慈姑(くわい)の歴史と新鮮な慈姑の選び方


慈姑(くわい)とは、どんな食べ物?

 

慈姑(くわい)とは、オモダカ科のオモダカ属に属している中国南部原産の野菜です。旬の時期は11月から12月頃の冬の時期で、日本でも広島県をはじめ、埼玉県や茨城県でも栽培されています。

 

WS000031

 出典:http://iitmtm2.blog33.fc2.com/blog-category-96.html

慈姑(くわい)は、お正月のおせち料理にも使用される縁起の良い食材として重箱に詰め込まれています。大きさは卓球で使用するピンポン玉ほどの丸い実(塊茎)の部分から、ニョキっと数cm芽が伸びています。この塊茎から伸びる部分を日本では「芽(目)が出る」と言い、非常に縁起が良い食材と言われています。

慈姑(くわい)という名称は、「鍬芋(くわいも)」から由来されていると言われており、塊茎からニョキっと伸びている芽の部分が非常に鍬(くわ)に似ていることからこの名前が付いたそうです。慈姑(くわい)を食材として利用しているのは、日本と中国の2か国のみです。

 

“慈姑(くわい)の歴史と新鮮な慈姑の選び方” の続きを読む