相葉マナブ目利き塾「秋の野菜」見極め方まとめ一覧


2016年10月9日放送の相葉マナブというテレビ番組では、スーバーマーケットに置かれている「秋の野菜」どちらがおいしいか目利きするという内容でした。とても勉強になり、同じ値段でより品質の良いものを選べ、今後のためになると思い、放送内容をすべてまとめてみました。是非、参考にしてみてください。

 

 

おいしいニンジン(人参)の見極め方

人参の芯(一番上の緑のところ)を見て、小さいほうがおいしいニンジンになります。理由は簡単で、芯が小さいほど中の芯も細くなり、ニンジン自体も芯が細いほうが柔らかくおいしくなります。

ws000003

出典:http://moriokasijyo.blogspot.jp/2016/04/45.html

 

おいしいサトイモ(里芋)の見極め方

里芋は親芋から子芋、孫芋とどんどん増えていきます。収穫のときに、「親芋と子芋」「子芋と孫芋」を切り離し、切り口が残ったまま収穫します。寒くなるとこの切り口から傷みやすいため、切り口がない里芋がいちばんおいしいと言われています。

ws000004

出典:http://moriokasijyo.blogspot.jp/2016/10/blog-post.html

 

おいしいゴボウの見極め方

細いゴボウと太いゴボウは、細いゴボウのほうがくたくたってことで、柔らかくておいしい。一方太いゴボウはつっぱっていて硬い特徴があります。太くてお得だと思い硬く太いゴボウを選ぶのは今日から止めにしましょう!

ws000006

出典:http://kemono666.seesaa.net/article/276014169.html

 

 

おいしい玉ねぎ(タマネギ)の見極め方

おいしいタマネギの見分け方は、タマネギの尖っている先端のまわりを押してみて、柔らかいか固いかでわかります。もし柔らかければ傷みだしている証拠なので、固いタマネギを選ぶようにしましょう!

ws000008

出典:http://www.engei.net/Browse.asp?ID=36218

 

 

 


スポンサーリンク



ごぼうの効能と3つの調理方法


“ごぼう”の効能と3つの調理方法

ごぼう(根)はセルロース、リグニンと言った食物繊維、特に水溶性食物繊維を豊富に含み、整腸作用、コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防ぐ作用があります。

また消化吸収されない食物繊維は腹内を通過するため、胃や腸をきれいに掃除し便秘を改善するため大腸ガンの予防や悪玉腸内細菌の繁殖を防いでくれます。  

 

“ごぼうの効能と3つの調理方法” の続きを読む


スポンサーリンク