長ネギ:あらゆる料理の脇役、でも主役にもなる万能野菜


長ネギ:あらゆる料理の脇役、でも主役にもなる万能野菜

味噌汁・鍋料理の具、生では冷奴・蕎麦・うどん・納豆等の薬味として欠かせないのが長ネギです。

ネギには硫化アリルを成分とする特有の辛味と匂いを持つので、少量使う薬味としてどちらかと言えば料理の脇役として重宝されます。 

ネギの使い方も関東は成長と共に土を盛り上げ陽に当てないようにして白ネギとして、西日本は陽に当て緑の葉部分も大切に使います。

ネギの白い部分にはビタミンC、疲労回復の効果と消化・吸収を高め・殺菌作用もある硫化アリル、体を温めるアリシンが多く含まれます。 

緑の葉の部分にはβカロテン(ビタミンA)が含まれるので、白い部分・緑の葉と両方一緒に利用した方がバランスの良い栄養分が摂取できます。

 

脇役の長ネギを主役にしたネギの持つ幅広い美味しさを味わえる調理法を紹介しましょう。

 

“長ネギ:あらゆる料理の脇役、でも主役にもなる万能野菜” の続きを読む


スポンサーリンク



蓮根(れんこん)の選び方と調理法4パターン


蓮根(れんこん)の選び方と調理法4パターン

蓮根(れんこん)は読んで字の通り、蓮(ハス)の地下茎が肥大したものです。

蓮根は大部分が糖質(でん粉)で、糖質以外では、胃の粘膜を保護し、蛋白質の消化を助けるムチンを含みます。 

切った時、糸を引くのはオクラ・里芋・モロヘイヤにも含まれるムチンなのです。 

またシャキシャキした歯触りからも、食物繊維が豊富なことが分かり、便秘解消に効果があります。

 

“蓮根(れんこん)の選び方と調理法4パターン” の続きを読む


スポンサーリンク



せり(芹)の選び方・保存方法と調理方法


せり(芹):春の訪れを告げる野草食材

せりは湿地性の植物で独特の香りを持ち、春の七草の代表で、若い茎と葉を食用とします。 露地物・天然物は春が旬ですが、現在は灰汁(あく)の少ない溶液栽培のせりが通年出回るようになり、季節感が薄れて来ました。 

せりの食材としてのポイントは何と言っても爽やかな香りと食べる時の歯触りシャキシャキ感でしょう。

 

“せり(芹)の選び方・保存方法と調理方法” の続きを読む


スポンサーリンク



ごぼうの効能と3つの調理方法


“ごぼう”の効能と3つの調理方法

ごぼう(根)はセルロース、リグニンと言った食物繊維、特に水溶性食物繊維を豊富に含み、整腸作用、コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防ぐ作用があります。

また消化吸収されない食物繊維は腹内を通過するため、胃や腸をきれいに掃除し便秘を改善するため大腸ガンの予防や悪玉腸内細菌の繁殖を防いでくれます。  

 

“ごぼうの効能と3つの調理方法” の続きを読む


冬の小松菜はミネラル・ビタミン豊富!


冬の小松菜はミネラル・ビタミン豊富

小松菜は江戸時代、東京江戸川区小松川で作られていたことから小松菜となったと言われます。

旬は冬で耐寒性が強く、冬野菜の代表格で灰汁(あく)が少なく味噌汁・お浸し・炒め物など幅広く和食に利用されていますが、関東地方では雑煮には欠かせない食材です。 

近年小松菜は洋風料理の食材としてサラダはもとより多方面に利用され出しました。ほうれん草と比べシャキシャキ感があり、食材として広く人気があります。

 

“冬の小松菜はミネラル・ビタミン豊富!” の続きを読む


美味しい春菊の見分け方と正しい保存方法!


美味しい春菊の見分け方と正しい保存方法!

 

冬の味覚である春菊は、丁度今頃が一番美味しいと言われています。春菊は1年中収穫されている緑黄色野菜ですが、11月から3月頃にかけて収穫される春菊が旬なため、1年で最も栄養満点だと言われています。

では、今が旬の春菊の美味しい見分け方と正しい保存方法をご紹介したいと思います♪

 

“美味しい春菊の見分け方と正しい保存方法!” の続きを読む


女性に嬉しい効果をもたらす春菊パワー!


女性に嬉しい効果をもたらす春菊パワー!

 

春菊は、ニンジンやカボチャなどと違って独特な香りと味を持っている珍しい緑黄色野菜です。この香りと味が原因で、冬の定番である鍋やすき焼きから姿を消してしまいました。

しかし、近年スティック春菊という新たな品種が誕生したことによって、再び食卓に春菊が並ぶ可能性が見えてきました!

苦手だった春菊が美味しく食べられる!新種の「スティック春菊」とは

そんな嫌われ者の春菊は、実は女性にとって嬉しい栄養素を豊富に含有している食材だったのです!では、女性にとって嬉しい栄養素とはいったいどんな成分なのでしょうか?

 

“女性に嬉しい効果をもたらす春菊パワー!” の続きを読む