蓮根(れんこん)の選び方と調理法4パターン


蓮根(れんこん)の選び方と調理法4パターン

蓮根(れんこん)は読んで字の通り、蓮(ハス)の地下茎が肥大したものです。

蓮根は大部分が糖質(でん粉)で、糖質以外では、胃の粘膜を保護し、蛋白質の消化を助けるムチンを含みます。 

切った時、糸を引くのはオクラ・里芋・モロヘイヤにも含まれるムチンなのです。 

またシャキシャキした歯触りからも、食物繊維が豊富なことが分かり、便秘解消に効果があります。

 

“蓮根(れんこん)の選び方と調理法4パターン” の続きを読む