「タラの芽」の旬と調理方法



スポンサーリンク


タラの芽は山菜の王様

タラの木の新芽を食用にして味わうのは、『よくぞ昔の人がこの食材を見つけてくれた』と食通は感謝しなければなりません。  

タラの木は鋭い棘(とげ)があり、先端の新芽を摘み取る時は気を付けねばなりません。 日当たりのよい里山で採れる天然タラの芽は丁度桜の咲く時期と重なります。

 

“「タラの芽」の旬と調理方法” の続きを読む


スポンサーリンク



真っ白なウド(軟白ウド)が出来る理由と調理パターン


山菜から栽培野菜へ 成長株のウド

ウドは早春にあっという間に生長するので、「独活」と当て字を与えられました。   

「ウドの大木」という言葉も、すぐ生長して太くなるものの柱にはなれず、頼りにならない喩(たとえ)として使われます。

ウドは、日本の山に広く分布している山菜です。山菜ウドは先端部が早春の日の光に当たって淡い緑色をしており、タラの芽と並んで代表的春の山菜です。

 

“真っ白なウド(軟白ウド)が出来る理由と調理パターン” の続きを読む


海の軟体動物、真蛸(まだこ)は魚と同様、料理法を選ばない!


海の軟体動物、真蛸(まだこ)は魚と同様、料理法を選ばない!

日本人は蛸を日常的に食べる国民です。昔の絵画や玩具にも主役となっているほど身近です。

普通に食用にされる蛸は真蛸(まだこ)と水蛸(みずだこ)でしょう。

近年国内で獲れる真蛸が減って、遠くアフリカ西太平洋岸諸国から輸入するまでになっています。

真蛸を茹でた時、値段の高い国産品は小豆色に、一方輸入品は薄い赤色になり、違いが見分けられます

 

“海の軟体動物、真蛸(まだこ)は魚と同様、料理法を選ばない!” の続きを読む


ごぼうの効能と3つの調理方法


“ごぼう”の効能と3つの調理方法

ごぼう(根)はセルロース、リグニンと言った食物繊維、特に水溶性食物繊維を豊富に含み、整腸作用、コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防ぐ作用があります。

また消化吸収されない食物繊維は腹内を通過するため、胃や腸をきれいに掃除し便秘を改善するため大腸ガンの予防や悪玉腸内細菌の繁殖を防いでくれます。  

 

“ごぼうの効能と3つの調理方法” の続きを読む


柚子(ゆず)を活用する4つの方法


柚子(ゆず)の使い方

スーパーでは、様々な柚子(ゆず)の加工食品が販売されています。代表的なものは柚子胡椒や柚子味噌ですが、これらを家庭で楽しむ場合は、加工品を購入するのが一般的になっています。

しかし柚子はスーパーで加工品を買うだけでなく、様々な使い方ができる柑橘類です。皮と果実の両方を使えるため、豊富な栄養を余すことなく摂取できます。

 

“柚子(ゆず)を活用する4つの方法” の続きを読む


柚子(ゆず)の特徴と旬・栄養について


柚子(ゆず)の特徴と旬・栄養について

柚子(ゆず)の特徴

柚子(ゆず)は、ミカン属に分類されている果物の一種です。酢橘(すだち)の仲間ですが、柑橘類の中では酸味が強くなっており、皮と身は独特の芳香な香りを放ちます。

柚子は皮と果肉の両方を使われる珍しい柑橘類で、皮は鍋物などに、果肉は絞り汁がジュースやスイーツ、料理のソースとして用いられています。果肉には大きな種がいくつも入っているため、料理などで使用する際にはしっかり取り除く必要があります。

 

“柚子(ゆず)の特徴と旬・栄養について” の続きを読む


焼きリンゴの意外な効果とは?


焼きリンゴの意外な効果とは?

 

みかんに並んで有名なリンゴも焼くことで栄養成分がアップすることをご存知ですか?

