苺(イチゴ)の栄養素と効能について



スポンサーリンク


ビタミンCが豊富ないちごを食べて美肌を保ちましょう

イチゴを食べるとビタミンCが豊富で美容に良いと聞いたことはありませんか。

実は、イチゴには酸っぱい果物として有名なグレープフルーツのおよそ1.7倍のビタミンCが含まれています。

グレープフルーツよりも豊富なビタミンCを含んでいるイチゴの主な栄養成分は、イチゴ100g中あたり、ビタミンC:62mg、葉酸:90mcg、食物繊維:1.4gとなっています。

成人が1日に摂取しなければならないビタミンCの量は100gとなっており、イチゴを1日6粒ほど食べるだけで1日に摂取しなければならないビタミンCの量を摂取することが可能です。

 

“苺(イチゴ)の栄養素と効能について” の続きを読む


スポンサーリンク



美味しいイチゴの見分け方・選び方のコツ


パックのいちごも見分けましょう!

イチゴを食べるのならば、新鮮で美味しいものが良いですよね。ですが、美味しいイチゴの見分け方が分からないという方も多いと思います。

イチゴはパックに入って売られているため、1粒1粒確認出来ないのが難点です。

いちご狩りのように1粒ずつ自分で詰めることが出来れば良いのですが。

ですが、パックに入ったイチゴでも美味しいイチゴの見分け方は存在しますので、是非購入する際は、こちら記事内容を思い出して購入してみてください。

 

“美味しいイチゴの見分け方・選び方のコツ” の続きを読む


9品種の苺(いちご)の入荷時期と特徴について


いちごの生産地と品種について

赤くて可愛らしいイチゴですが、品種によって甘味や酸味が全く違います。

イチゴの生産量トップといえば、皆さんもご存知かと思います。

そうです、栃木県です。栃木県で生産されているイチゴの品種は「とちおとめ」が有名ですよね。

イチゴは野菜の部類として流通統計がとられます。ですので、トマトに次いで第2位の消費量を誇ります。これは、サラダなどでよく使用されているキュウリを大きく上回るほどの売り上げとなっています。

 

“9品種の苺(いちご)の入荷時期と特徴について” の続きを読む


千葉県が漁獲量1位の伊勢海老(えび)レシピ


 伊勢海老(イセエビ)と呼ばれる名前の由来

伊勢海老は高級な海老で中々庶民には口に入りません。せめても「正月とか豪華なお祝いの席で食べられたら良いのに!」、と願うばかりです。

私は「伊勢海老は真珠で名高い伊勢志摩半島のリアス式海岸に多く生息している海老だから伊勢海老」だと思っていました。先日テレビで千葉県の房総半島が漁獲量1位と放映しているので驚き、早速調べたら2位が三重県の伊勢志摩半島でした。さらに分かったことは、伊勢海老は房総半島を北限として台湾までの西太平洋沿岸、九州・朝鮮半島南部の沿岸域に分布しているようです。

また呼び名も京都に都があった時、伊勢から海老が多く来ることや、磯に多くいることから「イソエビ」⇒「イセエビ」になったという説があります。

 

伊勢えびの値段は高すぎる!

30年以上前四国一周の家族旅行で、愛媛県宇和島の漁村で伊勢海老料理の案内が出ており、一匹丸ごとの豪華な活き造りが出た時、家族で大喜びしたのを思い出しました。値段は当時でも高かったけれども全く手の届かない金額ではなかったと記憶しています。

今では値段が高いから売れないのでしょう、普段デパ地下の魚屋さんの店頭でも並ぶことはありません。ハマチのように養殖技術が確立し、庶民がちょっと無理すれば食べられるようになって欲しいものです。

 

伊勢海老とロブスターの違いの見分け方

かつて有名ホテルのレストランで“メニューの偽装”が社会を賑わしたことがありました。例えばバナメイエビを芝海老と表示したりしました。

またロブスターを伊勢海老と表示しても、気付かないのではないでしょうか。普段、伊勢海老にお目にかからない庶民にとりまして、二つの違いが分からないのも無理ありません。実はロブスターには大きな爪がありますが、伊勢海老にはないのです。

 

