冬の小松菜はミネラル・ビタミン豊富!


冬の小松菜はミネラル・ビタミン豊富

小松菜は江戸時代、東京江戸川区小松川で作られていたことから小松菜となったと言われます。

旬は冬で耐寒性が強く、冬野菜の代表格で灰汁(あく)が少なく味噌汁・お浸し・炒め物など幅広く和食に利用されていますが、関東地方では雑煮には欠かせない食材です。 

近年小松菜は洋風料理の食材としてサラダはもとより多方面に利用され出しました。ほうれん草と比べシャキシャキ感があり、食材として広く人気があります。

 

“冬の小松菜はミネラル・ビタミン豊富!” の続きを読む


小松菜の苦手な方にオススメ料理


小松菜の苦手な方にオススメ料理

 

小松菜には女性が喜ぶ美容効果や最近ちょっぴり太り気味だなと感じてきた方々をサポートする肥満防止効果があるのです。

また、小さなお子様の成長を助ける効果あるのです。ですが、どのように小松菜を摂取したら良いか悩みますよね。

 

“小松菜の苦手な方にオススメ料理” の続きを読む


5種類の小松菜の特徴について


小松菜の種類

 実は小松菜にも様々な品種があるのをご存知ですか?

小松菜はおよそ25cmくらいの野菜で、葉が少し丸みを帯びており、緑色の葉が特徴です。灰汁が少なく、水溶性のビタミン類などを出来るだけ逃がさず摂取することが可能です。

加熱すると柔らかくなり、おひたしやお味噌汁、炒めものに向いています。1年を通してスーパーやデパートなどに陳列されていますが、実は冬の食材で冬に収穫された小松菜はとても甘くて栄養満点なのです。

 

“5種類の小松菜の特徴について” の続きを読む


小松菜 3つの保存方法と美味しい小松菜の選び方


小松菜の保存方法と美味しい小松菜の選び方

 小松菜の冷蔵保存・冷蔵保存・常温保存のやり方

どのお野菜も新鮮なうちに使い切るのが一番なのですが、旬の食材はお安く購入できることが多いため、ついついたくさん購入してしまいがちですよね。是非こちらの方法で、いつまでも美味しい小松菜を味わえるように保存してみてください。

 

小松菜は、冷蔵庫で2~3日、冷凍庫でおよそ1か月持ちます。

冬の寒さには強いのですが、非常に傷みやすい食材なので、収穫後または購入してからすぐに調理してしまうか、3日以内に使い切ってしまいましょう。

もし安く大量に購入してしまった場合、濡れた新聞紙などで小松菜を包んで、空気に触れないようビニール袋などに入れて、小松菜が乾燥してしまわないように冷蔵庫に保存します。

しかし、密閉し過ぎると逆に萎えてしまうため、注意が必要になります。

また、小松菜は畑で生えているような状態で保存すると、葉の部分からの水分蒸発を防ぐことが出来ます。立てて保存は難しいかもしれませんが、小松菜の根の部分を少し大きめのコップや瓶などに入れると立てて保存することが可能になります。

 

“小松菜 3つの保存方法と美味しい小松菜の選び方” の続きを読む


ほうれん草と並ぶ栄養満点な小松菜とは


ほうれん草と並ぶ栄養満点な小松菜とは

 

ほうれん草とよく間違われることの多い小松菜ですが、実はとても栄養満点な食材ということをご存知でしたか?

小松菜の主な栄養素にビタミンAがあるのですが、これはほうれん草と同じくらい含んでいるのです。さらにカルシウムに至っては、ほうれん草のおよそ4倍近く上回っているのです。

あまり知られていないですが、実は素晴らしい野菜だったのです。

 

“ほうれん草と並ぶ栄養満点な小松菜とは” の続きを読む


小松菜の歴史と名前の由来について


東京生まれの小松菜

 小松菜はツケナ類と呼ばれる非結球葉菜の1種で、江戸初期から中期にかけて誕生した野菜とご存知でしたか?

中国原産のカブの1種で「クキタチナ(茎立菜)」と呼ばれていた野菜があるのですが、この野菜を品種改良して栽培されたのが、小松菜という野菜です。

徳川吉宗が鷹狩を行っていた際に献上されたことによって、栽培されている地域の名前をとって「小松菜」と命名されたそうです。

小松菜は、現在の東京都江戸川区付近の小松川という場所で栽培されていたそうです。

関東地方ではとても有名な小松菜ですが、最近では大阪府・愛知県などといった地域でも栽培されています。

 

“小松菜の歴史と名前の由来について” の続きを読む