リンゴには、他の果物と比べビタミンCの含有量が少なく、その他のビタミン類も多くありません。しかし、リンゴには他の果物に比べ、カリウムやペクチンと呼ばれる食物繊維が豊富に含まれています。

ペクチンには腸内環境を正常に整える効果があり、ビフィズス菌などの常在菌の働きを補助する役割があります。また、ペクチンは体内で消化されることがないため、腸内の清掃を行ってくれ、下痢やお通じの改善に効果があります。

 

“焼きリンゴの意外な効果とは?” の続きを読む


一番種類の多い野菜である大根のレシピ4選


一番種類の多い野菜 大根

“大根”読んで字の通り大きな根を持つ野菜で、世界各地で栽培され、根の長さ・太さ、皮の色も白以外に赤・緑・紫・黄・黒と多岐に亘ります。  

 

日本では世界一大きく重い桜島大根、世界一長い守口大根もあり、種類も大変豊富で、生産量も世界一でしょう。 日本の品種で一番多い種類は青首大根です。他にも白首の練馬大根・三浦大根、辛味大根、カブの様な球形の聖護院大根等々多くの品種が栽培されています。 

 

“一番種類の多い野菜である大根のレシピ4選” の続きを読む


美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法


美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法

 

キウイフルーツは茶色の表皮に包まれており、外から見ただけでは新鮮なのかを見分けるのが難しいですよね。

しかも、触り過ぎてしまうとキウイフルーツが傷んでしまうため、ベタベタ触るわけにはいきません。そこで、今回は美味しいキウイフルーツの選び方のコツをご紹介したいと思います。

 

“美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法” の続きを読む


バナナダイエットよりもキウイフルーツダイエットが良い理由


キウイフルーツでエイジングケア

 

果物の女王として有名なキウイフルーツは、今女性に一番人気の食べ物です。

朝に食べる果物として、今までバナナが食べられてきたのですが、最近ではキウイフルーツを食べる女性が急増しています。

また、キウイフルーツにはダイエット効果もあり、美容もエイジングケアもまとめて出来てしまうスーパー果物として今注目を集めているのです。

キウイフルーツを皮ごと食べよう!

1個のキウイフルーツを食べると4つ以上の効果・効能がある!

 

 

 

“バナナダイエットよりもキウイフルーツダイエットが良い理由” の続きを読む


キウイフルーツアレルギーの病状とその対策


キウイフルーツアレルギーのニュース

 

キウイフルーツを食べたとき、急に喉がイガイガするなど、体に変化が及んだことはありませんか?

もし体に異変があった場合、もしかしたら「キウイアレルギー」の可能性があります。

 

以前、神奈川県川崎市では、市立学校の給食にキウイフルーツを出したのですが、それが原因で児童61人がアレルギー症状を発症し、うち15人が医療機関を受診したというニュースが報道されました。

川崎区では、児童の1人が強い腹痛を訴え、救急車で病院に搬送され、治療を受け翌日には学校へ登校することが出来ました。

別の1人は息苦しさを訴え、養護教諭が付き添い病院へ行き、検査を受けるため入院することになりました。

発症者の多くは「口の中がイガイガする」「目の周りが赤くなる」といった症状が現れていたそうです。

朝食にキウイフルーツを食べるとお肌を老化させる!

 

 

“キウイフルーツアレルギーの病状とその対策” の続きを読む


キウイフルーツを皮ごと食べよう!


海外でキウイフルーツを皮ごと食べるのは当たり前だった!

キウイフルーツを食べるとき、どのように食べますか?

多くの方はスプーンで果肉をすくって食べていると答えると思います。

ですが、キウイフルーツも他の果物と同様、皮ごと食べる方が果肉だけを食べるよりも栄養価値が高いのです。

キウイフルーツは別名「果物の女王」という名前が付けられる通り、栄養面では非常に優れている果物です。

美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法

ニュージーランドやオーストラリアでは、キウイフルーツを皮ごと食べるのが一般的な食べ方になっています。日本ではキウイフルーツは皮を剥いて食べるものとして認知されているので、ニュージーランドやオーストラリアへ旅行に行き、キウイフルーツを皮ごと食べている現地の方を見ると驚くそうです。

では、なぜニュージーランドやオーストラリアの方々は、キウイフルーツを皮ごと食べるのでしょうか。

 

“キウイフルーツを皮ごと食べよう!” の続きを読む


キウイフルーツの生産地と原産地中国から世界に普及した歴史


キウイフルーツの生産地をご存知ですか?

実はキウイフルーツは中国が原産のフルーツです。日本でも愛媛県をはじめ、福岡県や和歌山県といった西日本を中心に生産されおり、特に愛媛県の年間収穫量は日本一で全体の3割近くに及んでいます。

 

また、キウイフルーツは一年を通じてスーパーやデパートなどに並んでいますが、きちんと旬の時期があります。

日本国内で収穫されるキウイフルーツの旬は、12月から4月になります。この時期のキウイフルーツは栄養が豊富に含まれており、オススメです。

美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法

キウイフルーツの皮には栄養素が沢山あるため、海外では皮ごと食べるのが常識!

