相葉マナブ目利き塾「秋の野菜」見極め方まとめ一覧


2016年10月9日放送の相葉マナブというテレビ番組では、スーバーマーケットに置かれている「秋の野菜」どちらがおいしいか目利きするという内容でした。とても勉強になり、同じ値段でより品質の良いものを選べ、今後のためになると思い、放送内容をすべてまとめてみました。是非、参考にしてみてください。

 

 

おいしいニンジン(人参)の見極め方

人参の芯(一番上の緑のところ)を見て、小さいほうがおいしいニンジンになります。理由は簡単で、芯が小さいほど中の芯も細くなり、ニンジン自体も芯が細いほうが柔らかくおいしくなります。

ws000003

出典:http://moriokasijyo.blogspot.jp/2016/04/45.html

 

おいしいサトイモ(里芋)の見極め方

里芋は親芋から子芋、孫芋とどんどん増えていきます。収穫のときに、「親芋と子芋」「子芋と孫芋」を切り離し、切り口が残ったまま収穫します。寒くなるとこの切り口から傷みやすいため、切り口がない里芋がいちばんおいしいと言われています。

ws000004

出典:http://moriokasijyo.blogspot.jp/2016/10/blog-post.html

 

おいしいゴボウの見極め方

細いゴボウと太いゴボウは、細いゴボウのほうがくたくたってことで、柔らかくておいしい。一方太いゴボウはつっぱっていて硬い特徴があります。太くてお得だと思い硬く太いゴボウを選ぶのは今日から止めにしましょう!

ws000006

出典:http://kemono666.seesaa.net/article/276014169.html

 

 

おいしい玉ねぎ(タマネギ)の見極め方

おいしいタマネギの見分け方は、タマネギの尖っている先端のまわりを押してみて、柔らかいか固いかでわかります。もし柔らかければ傷みだしている証拠なので、固いタマネギを選ぶようにしましょう!

ws000008

出典:http://www.engei.net/Browse.asp?ID=36218

 

 

 


スポンサーリンク



ソラマメ:莢(さや)が空を向いて成長する不思議な豆


ソラマメ:莢(さや)が空を向いて成長する不思議な豆

ソラマメは、枝豆以上に美味しいと思っている人が、多いのではないでしょうか。

値段も高いですが、豆の大きさ・しっとり感・味の奥深さ何れを取っても枝豆は足元にも及びません。

 

 

一方栄養価の点では、ソラマメ・枝豆どちらも豊富な蛋白質・ビタミン・ミネラルを含みます

いずれをとっても他の野菜に比べ全般に栄養価が高い野菜です。強いて両者を比べますと数値は枝豆が優位にあります。  

 

しかし私は栄養価以外の点でソラマメに軍配を揚げますので、総合点はソラマメが上だと思っています。

 

ソラマメは大きな莢(さや)の内側に、柔らかいふわふわした綿のような布団に包まれています。  

如何にも豆自体が大事に扱われて、正に嫁入り前の娘のようです。

 

“ソラマメ:莢(さや)が空を向いて成長する不思議な豆” の続きを読む


スポンサーリンク



グリーンアスパラガスの調理方法とホワイトアスパラガスとの違い


アスパラガス:昔ホワイト、今グリーン

アスパラガスはスーパーの店頭にはグリーン物が殆どです。一昔前までは缶詰のホワイト物でした。

子供の頃、缶詰のホワイトアスパラガスは高級で、めったに食べられず、食べる時はマヨネーズを付け、口の中でとろける柔らかさが絶妙なのを覚えています。  

 

“グリーンアスパラガスの調理方法とホワイトアスパラガスとの違い” の続きを読む


スポンサーリンク



「タラの芽」の旬と調理方法


タラの芽は山菜の王様

タラの木の新芽を食用にして味わうのは、『よくぞ昔の人がこの食材を見つけてくれた』と食通は感謝しなければなりません。  

タラの木は鋭い棘(とげ)があり、先端の新芽を摘み取る時は気を付けねばなりません。 日当たりのよい里山で採れる天然タラの芽は丁度桜の咲く時期と重なります。

 

“「タラの芽」の旬と調理方法” の続きを読む


真っ白なウド(軟白ウド)が出来る理由と調理パターン


山菜から栽培野菜へ 成長株のウド

ウドは早春にあっという間に生長するので、「独活」と当て字を与えられました。   

「ウドの大木」という言葉も、すぐ生長して太くなるものの柱にはなれず、頼りにならない喩(たとえ)として使われます。

ウドは、日本の山に広く分布している山菜です。山菜ウドは先端部が早春の日の光に当たって淡い緑色をしており、タラの芽と並んで代表的春の山菜です。

 

“真っ白なウド(軟白ウド)が出来る理由と調理パターン” の続きを読む


菜の花の選び方・保存方法・調理パターン


栄養満点の早春野菜“菜の花”

菜の花は早春野菜の横綱格と言えます。 野菜が不足がちの冬期を我慢し、人々が待ち望んでいた早春、最初に菜の花が店頭に並びます。  菜の花は蕾(つぼみ)・茎・葉が一緒に食べれる珍しい緑黄色野菜です。  

 

“菜の花の選び方・保存方法・調理パターン” の続きを読む


“フキのとう”は春告げ鳥ならぬ春告げ野菜


“フキのとう”は春告げ鳥ならぬ春告げ野菜

“フキのとう”はフキの葉が出る前の花の蕾(つぼみ)です。  関東では節分前後に山野の陽だまりに先ずに首を出す、独特の香りある春告げ野菜です。 

 

最近“エグミ”という言葉を殆ど聞かなくなりました。 “フキのとう”こそ正にエグミの味なのです。 エグミとは中々表現が難しい味で、これぞアクの味と言え、苦みと渋みが混ざった舌にピリッとくる味と言えます。  この味を大人の味として日本人は大事にしてきました。

 

““フキのとう”は春告げ鳥ならぬ春告げ野菜” の続きを読む