相葉マナブ目利き塾「秋の野菜」見極め方まとめ一覧



スポンサーリンク


2016年10月9日放送の相葉マナブというテレビ番組では、スーバーマーケットに置かれている「秋の野菜」どちらがおいしいか目利きするという内容でした。とても勉強になり、同じ値段でより品質の良いものを選べ、今後のためになると思い、放送内容をすべてまとめてみました。是非、参考にしてみてください。

 

 

おいしいニンジン(人参)の見極め方

人参の芯(一番上の緑のところ)を見て、小さいほうがおいしいニンジンになります。理由は簡単で、芯が小さいほど中の芯も細くなり、ニンジン自体も芯が細いほうが柔らかくおいしくなります。

ws000003

出典:http://moriokasijyo.blogspot.jp/2016/04/45.html

 

おいしいサトイモ(里芋)の見極め方

里芋は親芋から子芋、孫芋とどんどん増えていきます。収穫のときに、「親芋と子芋」「子芋と孫芋」を切り離し、切り口が残ったまま収穫します。寒くなるとこの切り口から傷みやすいため、切り口がない里芋がいちばんおいしいと言われています。

ws000004

出典:http://moriokasijyo.blogspot.jp/2016/10/blog-post.html

 

おいしいゴボウの見極め方

細いゴボウと太いゴボウは、細いゴボウのほうがくたくたってことで、柔らかくておいしい。一方太いゴボウはつっぱっていて硬い特徴があります。太くてお得だと思い硬く太いゴボウを選ぶのは今日から止めにしましょう!

ws000006

出典:http://kemono666.seesaa.net/article/276014169.html

 

 

おいしい玉ねぎ(タマネギ)の見極め方

おいしいタマネギの見分け方は、タマネギの尖っている先端のまわりを押してみて、柔らかいか固いかでわかります。もし柔らかければ傷みだしている証拠なので、固いタマネギを選ぶようにしましょう!

ws000008

出典:http://www.engei.net/Browse.asp?ID=36218

 

 

 


スポンサーリンク



国民的人気の魚“鮪(マグロ)”の旬と調理パターン


国民的人気の魚“鮪(マグロ)”

鮪はどうしてこんなに国民に好かれて食べられる魚なのでしょうか? 

戦後の洋食ブームで、食の趣向が変わったのと相まって、冷凍技術が発達し脂身のトロが見直され、庶民の口から遠ざかって行きました。 赤身魚は盛り付けても色が映え、鯵・鰯・鯖等の大衆青魚より一段上に見られていました。  

 

このように見ていくと鮪は高級感があるものの、ちょっと背伸びすれば手に入る価格なので、庶民にとって“晴れの日の刺身の定番”になったのだと思います。

 

また庶民の行く回転寿司店では、鮪の品質・価格が経営の全てを握ると言われるくらい人気の“寿司ネタ”です。その為か世界の漁獲量の1/3が日本で消費されているのです。

 

“国民的人気の魚“鮪(マグロ)”の旬と調理パターン” の続きを読む


アサリ調理のコツと調理パターン


アサリ:和・洋レシピ 何れにも使える優等生

アサリは養殖技術が進み、日本中広く獲れます。一昔前は内海の干潟や海水が出入りする湖沼等に沢山生息していました。

 

1970年頃から徐々に干潟が埋め立てられ工場地帯等に変わり、水質汚染と相まって漁獲量が減少してきました。  

そのため近年需要が増え、韓国・中国からアサリや種アサリを輸入して凌いでいます。  

 

“アサリ調理のコツと調理パターン” の続きを読む


一度は食べたい高級魚“とらふぐ”の調理パターン


一度は食べたい高級魚“とらふぐ”の調理パターン

ふぐ(*)は毒魚とされ、東南アジアの沿岸国でしか食べられていません。  中でも日本では「ふぐは食いたし命は惜しし」とか言いながら、調理に研究を重ね、最も珍重されてきました

