国民的人気の魚“鮪(マグロ)”の旬と調理パターン



スポンサーリンク


国民的人気の魚“鮪(マグロ)”

鮪はどうしてこんなに国民に好かれて食べられる魚なのでしょうか? 

戦後の洋食ブームで、食の趣向が変わったのと相まって、冷凍技術が発達し脂身のトロが見直され、庶民の口から遠ざかって行きました。 赤身魚は盛り付けても色が映え、鯵・鰯・鯖等の大衆青魚より一段上に見られていました。  

 

このように見ていくと鮪は高級感があるものの、ちょっと背伸びすれば手に入る価格なので、庶民にとって“晴れの日の刺身の定番”になったのだと思います。

 

また庶民の行く回転寿司店では、鮪の品質・価格が経営の全てを握ると言われるくらい人気の“寿司ネタ”です。その為か世界の漁獲量の1/3が日本で消費されているのです。

 

“国民的人気の魚“鮪(マグロ)”の旬と調理パターン” の続きを読む


スポンサーリンク



ソラマメ:莢(さや)が空を向いて成長する不思議な豆


ソラマメ:莢(さや)が空を向いて成長する不思議な豆

ソラマメは、枝豆以上に美味しいと思っている人が、多いのではないでしょうか。

値段も高いですが、豆の大きさ・しっとり感・味の奥深さ何れを取っても枝豆は足元にも及びません。

 

 

一方栄養価の点では、ソラマメ・枝豆どちらも豊富な蛋白質・ビタミン・ミネラルを含みます

いずれをとっても他の野菜に比べ全般に栄養価が高い野菜です。強いて両者を比べますと数値は枝豆が優位にあります。  

 

しかし私は栄養価以外の点でソラマメに軍配を揚げますので、総合点はソラマメが上だと思っています。

 

ソラマメは大きな莢(さや)の内側に、柔らかいふわふわした綿のような布団に包まれています。  

如何にも豆自体が大事に扱われて、正に嫁入り前の娘のようです。

 

“ソラマメ:莢(さや)が空を向いて成長する不思議な豆” の続きを読む


グリーンアスパラガスの調理方法とホワイトアスパラガスとの違い


アスパラガス:昔ホワイト、今グリーン

アスパラガスはスーパーの店頭にはグリーン物が殆どです。一昔前までは缶詰のホワイト物でした。

子供の頃、缶詰のホワイトアスパラガスは高級で、めったに食べられず、食べる時はマヨネーズを付け、口の中でとろける柔らかさが絶妙なのを覚えています。  

 

“グリーンアスパラガスの調理方法とホワイトアスパラガスとの違い” の続きを読む


アサリ調理のコツと調理パターン


アサリ:和・洋レシピ 何れにも使える優等生

アサリは養殖技術が進み、日本中広く獲れます。一昔前は内海の干潟や海水が出入りする湖沼等に沢山生息していました。

 

1970年頃から徐々に干潟が埋め立てられ工場地帯等に変わり、水質汚染と相まって漁獲量が減少してきました。  

そのため近年需要が増え、韓国・中国からアサリや種アサリを輸入して凌いでいます。  

 

“アサリ調理のコツと調理パターン” の続きを読む


「タラの芽」の旬と調理方法


タラの芽は山菜の王様

タラの木の新芽を食用にして味わうのは、『よくぞ昔の人がこの食材を見つけてくれた』と食通は感謝しなければなりません。  

タラの木は鋭い棘(とげ)があり、先端の新芽を摘み取る時は気を付けねばなりません。 日当たりのよい里山で採れる天然タラの芽は丁度桜の咲く時期と重なります。

 

“「タラの芽」の旬と調理方法” の続きを読む


真っ白なウド(軟白ウド)が出来る理由と調理パターン


山菜から栽培野菜へ 成長株のウド

ウドは早春にあっという間に生長するので、「独活」と当て字を与えられました。   

「ウドの大木」という言葉も、すぐ生長して太くなるものの柱にはなれず、頼りにならない喩(たとえ)として使われます。

ウドは、日本の山に広く分布している山菜です。山菜ウドは先端部が早春の日の光に当たって淡い緑色をしており、タラの芽と並んで代表的春の山菜です。

 

“真っ白なウド(軟白ウド)が出来る理由と調理パターン” の続きを読む


菜の花の選び方・保存方法・調理パターン


栄養満点の早春野菜“菜の花”

菜の花は早春野菜の横綱格と言えます。 野菜が不足がちの冬期を我慢し、人々が待ち望んでいた早春、最初に菜の花が店頭に並びます。  菜の花は蕾(つぼみ)・茎・葉が一緒に食べれる珍しい緑黄色野菜です。  

 

“菜の花の選び方・保存方法・調理パターン” の続きを読む


一度は食べたい高級魚“とらふぐ”の調理パターン


一度は食べたい高級魚“とらふぐ”の調理パターン

ふぐ(*)は毒魚とされ、東南アジアの沿岸国でしか食べられていません。  中でも日本では「ふぐは食いたし命は惜しし」とか言いながら、調理に研究を重ね、最も珍重されてきました