 

“キウイフルーツの生産地と原産地中国から世界に普及した歴史” の続きを読む


1個のキウイフルーツを食べると4つ以上の効果・効能が上がるからオススメです!


 キウイフルーツの栄養成分

握りこぶしほどの大きさの果物であるキウイフルーツですが、ビタミンCやビタミンEといった私たちの体にとって必要不可欠な栄養素が豊富に含まれています。

その中でもビタミンCと葉酸は特に注目されています。

ビタミンcが豊富なキウイフルーツを毎日食べよう

ビタミンCの王様キウイフルーツ

キウイフルーツに含まれているビタミンCには秘められた秘密があるのです。

また、キウイフルーツにはブドウに含まれているポリフェノールなどといった成分も含まれているのです。

今回はキウイフルーツの隠された魅力をご紹介したいと思います。

 

“1個のキウイフルーツを食べると4つ以上の効果・効能が上がるからオススメです!” の続きを読む


キウイフルーツに含まれるカリウムとアクチニジンが引き起こす良い効果とは


 カリウムの多い果物 キウイフルーツを食べ、むくみや高血圧を予防しよう!

キウイフルーツに含まれているカリウムの量は、200gあたりで、なんと580mgと豊富です。

カリウムとは、ナトリウムと共に体内の細胞に働きかける役割を担っています。生命維持活動を続けるうえで、無くてはならない栄養素と言えます。

また、摂取し過ぎてしまったナトリウムを体外へ排出し、血圧の上昇を抑制させるという効果もあり、高血圧予防として摂取されることが多いです。

腎臓に溜まりやすい老廃物の排泄を促す効果もあると言われています。

キウイフルーツを皮ごと食べて効率よく栄養を吸収する

カリウムが不足すると、高血圧やむくみの原因となり、筋肉の収縮が起こってしまい、痙攣を引き起こす可能性があります。

また、食欲不振に陥ったり、だるく感じることが多くなります。

 

カリウムは熱によって失われてしまいます。しかし、カリウムを豊富に含むキウイフルーツは生のまま摂取することが出来るため、非常に優れた食材と言えます。

 

“キウイフルーツに含まれるカリウムとアクチニジンが引き起こす良い効果とは” の続きを読む


ビタミンCが豊富なキウイフルーツを毎日食べよう!


栄養価値が高い果物キウイフルーツ

 

キウイフルーツは適度な甘酸っぱさでおやつや食後のデザートとして人気のフルーツです。

大人も子供も大好きなキウイフルーツですが、とてもビタミンCが豊富な果物なのです。

 

キウイフルーツは、(200gあたり)

ビタミンC:138mg

食物繊維:5.0g

カリウム:580mg

葉酸:72㎍

ビタミンE:2.6mgとなっています。

 

ビタミンCを豊富に含むと言われている温州みかんですが、ビタミンCの含有量は(200gあたり)およそ64mgとなっており、キウイフルーツと比べると、ビタミンCはおよそ2.1倍となっています。

他の栄養素に至っても、その差は歴然で、キウイフルーツが果物の中でも群を抜いて栄養価が高いことがうかがえます。

キウイフルーツは一年を通して食べることが出来る果物なので、安定して食べることが可能な食材です。

海外では常識!キウイフルーツは皮ごと食べよう!

キウイフルーツの選び方と保存方法

 

“ビタミンCが豊富なキウイフルーツを毎日食べよう!” の続きを読む


リンゴ5品種の特徴とおすすめの食べ方


品種によって特徴が異なるりんご

リンゴの品種はたくさん存在します。ですが、リンゴの品種1つ1つに特徴があり、リンゴの甘味や酸味はそれぞれの品種の個性とも言えます。

そして、その個性を生かして美味しく頂くには、そのまま食べた方が良い場合とジャムやジュースなどに加工して頂いた方が美味しいなど、それぞれ決まっているのです。

では、どの品種のリンゴをどのように食べると最も美味しく頂けるのかをご紹介したいと思います。

 

“リンゴ5品種の特徴とおすすめの食べ方” の続きを読む


牡蠣(かき)の旬と調理法5パターン


「美味しい牡蠣は豊かな森が育んでいる」と言われる理由

木枯らしが吹く頃になると、牡蠣鍋が恋しくなります。味噌仕立て、具だくさんの鍋が我家の定番です。
かつて「美味しい牡蠣は豊かな森が育んでいる」と言った記事を見たことがあります。即ち落葉樹の森から川を経てミネラル分を運び、海のプランクトンを育み、それを食べておいしい牡蠣が成育すると言うことです。牡蠣はミネラル分・タウリンが豊富で疲労回復・美肌効果に役立つ“海のミルク”と言えましょう。