(*)漢字で“河豚”と書くのはおそらく、水揚げされた時の膨らんだ様子からでしょう。

 

   “ふぐ”と書くと「不遇」「不具」となり縁起が悪いので、「ふく」は「福」につながり縁起がよいから、「ふく料理」と書いてある店が、西日本には多くあります。

 

“一度は食べたい高級魚“とらふぐ”の調理パターン” の続きを読む


自分の故郷の川へ錦を飾る鮭(さけ)


自分の故郷の川へ錦を飾る鮭

鮭は成長段階に応じて、淡水、海水、淡水と生活の場を変えていくのが一般的です。 海は水温が安定していて、餌が豊富である点で河川よりも優れています。

鮭の種類により違いますが、短い鮭で1~2年、長い鮭で2~8年、海洋を探索しながら動物プランクトンや小型魚類・イカ類などを捕食し、著しく成長します。

 

“自分の故郷の川へ錦を飾る鮭(さけ)” の続きを読む


蓮根(れんこん)の選び方と調理法4パターン


蓮根(れんこん)の選び方と調理法4パターン

蓮根(れんこん)は読んで字の通り、蓮(ハス)の地下茎が肥大したものです。

蓮根は大部分が糖質(でん粉)で、糖質以外では、胃の粘膜を保護し、蛋白質の消化を助けるムチンを含みます。 

切った時、糸を引くのはオクラ・里芋・モロヘイヤにも含まれるムチンなのです。 

またシャキシャキした歯触りからも、食物繊維が豊富なことが分かり、便秘解消に効果があります。

 

“蓮根(れんこん)の選び方と調理法4パターン” の続きを読む


ごぼうの効能と3つの調理方法


“ごぼう”の効能と3つの調理方法

ごぼう(根)はセルロース、リグニンと言った食物繊維、特に水溶性食物繊維を豊富に含み、整腸作用、コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防ぐ作用があります。

また消化吸収されない食物繊維は腹内を通過するため、胃や腸をきれいに掃除し便秘を改善するため大腸ガンの予防や悪玉腸内細菌の繁殖を防いでくれます。  

 

“ごぼうの効能と3つの調理方法” の続きを読む


柚子(ゆず)を活用する4つの方法


柚子(ゆず)の使い方

スーパーでは、様々な柚子(ゆず)の加工食品が販売されています。代表的なものは柚子胡椒や柚子味噌ですが、これらを家庭で楽しむ場合は、加工品を購入するのが一般的になっています。

しかし柚子はスーパーで加工品を買うだけでなく、様々な使い方ができる柑橘類です。皮と果実の両方を使えるため、豊富な栄養を余すことなく摂取できます。

 

“柚子(ゆず)を活用する4つの方法” の続きを読む


柚子(ゆず)の特徴と旬・栄養について


柚子(ゆず)の特徴と旬・栄養について

柚子(ゆず)の特徴

柚子(ゆず)は、ミカン属に分類されている果物の一種です。酢橘(すだち)の仲間ですが、柑橘類の中では酸味が強くなっており、皮と身は独特の芳香な香りを放ちます。

柚子は皮と果肉の両方を使われる珍しい柑橘類で、皮は鍋物などに、果肉は絞り汁がジュースやスイーツ、料理のソースとして用いられています。果肉には大きな種がいくつも入っているため、料理などで使用する際にはしっかり取り除く必要があります。

 

“柚子(ゆず)の特徴と旬・栄養について” の続きを読む


秋刀魚(さんま)を使った4つの料理


秋刀魚(さんま)を使った料理の数々

秋刀魚(さんま)と言えば塩焼きが定番料理となっていますが、調理次第でさまざまな料理に変化します。秋刀魚は癖もほとんどありませんので、刺身や煮物、フライなど、好みの料理に使えます。料理のバリエーションを増やしたいなら、秋刀魚を使ってアレンジしてみましょう。食卓に彩りも増え、そしてにぎやかになります。

 

“秋刀魚(さんま)を使った4つの料理” の続きを読む


秋刀魚(さんま)を3枚おろしにする捌(さば)き方


秋刀魚(さんま)を3枚おろしにする捌(さば)き方

秋刀魚(さんま)を捌くのは難しい?