 伊勢えびのレシピ

伊勢海老のレシピー記事を読んで伊勢海老を味わった積もりになって頂ければと思います。

  • 伊勢海老の刺身・活き造り

甘くコリコリした生の伊勢海老は醤油なしで食べても美味しく、まさに海老の王様と言えます。

 

 

WS000038

引用元と伊勢えびのさばき方:http://www2.ocn.ne.jp/~smachi/resipi-iseebi.html

 

 

  • 伊勢海老のマヨネーズチーズ焼き

伊勢海老を半分に切り塩コショウを振り、マヨネーズととろけるチーズを乗せ、表面に焦げ目が出来るまで焼きます。身が新鮮なら半生状態でも十分食べられます。

 

WS000039

引用元とレシピ詳細:http://cookpad.com/recipe/2703092

 

 

  • 伊勢海老の味噌汁

伊勢海老を水でよく洗い汚れを取り、ぶつ切りにします。 頭においしい味噌があり、よくダシが出るので4分割します。伊勢海老は殻が固いので軍手を付けて包丁を使った方が良いでしょう。鍋に水を張って伊勢海老を入れ、加熱し灰汁(あく)を取ながら煮ます。味噌を入れ味付けし、最後にきざみねぎを入れます。

 

 

WS000000

引用元:http://yuuransen.com/?mode=f4

 


苺(イチゴ)の選び方・保存方法・菓子レシピ


クリスマスにイチゴショートケーキが食べれる理由

クリスマスの時季になるとケーキ屋さんにイチゴのショートケーキが並び、華やかさに色を添えます。

イチゴは栽培技術が格段に向上したため、品種改良も盛んで大粒・高糖度指向がどんどん進み、今では高級品は“赤いダイヤ”とまで言われます。

おそらく品種改良で次々と新品種が出て来るのは世界で日本だけでしょう。日本の粘り強い品種改良に頭が下がります。イチゴの品種開発競争が生産量日本一を競う、栃木県と福岡県を中心として繰り広げられています。

クリスマスにイチゴショートケーキを店頭に並べる為、栽培農家は夏に苗を冷蔵庫に入れ、人工的に低温処理と遮光で休眠(開花する春の前に冬を体験させる)を経験させ、開花・収穫時期を調節する涙ぐましい努力をしています。

 

“苺(イチゴ)の選び方・保存方法・菓子レシピ” の続きを読む


牡蠣(かき)の旬と調理法5パターン


「美味しい牡蠣は豊かな森が育んでいる」と言われる理由

木枯らしが吹く頃になると、牡蠣鍋が恋しくなります。味噌仕立て、具だくさんの鍋が我家の定番です。
かつて「美味しい牡蠣は豊かな森が育んでいる」と言った記事を見たことがあります。即ち落葉樹の森から川を経てミネラル分を運び、海のプランクトンを育み、それを食べておいしい牡蠣が成育すると言うことです。牡蠣はミネラル分・タウリンが豊富で疲労回復・美肌効果に役立つ“海のミルク”と言えましょう。

 

WS000018

引用元:http://www.ekamo.com/iwagaki/

 

牡蠣(かき)の旬について

高校時代、英語の副読本に生牡蠣の美味しさを称賛する文章で、英語で「R」の付かない月、すなわちMay、June、July、Augustの5,6,7,8月は美味しくない(*)、まさに冬の海からの贈り物といった内容を学んだ記憶があります。 当時生牡蠣など食べたことがなかったので、一度は食べなければと思っていました。
(*)最近は春から夏に旬を迎える身の大きな“岩ガキ”が出回り、季節感が薄れて来ました。

 

牡蠣(かき)の調理法 5パターン

 

生牡蠣の美味しさは格別だった!

