春菊に含まれる優れた栄養素とは?



スポンサーリンク


春菊に含まれる優れた栄養素とは?

 

春菊が苦手な方は世の中にはたくさんいます。私もその1人です。ですが、春菊は日本の冬の料理に欠かせない食材でもあるのです!

例えば、冬の定番である「お鍋やすき焼き」には、春菊が入れられることが多いです。しかし、近年では、春菊独特の味や香りが苦手な方が急増し、日本の冬の定番であるお鍋やすき焼きから徐々に姿を消して行き、現在では自宅で「お鍋やすき焼き」をする際には用意されることがなくなってしまいました。

そんな毛嫌いされる春菊ですが、実は優れた栄養素がたっぷり詰まっている健康に良い食材だったのです!

 

“春菊に含まれる優れた栄養素とは?” の続きを読む


スポンサーリンク



苦くない「春菊」の選び方とは


鍋料理やすき焼きから消え去ってしまった「春菊」とは?

 

日本の冬にとって欠かすことの出来ない食材といえば、そうです!春菊です。

春菊は冬によく食べられる鍋料理や天麩羅などによく使用されますが、その独特な味や香りで苦手な方も多く、今では鍋やすき焼きに春菊を入れるご家庭が減少していると言います。そこで、春菊がいかに健康に良い食材なのかをご紹介し、皆さんに美味しく春菊を食べて頂きたいと思います!

 

“苦くない「春菊」の選び方とは” の続きを読む


鱈(タラ)の選び方と代表的な4つの調理方法


鱈(タラ)の選び方と代表的な4つの調理方法

鱈(タラ)は親より子が稼ぐ!?

鱈は大口魚とも書く口の大きい魚で、魚の中でも特に大食漢として知られています。北日本以北の深海に生息し、日本近海では主に真ダラとスケトウダラが一般的です。  

真ダラは漁獲量もイワシと一、二を争う量で、日本人には、親しみのある魚で、大きいものは全長1m・体重20Kgになるものもあります。卵巣(真子)の煮つけ・醤油漬けは美味で、雄の精巣白子はクリーミーで旨味があり高価です。

スケトウダラは真ダラより小型細身で体調60cm、身が崩れやすく蒲鉾(かまぼこ)等の練り製品の原材料に、一方付加価値の高い卵巣は、たらこ辛子明太子の原料になります。  

 

鱈(タラ)の選び方と豆知識

鱈は目が黒々と透き通っているもの、皮が光沢のあるこげ茶色をしていて、張りのあるものを選びます

切り身は透明感・弾力のあるものが新鮮で、身が白く不透明なものは鮮度が落ちています。

 

WS000040

出典:http://o-e-c.net/syokuzai/tara

 

変わった鱈の加工品として棒(ぼう)鱈(だら)があります。 真ダラを三枚におろし、寒風の中、天日乾燥させます。

京都の正月料理には欠かせないものです。

WS000039

出典:http://cookpad.com/recipe/2448774

 

一方粕漬けで美味しい銀ダラはアイナメの親戚で、タラではありません!

 

鱈(タラ)を使った4つの代表的メニュー

鱈の煮物、鱈子(真子)の煮物

煮汁(醤油 大さじ3、みりん 大さじ3、酒 大さじ3、水 1/2カップ)を煮立て、中火にして切り身を入れ、煮汁を掛けながら煮ます。  火を消す前に切った春菊を入れ、しんなりするまで2分煮て盛り付けます。煮物の上に柚子の皮のみじん切りを乗せます。

また鱈の切り身と一緒に里芋・かぶ・大根と煮ても美味です。また切り身の代わりに真子を用いても大変美味しいです。

 

WS000041

出典:http://cookpad.com/recipe/2975107

 

 

鱈の竜田揚げ

鱈を一口大の大きさに切り、ダシ醤油と生姜の搾り汁で下味をつけ片栗粉をまぶし、油で揚げます。  

皿に盛りつけて刻んだ青ネギを乗せます。

 

WS000042

出典:http://cookpad.com/recipe/2264024

 

 

鱈の鍋

冬家族で鍋を囲むのに、淡泊な白身の鱈、たっぷりの野菜、豆腐を昆布と醤油で味付けした鍋と柚子ポン酢で味わうのは如何でしょうか。冬野菜は白菜・大根・春菊・ネギなど、他茸類があれば十分です。

WS000043

出典:http://cookpad.com/recipe/2129353

 

WS000044

出典:http://cookpad.com/recipe/2906003

 

 