魚を捌(さば)くのが苦手、という方は多くいます。特に秋刀魚は細長い形をしているため、より捌きにくいのがネックです。そのため、秋刀魚を捌くのは難しいと考えている方は少なくありません。

しかし、秋刀魚は基本的な手順さえ覚えてしまえば簡単に捌くことができます。3枚おろしはほかの魚を捌くときでも利用できるため、応用も可能です。刺身を作るときなどは、しっかり3枚におろしましょう。

 

“秋刀魚(さんま)を3枚おろしにする捌(さば)き方” の続きを読む


秋刀魚(さんま)に含まれる栄養と食べることで得られる効能


秋刀魚(さんま)に含まれる栄養

秋刀魚(さんま)は栄養が豊富な魚である

江戸時代から庶民の食卓に、そして現代では秋の味覚として楽しまれている秋刀魚(さんま)は、栄養が豊富なことでも知られています。イワシと同じ青魚の一種であり、ビタミンをはじめとした様々な栄養を含んでいます。

意外と知られていない秋刀魚の栄養価の高さは、注目すべきです。体の健康を考えるなら、秋刀魚を意識して食べると良いでしょう。秋刀魚を食べると、一部の病気の予防につなげることができます。

 

“秋刀魚(さんま)に含まれる栄養と食べることで得られる効能” の続きを読む


秋刀魚(さんま)の特徴


秋刀魚(さんま)の特徴

秋刀魚(さんま)の調理パターン

秋刀魚(さんま)は細長い見た目をしています。魚屋やスーパーの鮮魚コーナーで安く購入できる魚の一種で、一般家庭の食卓ではすっかりお馴染みです。

そのままシンプルに塩焼きにされることも多いですが、家庭によってはフライや煮物にして食されることもあります。当然刺身としても食べることができます。

秋刀魚の盛り付け4パターン写真付き

脂の乗った秋刀魚は塩焼きにぴったりで、ご飯がすすみ食卓にバリエーションを加えてくれるでしょう。そして秋刀魚の塩焼きは大根下ろしやすだちを添えたり、ポン酢をかけて食べるなど、家庭によっても食べ方が少々異なります。

 

“秋刀魚(さんま)の特徴” の続きを読む


今最も注目を集めている食材「クルミ」に秘められた健康パワーとは!?


今最も注目を集めている食材「クルミ」に秘められた健康パワーとは!?

 

近年、日本では高齢化社会が進み、認知症やアルツハイマー病などが増加傾向にあると言われています。また、日本は世界でも稀に見る重労働国家と言われており、不摂生な生活や乱れた食事、さらに仕事や家庭による過度なストレスなどによって生活習慣病を引き起こす可能性が非常に高いです。

そんな不健康な日本の人々にオススメな食材が、秋が旬のクルミです!

 

“今最も注目を集めている食材「クルミ」に秘められた健康パワーとは!?” の続きを読む


胡桃(くるみ)が日本に伝わるまでの歴史


胡桃(くるみ)の知られざる歴史とは!?

 

胡桃(くるみ)は高カロリーの食材として有名ですが、1日に適量食べることによって私たちの体を健康に保つ効果があります。しかも、クルミにはダイエット効果や肥満を予防する効果もあるため、生活習慣病やメタボリック・シンドロームなどの予防や改善に非常に向いている食材だったのです!

スタイル抜群のモデルさんをはじめ、多くの著名人たちから愛されているクルミを今回ご紹介していきたいと思います。

 

 

“胡桃(くるみ)が日本に伝わるまでの歴史” の続きを読む


魚嫌いな人は胡桃(くるみ)を食べて栄養補強しよう!