 

WS000018

引用元:http://www.ekamo.com/iwagaki/

 

牡蠣(かき)の旬について

高校時代、英語の副読本に生牡蠣の美味しさを称賛する文章で、英語で「R」の付かない月、すなわちMay、June、July、Augustの5,6,7,8月は美味しくない(*)、まさに冬の海からの贈り物といった内容を学んだ記憶があります。 当時生牡蠣など食べたことがなかったので、一度は食べなければと思っていました。
(*)最近は春から夏に旬を迎える身の大きな“岩ガキ”が出回り、季節感が薄れて来ました。

 

牡蠣(かき)の調理法 5パターン

 

生牡蠣の美味しさは格別だった!

“鮮度の良い魚介類は“先ず生で”と言いますが、生食の牡蠣には特に注意が必要です。鮮度の良い「生食用」と書いてある品を選びます。細菌の少ない濾過海水で一定期間飼育してから出荷しているのです。
社会人になって初めて殻付き生牡蠣にレモン汁を落として食べた時、高校時代の夢がかなった満足感と、他の貝にはない酸味と調和した独特の旨味ある柔らかいプリプリ感にはまりました。

 

牡蠣フライ

生牡蠣に小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせパン粉をつけて180℃の油で一気に揚げます。 熱いうちに食べると生食に劣らない美味しさがあります。ソースは好みでタルタルソース・中濃ソースを掛けます。

 

牡蠣鍋(味噌ベース)

冬の定番鍋料理の一つです。  水100ccに対し、味噌 大さじ2、砂糖 大さじ1、みりん 大さじ1、酒 小さじ1、醤油 小さじ1/2をベースにし主役の牡蠣に、冬野菜の白菜・ネギ・大根(さらに好みで人参・春菊・水菜を加えてもリッチになります)、茸類の椎茸・舞茸・しめじ・えのき茸の好みの一種類、豆腐を入れ煮込みます。  沸騰したらポン酢で食べます。  終わりにご飯を入れ雑炊にすると牡蠣と野菜のダシの旨味で一層満足感が味わえます。

 

 

牡蠣めし

 

牡蠣を煮込み(鍋料理の調味料で構いません)煮汁でご飯を炊き、炊き上がったら牡蠣を入れ数分蒸らします。  ご飯を炊くとき、ササがけごぼう・人参・舞茸を入れると一層おいしくなります。 盛り付け時、青物(ねぎ・水菜等)を乗せれば見栄えも映えます。

牡蠣のガーリック焼き

水洗いした牡蠣をキッチンペーパーで水切り後、フライパン上にオリーブオイルをたらし、スライスしたガーリックを炒め、片栗粉をまぶした牡蠣を焼き最後に塩・コショウを振ります。

 

WS000019
引用元とレシピ:http://matome.naver.jp/odai/2135337624754647901

 

 


グラニースミスという品種のリンゴを食べてダイエットに挑戦しよう!


りんごを食べるとどんな効果があるのか?

リンゴは高血圧や動脈硬化といった大きな病気を予防するだけではなく、女性に嬉しい効果もたくさん存在します。

例えば、便秘です。便秘は女性の大きな悩みですよね。それをリンゴのペクチンという食物繊維が解消してくれます。この他にも、様々な効果が期待できるのです。

 

この記事では、りんご食べることで得られるメリットについて解説していきます。

 

WS000014

引用元:http://www.matsuaz.com/kayoubi/2010/02/05/1265356734697.html

 

“グラニースミスという品種のリンゴを食べてダイエットに挑戦しよう!” の続きを読む


便秘・高血圧・頭痛・口臭がある時はリンゴを食べよう!


リンゴの栄養素の内訳

リンゴの主な成分は糖質で、およそ13%前後をこの糖質が占めています。

リンゴの糖質は、果糖とブドウ糖で構成されており、酸味を感じる成分は、リンゴ酸やクエン酸が占めています。

果物としてはビタミン類が非常に少なく、果物に多いと言われているビタミンCもリンゴにはごく少量しか含まれておりません。

しかし、ビタミン類が少ない代わりにリンゴには、カリウムが多く含まれており、リンゴ100g中に、なんと100mgと豊富に含まれているのです。

 

“便秘・高血圧・頭痛・口臭がある時はリンゴを食べよう!” の続きを読む