鱈のムニエル

鱈は洋風料理としても十分楽しめます。

真鱈の切り身に塩・コショウを振り、オリーブオイルを敷きフライパンで裏表焼きます。

ホワイトソースを作って掛け、青ネギを振ります。

 

WS000046

出典:http://cookpad.com/recipe/2787697

 

WS000045

出典:http://cookpad.com/recipe/2974492               


鯖(さば)の定番メニュー 4選


“青”“魚”の代表鯖(サバ)

秋から冬にかけて脂がのった旬の魚が鯖です。 (新字体:青、旧字体:靑)

青魚には人間の体内では作れないDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などの高度不飽和脂肪酸、ω-3脂肪酸が多く含まれています。どちらもコレステロール・中性脂肪を下げ、血液をサラサラにし、動脈硬化を予防します。

 

太平洋沿岸を回遊している鯖は昔から日本人に親しまれた魚ですが、漁獲量が減少し遠くノルウェーから輸入しています。  

鯖は鮮度が落ちやすい魚ですが、刺身で食べる風習は少なかったのですが、冷蔵技術が進んだ現在では全国で新鮮な鯖が楽しめます。大分県の豊後水道の海域で獲れた「関鯖」は刺身で食する高級魚として出荷されています。

鯖にまつわる言葉「サバの生き腐れ」「サバを読む」も鯖の鮮度に関係した言葉なのです。

一般的には、味噌煮や酢締めで食べられることが多いです。この記事では、さばの代表的なレシピを紹介したいと思います。

 

“鯖(さば)の定番メニュー 4選” の続きを読む


慈姑(くわい)の歴史と新鮮な慈姑の選び方


慈姑(くわい)とは、どんな食べ物?

 

慈姑(くわい)とは、オモダカ科のオモダカ属に属している中国南部原産の野菜です。旬の時期は11月から12月頃の冬の時期で、日本でも広島県をはじめ、埼玉県や茨城県でも栽培されています。

 

WS000031

 出典:http://iitmtm2.blog33.fc2.com/blog-category-96.html

慈姑(くわい)は、お正月のおせち料理にも使用される縁起の良い食材として重箱に詰め込まれています。大きさは卓球で使用するピンポン玉ほどの丸い実(塊茎)の部分から、ニョキっと数cm芽が伸びています。この塊茎から伸びる部分を日本では「芽(目)が出る」と言い、非常に縁起が良い食材と言われています。

慈姑(くわい)という名称は、「鍬芋(くわいも)」から由来されていると言われており、塊茎からニョキっと伸びている芽の部分が非常に鍬(くわ)に似ていることからこの名前が付いたそうです。慈姑(くわい)を食材として利用しているのは、日本と中国の2か国のみです。

 

“慈姑(くわい)の歴史と新鮮な慈姑の選び方” の続きを読む


みかんの皮を美味しく食べるための3つの調理方法


みかんの皮を美味しく食べるための3つの調理方法

 

みかんの外果皮や白い筋状の繊維アルベドには、非常に優れた栄養素が含まれていることは分かりました。

 

みかんの白い繊維状「アルベド」の知られざる効能!

みかんは皮まで美味しく食べられるのを知っていますか?

 

しかし、今までみかんの外果皮やアルベドを捨てていた方にとっては、食べることに対して、とても抵抗がありますよね。

特にみかんのアルベドは食感が苦手な方が多いです。

では、みかんの外果皮やアルベドを美味しく食べる方法はないのでしょうか?

 

“みかんの皮を美味しく食べるための3つの調理方法” の続きを読む


みかんの白い繊維状「アルベド」の知られざる効能!


みかんの白い繊維状「アルベド」の知られざる効能!

 

みかんの外果皮を剥いて果肉を食べようとしたとき、果肉の周辺に白い筋状の繊維がくっついていますよね。皆さんは、その白い筋状の繊維を気にしないで食べますか?それとも、気にしないでそのまま食べますか?

私は、気にしないで食べてしまうのですが、女性はこの白い筋状の繊維を綺麗に取り除いてしまう方が多いと思います。なぜなら、舌触りが悪いし、口の中に残りますからね。

しかし、この白い筋状の繊維には、みかんの果肉よりも豊富な栄養素を含んでいる素晴らしい部分だったのです!

 

“みかんの白い繊維状「アルベド」の知られざる効能!” の続きを読む


みかんの外果皮を家事で活用しよう!


みかんの外果皮を家事で活用しよう!