(*)漢字で“河豚”と書くのはおそらく、水揚げされた時の膨らんだ様子からでしょう。

 

   “ふぐ”と書くと「不遇」「不具」となり縁起が悪いので、「ふく」は「福」につながり縁起がよいから、「ふく料理」と書いてある店が、西日本には多くあります。

 

“一度は食べたい高級魚“とらふぐ”の調理パターン” の続きを読む


“フキのとう”は春告げ鳥ならぬ春告げ野菜


“フキのとう”は春告げ鳥ならぬ春告げ野菜

“フキのとう”はフキの葉が出る前の花の蕾(つぼみ)です。  関東では節分前後に山野の陽だまりに先ずに首を出す、独特の香りある春告げ野菜です。 

 

最近“エグミ”という言葉を殆ど聞かなくなりました。 “フキのとう”こそ正にエグミの味なのです。 エグミとは中々表現が難しい味で、これぞアクの味と言え、苦みと渋みが混ざった舌にピリッとくる味と言えます。  この味を大人の味として日本人は大事にしてきました。

 

““フキのとう”は春告げ鳥ならぬ春告げ野菜” の続きを読む


“魚”偏に“春”と書く 春を告げる鰆(サワラ)


“魚”偏に“春”と書く 春を告げる鰆(サワラ)

鰆は鯖(サバ)の仲間で、大きいものは体長1mにもなり外観も鯖に似ています。 主に瀬戸内海から西日本太平洋沿岸で広く漁獲されます。  成長に伴い呼び名が変わるので、ブリ・スズキと同様出世魚と呼ばれます。 

 

““魚”偏に“春”と書く 春を告げる鰆(サワラ)” の続きを読む


せり(芹)の選び方・保存方法と調理方法


せり(芹):春の訪れを告げる野草食材

せりは湿地性の植物で独特の香りを持ち、春の七草の代表で、若い茎と葉を食用とします。 露地物・天然物は春が旬ですが、現在は灰汁(あく)の少ない溶液栽培のせりが通年出回るようになり、季節感が薄れて来ました。 

せりの食材としてのポイントは何と言っても爽やかな香りと食べる時の歯触りシャキシャキ感でしょう。

 

“せり(芹)の選び方・保存方法と調理方法” の続きを読む


一番種類の多い野菜である大根のレシピ4選


一番種類の多い野菜 大根

“大根”読んで字の通り大きな根を持つ野菜で、世界各地で栽培され、根の長さ・太さ、皮の色も白以外に赤・緑・紫・黄・黒と多岐に亘ります。  

 

日本では世界一大きく重い桜島大根、世界一長い守口大根もあり、種類も大変豊富で、生産量も世界一でしょう。 日本の品種で一番多い種類は青首大根です。他にも白首の練馬大根・三浦大根、辛味大根、カブの様な球形の聖護院大根等々多くの品種が栽培されています。 

 

“一番種類の多い野菜である大根のレシピ4選” の続きを読む


美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法


美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法

 

キウイフルーツは茶色の表皮に包まれており、外から見ただけでは新鮮なのかを見分けるのが難しいですよね。

しかも、触り過ぎてしまうとキウイフルーツが傷んでしまうため、ベタベタ触るわけにはいきません。そこで、今回は美味しいキウイフルーツの選び方のコツをご紹介したいと思います。

 

“美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法” の続きを読む


バナナダイエットよりもキウイフルーツダイエットが良い理由


キウイフルーツでエイジングケア

 

果物の女王として有名なキウイフルーツは、今女性に一番人気の食べ物です。

朝に食べる果物として、今までバナナが食べられてきたのですが、最近ではキウイフルーツを食べる女性が急増しています。

また、キウイフルーツにはダイエット効果もあり、美容もエイジングケアもまとめて出来てしまうスーパー果物として今注目を集めているのです。

キウイフルーツを皮ごと食べよう!

1個のキウイフルーツを食べると4つ以上の効果・効能がある!

 

 

 

“バナナダイエットよりもキウイフルーツダイエットが良い理由” の続きを読む


キウイフルーツアレルギーの病状とその対策


キウイフルーツアレルギーのニュース

 

キウイフルーツを食べたとき、急に喉がイガイガするなど、体に変化が及んだことはありませんか?

もし体に異変があった場合、もしかしたら「キウイアレルギー」の可能性があります。

 

以前、神奈川県川崎市では、市立学校の給食にキウイフルーツを出したのですが、それが原因で児童61人がアレルギー症状を発症し、うち15人が医療機関を受診したというニュースが報道されました。

川崎区では、児童の1人が強い腹痛を訴え、救急車で病院に搬送され、治療を受け翌日には学校へ登校することが出来ました。

別の1人は息苦しさを訴え、養護教諭が付き添い病院へ行き、検査を受けるため入院することになりました。

発症者の多くは「口の中がイガイガする」「目の周りが赤くなる」といった症状が現れていたそうです。

朝食にキウイフルーツを食べるとお肌を老化させる!

 

 

“キウイフルーツアレルギーの病状とその対策” の続きを読む


キウイフルーツを皮ごと食べよう!