“鮮度の良い魚介類は“先ず生で”と言いますが、生食の牡蠣には特に注意が必要です。鮮度の良い「生食用」と書いてある品を選びます。細菌の少ない濾過海水で一定期間飼育してから出荷しているのです。
社会人になって初めて殻付き生牡蠣にレモン汁を落として食べた時、高校時代の夢がかなった満足感と、他の貝にはない酸味と調和した独特の旨味ある柔らかいプリプリ感にはまりました。

 

牡蠣フライ

生牡蠣に小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせパン粉をつけて180℃の油で一気に揚げます。 熱いうちに食べると生食に劣らない美味しさがあります。ソースは好みでタルタルソース・中濃ソースを掛けます。

 

牡蠣鍋(味噌ベース)

冬の定番鍋料理の一つです。  水100ccに対し、味噌 大さじ2、砂糖 大さじ1、みりん 大さじ1、酒 小さじ1、醤油 小さじ1/2をベースにし主役の牡蠣に、冬野菜の白菜・ネギ・大根(さらに好みで人参・春菊・水菜を加えてもリッチになります)、茸類の椎茸・舞茸・しめじ・えのき茸の好みの一種類、豆腐を入れ煮込みます。  沸騰したらポン酢で食べます。  終わりにご飯を入れ雑炊にすると牡蠣と野菜のダシの旨味で一層満足感が味わえます。

 

 

牡蠣めし

 

牡蠣を煮込み(鍋料理の調味料で構いません)煮汁でご飯を炊き、炊き上がったら牡蠣を入れ数分蒸らします。  ご飯を炊くとき、ササがけごぼう・人参・舞茸を入れると一層おいしくなります。 盛り付け時、青物(ねぎ・水菜等)を乗せれば見栄えも映えます。

牡蠣のガーリック焼き

水洗いした牡蠣をキッチンペーパーで水切り後、フライパン上にオリーブオイルをたらし、スライスしたガーリックを炒め、片栗粉をまぶした牡蠣を焼き最後に塩・コショウを振ります。

 

WS000019
引用元とレシピ:http://matome.naver.jp/odai/2135337624754647901

 

 


ビタミンCの王様キウイフルーツ


キウイフルーツの名前の由来

キウイフルーツの原産地は中国で“猿(さる)梨(なし)”と呼ばれ、ヨーロッパ経由ニュージーランドで品種改良され、ニュージーランドの鳥「キーウィ」にちなんで、キーウィフルーツと名づけられました。

日本では訛(なま)ってキウイフルーツ(以下キウイと略します)と呼ばれています。元来雌雄異株ですが、近年品種改良で両性種も出ています。

 

“ビタミンCの王様キウイフルーツ” の続きを読む


傷みやすい苺の保存方法


傷みやすい苺を長く日持ちさせるテクニック

いちごを3日日持ちさせる方法

いちごはとても柔らかくて傷みやすい果物ですよね。ですが、ついつい安いからと多めに購入してしまうことはありませんか?傷みやすい苺を長く日持ちさせるテクニックをご紹介したいと思います。

美味しいイチゴの見分け方・選び方のコツ

まずお店で購入してきたいちごを傷みがあるかないか1粒1粒チェックしていきます。傷みがなければ、浅めのバットなどにいちごを移し替えます。このとき、いちご同士を重ねてしまうと傷がつき傷んでしまうため、いちごを重ねないようにヘタの部分を下へ向け綺麗に並べていきます。

並べ終えたら、並べたいちごの上にふたやラップをして冷蔵庫で保存します。これで最大3日ほど持ちます。それでも3日なので、保存したことを忘れないように細心の注意が必要ですね。

WS000064

“傷みやすい苺の保存方法” の続きを読む


いちごの旬は12月から出荷ピーク!そして苺の野菜or果物論!


そもそも苺って野菜なの?果物なの?

 

いちごは誰もが好きな冬の味覚ですよね。あの甘酸っぱい味が癖になりますよね。

そんないちごですが、実は果実なのか野菜なのか区分しがたい食材なのだそうです。

驚きですよね。なぜ、こういった状態になってしまったかと言いますと、いちごはバラ科の多年草の一種とされ、正式にはオランダイチゴ属に含まれます。

しかし、皆さんが口にしている赤い実の部分は果実ではないのです。では、いったい何なのかと思いますよね。

あの赤い実の部分は、花托の発達した花の一部なのだそうで、本当の実と呼ばれる部分は、あの胡麻のような小さな部分なのです。

 

WS000062

引用元:http://ambitious34.xsrv.jp/seiritsu/category2/entry13.html

“いちごの旬は12月から出荷ピーク!そして苺の野菜or果物論!” の続きを読む