 

みかんは食べるだけでなく、お風呂に入れても、料理にしても、乾燥させて漢方薬にするなど様々な利用方法があります。

今回は、みかんの外果皮を家事に利用する方法をご紹介していきたいと思います。 

 

“みかんの外果皮を家事で活用しよう!” の続きを読む


みかんを湯船に浮かべて「みかん風呂」を作ろう!


みかんを湯船に浮かべて「みかん風呂」を作ろう!

 

みかんには、ビタミンCが豊富に含まれているので美肌効果や美白効果といった美容関連に良く効きます。

そのみかんを毎日利用するお風呂に入れて、「みかん風呂」にすると、さらに効果がアップするのをご存知でしたか?

 

古代日本では、みかんや柚子といった柑橘類の果皮を湯船に浮かべ、入浴していたと言われています。みかんや柚子などの柑橘類の果皮には、リモネンやテルピネンと呼ばれる香り成分が含まれています。

これらの成分がお風呂のお湯に溶け込むことによって、体内の毛細血管を拡張させるので、血行促進の効果が得られます。そのため、通常よりも早く体の芯から温まることが出来ます。

また、血流の流れが良くなるので、寒さによる手足の冷えや肩こり、さらに腰痛の改善などにも効果があり、さらに仕事や家事などで疲れた体を癒す効果も兼ね揃えています。

バブやバスクリンといった入浴剤がなかった時代に、みかんや柚子などの柑橘類の外果皮を利用して体を温めたというのが素晴らしい発想ですよね!

 

“みかんを湯船に浮かべて「みかん風呂」を作ろう!” の続きを読む


陳皮の歴史と調理方法


陳皮の歴史と調理方法

 

陳皮の原料となるみかんは、今からおよそ3000万年前のインドやタイなどの東南アジアが原産地ではないかと言われています。

そして、みかんの栽培を中国で行われるようになり、そのとき中国浙江省温州府から鹿児島県の長島町へ伝わり、そのとき伝わったとされる温州みかんの木が発見され、日本で初めてみかんの栽培を行った県として有名になりました。

 

“陳皮の歴史と調理方法” の続きを読む


みかんの外果皮から作られる「陳皮」の作り方


「陳皮」という漢方薬について

 

みかんの外果皮には果肉に比べ、非常に豊富な栄養素を含んでいます。

実は、みかんの外果皮は昔から漢方薬として用いられていたのを皆さんはご存知ですか?

「陳皮」と呼ばれる漢方薬は、みかんの外果皮を乾燥させて作られた生薬です。陳皮の効能は非常に優れていると言われています。

では、みかんの外果皮から作られる「陳皮」という生薬にはどのような効能があるのでしょうか。

 

“みかんの外果皮から作られる「陳皮」の作り方” の続きを読む


みかんは皮まで美味しく食べられるのを知っていますか?


みかんは皮まで美味しく食べられるのを知っていますか?

 

日本の冬といえば、「みかん」ですよね!

みかんには豊富なビタミンCが含まれており、美容や健康に一躍克っている冬の味覚です。そんなみかんが、実は皮まで食べちゃうことが出来る食材だということを皆さんはご存知でしたか?

 

みかんは、通常オレンジ色の分厚い外果皮部分を剥き、中身の果肉のみを食べるのが一般的な食べ方なのですが、健康や美容に気を付けている方の食べ方は、みかんを皮から丸ごと食べてしまうそうです。

なぜ、丸ごとみかんを食べると健康や美容に良いのでしょうか?

 

“みかんは皮まで美味しく食べられるのを知っていますか?” の続きを読む


焼きリンゴの意外な効果とは?


焼きリンゴの意外な効果とは?

 

みかんに並んで有名なリンゴも焼くことで栄養成分がアップすることをご存知ですか?

リンゴには、他の果物と比べビタミンCの含有量が少なく、その他のビタミン類も多くありません。しかし、リンゴには他の果物に比べ、カリウムやペクチンと呼ばれる食物繊維が豊富に含まれています。

ペクチンには腸内環境を正常に整える効果があり、ビフィズス菌などの常在菌の働きを補助する役割があります。また、ペクチンは体内で消化されることがないため、腸内の清掃を行ってくれ、下痢やお通じの改善に効果があります。

 

“焼きリンゴの意外な効果とは?” の続きを読む


果物を焼いて食べるだけで風邪予防!


果物を焼いて食べるだけで風邪予防!