海外でキウイフルーツを皮ごと食べるのは当たり前だった!

キウイフルーツを食べるとき、どのように食べますか?

多くの方はスプーンで果肉をすくって食べていると答えると思います。

ですが、キウイフルーツも他の果物と同様、皮ごと食べる方が果肉だけを食べるよりも栄養価値が高いのです。

キウイフルーツは別名「果物の女王」という名前が付けられる通り、栄養面では非常に優れている果物です。

美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法

ニュージーランドやオーストラリアでは、キウイフルーツを皮ごと食べるのが一般的な食べ方になっています。日本ではキウイフルーツは皮を剥いて食べるものとして認知されているので、ニュージーランドやオーストラリアへ旅行に行き、キウイフルーツを皮ごと食べている現地の方を見ると驚くそうです。

では、なぜニュージーランドやオーストラリアの方々は、キウイフルーツを皮ごと食べるのでしょうか。

 

“キウイフルーツを皮ごと食べよう!” の続きを読む


キウイフルーツの生産地と原産地中国から世界に普及した歴史


キウイフルーツの生産地をご存知ですか?

実はキウイフルーツは中国が原産のフルーツです。日本でも愛媛県をはじめ、福岡県や和歌山県といった西日本を中心に生産されおり、特に愛媛県の年間収穫量は日本一で全体の3割近くに及んでいます。

 

また、キウイフルーツは一年を通じてスーパーやデパートなどに並んでいますが、きちんと旬の時期があります。

日本国内で収穫されるキウイフルーツの旬は、12月から4月になります。この時期のキウイフルーツは栄養が豊富に含まれており、オススメです。

美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法

キウイフルーツの皮には栄養素が沢山あるため、海外では皮ごと食べるのが常識!

 

“キウイフルーツの生産地と原産地中国から世界に普及した歴史” の続きを読む


1個のキウイフルーツを食べると4つ以上の効果・効能が上がるからオススメです!


 キウイフルーツの栄養成分

握りこぶしほどの大きさの果物であるキウイフルーツですが、ビタミンCやビタミンEといった私たちの体にとって必要不可欠な栄養素が豊富に含まれています。

その中でもビタミンCと葉酸は特に注目されています。

ビタミンcが豊富なキウイフルーツを毎日食べよう

ビタミンCの王様キウイフルーツ

キウイフルーツに含まれているビタミンCには秘められた秘密があるのです。

また、キウイフルーツにはブドウに含まれているポリフェノールなどといった成分も含まれているのです。

今回はキウイフルーツの隠された魅力をご紹介したいと思います。

 

“1個のキウイフルーツを食べると4つ以上の効果・効能が上がるからオススメです!” の続きを読む


キウイフルーツに含まれるカリウムとアクチニジンが引き起こす良い効果とは


 カリウムの多い果物 キウイフルーツを食べ、むくみや高血圧を予防しよう!

キウイフルーツに含まれているカリウムの量は、200gあたりで、なんと580mgと豊富です。

カリウムとは、ナトリウムと共に体内の細胞に働きかける役割を担っています。生命維持活動を続けるうえで、無くてはならない栄養素と言えます。

また、摂取し過ぎてしまったナトリウムを体外へ排出し、血圧の上昇を抑制させるという効果もあり、高血圧予防として摂取されることが多いです。

腎臓に溜まりやすい老廃物の排泄を促す効果もあると言われています。

キウイフルーツを皮ごと食べて効率よく栄養を吸収する

カリウムが不足すると、高血圧やむくみの原因となり、筋肉の収縮が起こってしまい、痙攣を引き起こす可能性があります。

また、食欲不振に陥ったり、だるく感じることが多くなります。

 

カリウムは熱によって失われてしまいます。しかし、カリウムを豊富に含むキウイフルーツは生のまま摂取することが出来るため、非常に優れた食材と言えます。

 

“キウイフルーツに含まれるカリウムとアクチニジンが引き起こす良い効果とは” の続きを読む


ビタミンCが豊富なキウイフルーツを毎日食べよう!


栄養価値が高い果物キウイフルーツ

 

キウイフルーツは適度な甘酸っぱさでおやつや食後のデザートとして人気のフルーツです。

大人も子供も大好きなキウイフルーツですが、とてもビタミンCが豊富な果物なのです。

 

キウイフルーツは、(200gあたり)

ビタミンC:138mg

食物繊維:5.0g

カリウム:580mg

葉酸:72㎍

ビタミンE:2.6mgとなっています。

 

ビタミンCを豊富に含むと言われている温州みかんですが、ビタミンCの含有量は(200gあたり)およそ64mgとなっており、キウイフルーツと比べると、ビタミンCはおよそ2.1倍となっています。

他の栄養素に至っても、その差は歴然で、キウイフルーツが果物の中でも群を抜いて栄養価が高いことがうかがえます。

キウイフルーツは一年を通して食べることが出来る果物なので、安定して食べることが可能な食材です。

海外では常識!キウイフルーツは皮ごと食べよう!

キウイフルーツの選び方と保存方法

 

“ビタミンCが豊富なキウイフルーツを毎日食べよう!” の続きを読む