健康かつヘルシーに毎日違ったイチゴが楽しめる方法


いちご料理を覚えて、毎日イチゴを食べませんか?

いくらイチゴが体に良いと言っても、毎日イチゴを食べていると飽きてしまいますよね。

イチゴの品種を変えて食べ続けたとしても、甘みや酸味が違うだけなのでやはり長く食べ続けるのも辛くなってくるはずです。

また、最近ではイチゴを冷凍して丸ごとイチゴアイスとして食べる方法も存在します。

ですが、プチ手間でイチゴを美味しく料理して食べられる方法があるとしたら、いかがでしょうか。

健康かつヘルシーに毎日違ったイチゴが楽しめる方法をご紹介していきたいと思います。

 

“健康かつヘルシーに毎日違ったイチゴが楽しめる方法” の続きを読む


苺(イチゴ)の栄養素と効能について


ビタミンCが豊富ないちごを食べて美肌を保ちましょう

イチゴを食べるとビタミンCが豊富で美容に良いと聞いたことはありませんか。

実は、イチゴには酸っぱい果物として有名なグレープフルーツのおよそ1.7倍のビタミンCが含まれています。

グレープフルーツよりも豊富なビタミンCを含んでいるイチゴの主な栄養成分は、イチゴ100g中あたり、ビタミンC:62mg、葉酸:90mcg、食物繊維:1.4gとなっています。

成人が1日に摂取しなければならないビタミンCの量は100gとなっており、イチゴを1日6粒ほど食べるだけで1日に摂取しなければならないビタミンCの量を摂取することが可能です。

 

“苺(イチゴ)の栄養素と効能について” の続きを読む


美味しいイチゴの見分け方・選び方のコツ


パックのいちごも見分けましょう!

イチゴを食べるのならば、新鮮で美味しいものが良いですよね。ですが、美味しいイチゴの見分け方が分からないという方も多いと思います。

イチゴはパックに入って売られているため、1粒1粒確認出来ないのが難点です。

いちご狩りのように1粒ずつ自分で詰めることが出来れば良いのですが。

ですが、パックに入ったイチゴでも美味しいイチゴの見分け方は存在しますので、是非購入する際は、こちら記事内容を思い出して購入してみてください。

 

“美味しいイチゴの見分け方・選び方のコツ” の続きを読む


9品種の苺(いちご)の入荷時期と特徴について


いちごの生産地と品種について

赤くて可愛らしいイチゴですが、品種によって甘味や酸味が全く違います。

イチゴの生産量トップといえば、皆さんもご存知かと思います。

そうです、栃木県です。栃木県で生産されているイチゴの品種は「とちおとめ」が有名ですよね。

イチゴは野菜の部類として流通統計がとられます。ですので、トマトに次いで第2位の消費量を誇ります。これは、サラダなどでよく使用されているキュウリを大きく上回るほどの売り上げとなっています。

 

“9品種の苺(いちご)の入荷時期と特徴について” の続きを読む


苺(イチゴ)の選び方・保存方法・菓子レシピ


クリスマスにイチゴショートケーキが食べれる理由

クリスマスの時季になるとケーキ屋さんにイチゴのショートケーキが並び、華やかさに色を添えます。

イチゴは栽培技術が格段に向上したため、品種改良も盛んで大粒・高糖度指向がどんどん進み、今では高級品は“赤いダイヤ”とまで言われます。

おそらく品種改良で次々と新品種が出て来るのは世界で日本だけでしょう。日本の粘り強い品種改良に頭が下がります。イチゴの品種開発競争が生産量日本一を競う、栃木県と福岡県を中心として繰り広げられています。

クリスマスにイチゴショートケーキを店頭に並べる為、栽培農家は夏に苗を冷蔵庫に入れ、人工的に低温処理と遮光で休眠(開花する春の前に冬を体験させる)を経験させ、開花・収穫時期を調節する涙ぐましい努力をしています。

 

“苺(イチゴ)の選び方・保存方法・菓子レシピ” の続きを読む


傷みやすい苺の保存方法


傷みやすい苺を長く日持ちさせるテクニック

いちごを3日日持ちさせる方法

いちごはとても柔らかくて傷みやすい果物ですよね。ですが、ついつい安いからと多めに購入してしまうことはありませんか?傷みやすい苺を長く日持ちさせるテクニックをご紹介したいと思います。

美味しいイチゴの見分け方・選び方のコツ

まずお店で購入してきたいちごを傷みがあるかないか1粒1粒チェックしていきます。傷みがなければ、浅めのバットなどにいちごを移し替えます。このとき、いちご同士を重ねてしまうと傷がつき傷んでしまうため、いちごを重ねないようにヘタの部分を下へ向け綺麗に並べていきます。

並べ終えたら、並べたいちごの上にふたやラップをして冷蔵庫で保存します。これで最大3日ほど持ちます。それでも3日なので、保存したことを忘れないように細心の注意が必要ですね。

WS000064

“傷みやすい苺の保存方法” の続きを読む


いちごの旬は12月から出荷ピーク!そして苺の野菜or果物論!


そもそも苺って野菜なの?果物なの?

 

いちごは誰もが好きな冬の味覚ですよね。あの甘酸っぱい味が癖になりますよね。

そんないちごですが、実は果実なのか野菜なのか区分しがたい食材なのだそうです。

驚きですよね。なぜ、こういった状態になってしまったかと言いますと、いちごはバラ科の多年草の一種とされ、正式にはオランダイチゴ属に含まれます。

しかし、皆さんが口にしている赤い実の部分は果実ではないのです。では、いったい何なのかと思いますよね。

あの赤い実の部分は、花托の発達した花の一部なのだそうで、本当の実と呼ばれる部分は、あの胡麻のような小さな部分なのです。

 

WS000062

引用元:http://ambitious34.xsrv.jp/seiritsu/category2/entry13.html

“いちごの旬は12月から出荷ピーク!そして苺の野菜or果物論!” の続きを読む