 

普段私たちが食べる果物は、スーパーやデパートなどで購入してきて生のまま口にすることが多いですよね。特に果物に含まれる成分は、水溶性のものが多いため効率良く摂取する場合は、そのままが一番だと言われています。

しかし、ある旬の果物を焼くだけで風邪から私たちの体を守ってくれる食材があるのです。そのある旬の食材というのが、みかんやリンゴです。

 

“果物を焼いて食べるだけで風邪予防!” の続きを読む


みかんの栄養素とみかんを食べることの効果


日本の冬といえばこれ!みかんを食べて健康になろう

 「日本の冬に欠かせない果物といえば?」と質問すると、こたつの上のあみかごに入ったみかんや段ボールいっぱいに入った大量のみかんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

みかんは誰でも手軽に食べられる果物として非常に人気の高いフルーツです。

そんな、みんなに愛される人気者のみかんの優れた栄養素をこれからご紹介していきたいと思います。

 

“みかんの栄養素とみかんを食べることの効果” の続きを読む


「養生三宝」と言われる白菜の選び方・保存方法とレシピ


「養生三宝」と言われる白菜

白菜は大根・豆腐と共に「養生三宝」と言われ、精進料理に使われる貴重な食材です。  

95%が水分と野菜の中でも低カロリーで栄養価が高いわけではありませんが、甘みがあり、癖のない淡泊な味が他の食材と調和が良く、冬のあらゆる料理に使われます霜に当たると白菜に独特の甘みが増すのは、水分が多い葉を凍らせない為、自ら糖分を作り出すからと言われています。  

 

“「養生三宝」と言われる白菜の選び方・保存方法とレシピ” の続きを読む


冬至にはカボチャ食べて風邪知らず


カボチャに含まれる栄養成分と効能

昔は冬至にカボチャを食べる習慣がどの地方でもありました。 これは緑黄野菜の少ない冬にβカロチンやビタミンC・Eを多く含むカボチャを食べ、風邪への抵抗力をつけ、元気に冬を越せるよう願いを込めた先人の知恵でしょう。  

かぼちゃに含まれるβカロチンは粘膜を強化して免疫力を高める働きがあり、ビタミンCは粘膜の抵抗力を高め、細菌感染を予防する効果を発揮するのです。

カボチャは夏に収穫しても、年末までは十分日持ちし、甘みも増していく唯一の野菜です。でんぷんを糖に変える酵素を含んでおり、貯蔵により・低温でゆっくり加熱することにより甘みが増します。

  

日本で昔ながら作られていたカボチャ(メキシコ原産でポルトガル人によってカンボジアから渡来、⇒カボチャ)は粘質で甘みが少ないため、調理の洋風化につれて甘みが強く“ほくほく”したペルーが原産の西洋カボチャ(栗カボチャ)に置き換わって行きました。  

近年日本でも店頭に並ぶようになったズッキーニもカボチャの仲間です。

 

“冬至にはカボチャ食べて風邪知らず” の続きを読む


一番種類の多い野菜である大根のレシピ4選


一番種類の多い野菜 大根

“大根”読んで字の通り大きな根を持つ野菜で、世界各地で栽培され、根の長さ・太さ、皮の色も白以外に赤・緑・紫・黄・黒と多岐に亘ります。  

 

日本では世界一大きく重い桜島大根、世界一長い守口大根もあり、種類も大変豊富で、生産量も世界一でしょう。 日本の品種で一番多い種類は青首大根です。他にも白首の練馬大根・三浦大根、辛味大根、カブの様な球形の聖護院大根等々多くの品種が栽培されています。 

 

“一番種類の多い野菜である大根のレシピ4選” の続きを読む


鍋料理の定番春菊、お浸しだけでも美味しい!


東日本・西日本の春菊の違い

春菊は字の通り菊の仲間で、花は黄色で春咲きます。  

西日本では大葉種で、葉の切れ込みが浅く肉厚で、香りは弱くクセがなく柔らかい春菊はサラダにも向きます。一方東日本では中葉種で、葉の切れ込みがあり香りが強く、伸長した茎葉を順次摘み取る春菊で、どちらかというと湯がいて食材に供するのが多いです。

春菊はビタミン・カルシウムが豊富で、香りも楽しめる大人向きの野菜です。

 

“鍋料理の定番春菊、お浸しだけでも美味しい!” の続きを読む


冬が旬のヒラメ、「左ヒラメに右・・・」は間違い??


ヒラメとカレイの本当の見分け方

ヒラメは白身の魚で、刺身・寿司ネタに用いられる高級食材ですが、大衆魚と言われるカレイの仲間です。

産卵前の冬の時期が一番おいしい魚です。「春のヒラメは猫またぎ」と言われるほど産卵で身がやせて旨味がなくなってしまいます。

 

“冬が旬のヒラメ、「左ヒラメに右・・・」は間違い??” の続きを読む