐島産の一本釣り寒ブリや佐渡一番寒ブリなどは、高値で取り引きされるほどの高級魚として有名です。

 

 

ブリは温帯性の回遊魚で、春から夏にかけて食糧である鰯を追い、北上します。冬になり、産卵直前のブリが南下してくるので、この時期の特に1月に水揚げされるブリが最も旨いというわけです♪

 

“寒ブリの栄養素と美味しい食べ方とは” の続きを読む


美味しい春菊の見分け方と正しい保存方法!


美味しい春菊の見分け方と正しい保存方法!

 

冬の味覚である春菊は、丁度今頃が一番美味しいと言われています。春菊は1年中収穫されている緑黄色野菜ですが、11月から3月頃にかけて収穫される春菊が旬なため、1年で最も栄養満点だと言われています。

では、今が旬の春菊の美味しい見分け方と正しい保存方法をご紹介したいと思います♪

 

“美味しい春菊の見分け方と正しい保存方法!” の続きを読む


女性に嬉しい効果をもたらす春菊パワー!


女性に嬉しい効果をもたらす春菊パワー!

 

春菊は、ニンジンやカボチャなどと違って独特な香りと味を持っている珍しい緑黄色野菜です。この香りと味が原因で、冬の定番である鍋やすき焼きから姿を消してしまいました。

しかし、近年スティック春菊という新たな品種が誕生したことによって、再び食卓に春菊が並ぶ可能性が見えてきました!

苦手だった春菊が美味しく食べられる!新種の「スティック春菊」とは

そんな嫌われ者の春菊は、実は女性にとって嬉しい栄養素を豊富に含有している食材だったのです!では、女性にとって嬉しい栄養素とはいったいどんな成分なのでしょうか?

 

“女性に嬉しい効果をもたらす春菊パワー!” の続きを読む


苦手だった春菊が美味しく食べられる!新種の「スティック春菊」とは


苦手だった春菊が美味しく食べられる!新種の「スティック春菊」とは

 

春菊といえば、独特の風味がある食材として有名です。春菊の日本一の生産量を誇る千葉県海匝地域では、豆腐やピーナッツやクルミなどのナッツ類などと一緒に食べることを勧めています。

また、春菊は栽培された地域によって味に変化が現れる食材でもあり、例えば、東京都で栽培された春菊は苦みが強いが広島県の春菊は甘みがあるなどの特徴が現れる緑黄色野菜です。そんな春菊に新種が登場し、とても注目されています!

 

“苦手だった春菊が美味しく食べられる!新種の「スティック春菊」とは” の続きを読む