焼きリンゴの意外な効果とは?


焼きリンゴの意外な効果とは?

 

みかんに並んで有名なリンゴも焼くことで栄養成分がアップすることをご存知ですか?

リンゴには、他の果物と比べビタミンCの含有量が少なく、その他のビタミン類も多くありません。しかし、リンゴには他の果物に比べ、カリウムやペクチンと呼ばれる食物繊維が豊富に含まれています。

ペクチンには腸内環境を正常に整える効果があり、ビフィズス菌などの常在菌の働きを補助する役割があります。また、ペクチンは体内で消化されることがないため、腸内の清掃を行ってくれ、下痢やお通じの改善に効果があります。

 

“焼きリンゴの意外な効果とは?” の続きを読む


リンゴ5品種の特徴とおすすめの食べ方


品種によって特徴が異なるりんご

リンゴの品種はたくさん存在します。ですが、リンゴの品種1つ1つに特徴があり、リンゴの甘味や酸味はそれぞれの品種の個性とも言えます。

そして、その個性を生かして美味しく頂くには、そのまま食べた方が良い場合とジャムやジュースなどに加工して頂いた方が美味しいなど、それぞれ決まっているのです。

では、どの品種のリンゴをどのように食べると最も美味しく頂けるのかをご紹介したいと思います。

 

“リンゴ5品種の特徴とおすすめの食べ方” の続きを読む


グラニースミスという品種のリンゴを食べてダイエットに挑戦しよう!


りんごを食べるとどんな効果があるのか?

リンゴは高血圧や動脈硬化といった大きな病気を予防するだけではなく、女性に嬉しい効果もたくさん存在します。

例えば、便秘です。便秘は女性の大きな悩みですよね。それをリンゴのペクチンという食物繊維が解消してくれます。この他にも、様々な効果が期待できるのです。

 

この記事では、りんご食べることで得られるメリットについて解説していきます。

 

WS000014

引用元:http://www.matsuaz.com/kayoubi/2010/02/05/1265356734697.html

 

“グラニースミスという品種のリンゴを食べてダイエットに挑戦しよう!” の続きを読む


便秘・高血圧・頭痛・口臭がある時はリンゴを食べよう!


リンゴの栄養素の内訳

リンゴの主な成分は糖質で、およそ13%前後をこの糖質が占めています。

リンゴの糖質は、果糖とブドウ糖で構成されており、酸味を感じる成分は、リンゴ酸やクエン酸が占めています。

果物としてはビタミン類が非常に少なく、果物に多いと言われているビタミンCもリンゴにはごく少量しか含まれておりません。

しかし、ビタミン類が少ない代わりにリンゴには、カリウムが多く含まれており、リンゴ100g中に、なんと100mgと豊富に含まれているのです。

 

“便秘・高血圧・頭痛・口臭がある時はリンゴを食べよう!” の続きを読む


赤いリンゴ・青いリンゴ・黄色いリンゴの品種別 特徴まとめ


好みの品種を探そう!

リンゴには、赤い色をしたものから青色や黄色といった品種までたくさんの種類があります。そこで、一部ですが、様々なリンゴの品種をご紹介したいと思います。

赤いリンゴの品種

赤いリンゴといえば、よくスーパーやデパートで見かけますよね。
「ふじ」や「つがる」といった品種のリンゴがよく見かけられると思います。
他にも「大紅栄(だいこうえい)」だったり「おいらせ」だったりと、赤いリンゴは種類が豊富です。

“赤いリンゴ・青いリンゴ・黄色いリンゴの品種別 特徴まとめ” の続きを読む


あなた好みの美味しいリンゴを割らずに見分ける方法!


リンゴの美味しい見分け方というのをご紹介致しましたが、実は、リンゴは味の好みによって他にも見分ける方法があるのです。

是非リンゴを購入する際の目安として覚えていてくださると嬉しいです。
ではご紹介致します。

 

WS000010

引用元:http://shunkatei.blog86.fc2.com/blog-category-5.html

 

“あなた好みの美味しいリンゴを割らずに見分ける方法!” の続きを読む


リンゴの保存方法の注意点と美味しいリンゴの選び方


りんごを冷蔵庫に入れない理由

リンゴは通常室温で保存します。スーパーやデパートでも冷蔵されていませんよね。

これには理由があるのです。リンゴを他の果物などと一緒に保存してしまうと、リンゴから発せられる「エチレンガス」という物質が原因で、一緒に保存していた果物が成熟してしまうからです。

 

WS000008

引用元:http://m-net.main.jp/kiyoku/setyujyuusu.html

 

“リンゴの保存方法の注意点と美味しいリンゴの選び方” の続きを読む