巷で話題のクルミの効能について

 

クルミといえば、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?

「硬くて丈夫な殻に覆われた木の実」や「パウンドケーキや和え物、クルミパンなどに使用する」などが挙げられると思います。中には「クルミ割り人形」と答えた方もいらっしゃいます。

 

最近では、テレビや雑誌でくるみを特集した放送や記事も多く取り扱われています。

皆さんもご存知の北野武さんが司会を務めていらっしゃる「たけしのみんなの家庭の医学」という番組でも以前クルミに関する特集が行われていました。では、クルミにはどのような効能・効果があるのでしょうか。

 

“魚嫌いな人は胡桃(くるみ)を食べて栄養補強しよう!” の続きを読む


焼きリンゴの意外な効果とは?


焼きリンゴの意外な効果とは?

 

みかんに並んで有名なリンゴも焼くことで栄養成分がアップすることをご存知ですか?

リンゴには、他の果物と比べビタミンCの含有量が少なく、その他のビタミン類も多くありません。しかし、リンゴには他の果物に比べ、カリウムやペクチンと呼ばれる食物繊維が豊富に含まれています。

ペクチンには腸内環境を正常に整える効果があり、ビフィズス菌などの常在菌の働きを補助する役割があります。また、ペクチンは体内で消化されることがないため、腸内の清掃を行ってくれ、下痢やお通じの改善に効果があります。

 

“焼きリンゴの意外な効果とは?” の続きを読む


冬至にはカボチャ食べて風邪知らず


カボチャに含まれる栄養成分と効能

昔は冬至にカボチャを食べる習慣がどの地方でもありました。 これは緑黄野菜の少ない冬にβカロチンやビタミンC・Eを多く含むカボチャを食べ、風邪への抵抗力をつけ、元気に冬を越せるよう願いを込めた先人の知恵でしょう。  

かぼちゃに含まれるβカロチンは粘膜を強化して免疫力を高める働きがあり、ビタミンCは粘膜の抵抗力を高め、細菌感染を予防する効果を発揮するのです。

カボチャは夏に収穫しても、年末までは十分日持ちし、甘みも増していく唯一の野菜です。でんぷんを糖に変える酵素を含んでおり、貯蔵により・低温でゆっくり加熱することにより甘みが増します。

  

日本で昔ながら作られていたカボチャ(メキシコ原産でポルトガル人によってカンボジアから渡来、⇒カボチャ)は粘質で甘みが少ないため、調理の洋風化につれて甘みが強く“ほくほく”したペルーが原産の西洋カボチャ(栗カボチャ)に置き換わって行きました。  

近年日本でも店頭に並ぶようになったズッキーニもカボチャの仲間です。

 

“冬至にはカボチャ食べて風邪知らず” の続きを読む


一番種類の多い野菜である大根のレシピ4選


一番種類の多い野菜 大根

“大根”読んで字の通り大きな根を持つ野菜で、世界各地で栽培され、根の長さ・太さ、皮の色も白以外に赤・緑・紫・黄・黒と多岐に亘ります。  

 

日本では世界一大きく重い桜島大根、世界一長い守口大根もあり、種類も大変豊富で、生産量も世界一でしょう。 日本の品種で一番多い種類は青首大根です。他にも白首の練馬大根・三浦大根、辛味大根、カブの様な球形の聖護院大根等々多くの品種が栽培されています。 

 

“一番種類の多い野菜である大根のレシピ4選” の続きを読む


美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法


美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法

 

キウイフルーツは茶色の表皮に包まれており、外から見ただけでは新鮮なのかを見分けるのが難しいですよね。

しかも、触り過ぎてしまうとキウイフルーツが傷んでしまうため、ベタベタ触るわけにはいきません。そこで、今回は美味しいキウイフルーツの選び方のコツをご紹介したいと思います。

 

“美味しいキウイフルーツの見分け方と保存方法” の続きを読む