5種類の小松菜の特徴について


小松菜の種類

 実は小松菜にも様々な品種があるのをご存知ですか?

小松菜はおよそ25cmくらいの野菜で、葉が少し丸みを帯びており、緑色の葉が特徴です。灰汁が少なく、水溶性のビタミン類などを出来るだけ逃がさず摂取することが可能です。

加熱すると柔らかくなり、おひたしやお味噌汁、炒めものに向いています。1年を通してスーパーやデパートなどに陳列されていますが、実は冬の食材で冬に収穫された小松菜はとても甘くて栄養満点なのです。

 

“5種類の小松菜の特徴について” の続きを読む


スポンサーリンク



小松菜 3つの保存方法と美味しい小松菜の選び方


小松菜の保存方法と美味しい小松菜の選び方

 小松菜の冷蔵保存・冷蔵保存・常温保存のやり方

どのお野菜も新鮮なうちに使い切るのが一番なのですが、旬の食材はお安く購入できることが多いため、ついついたくさん購入してしまいがちですよね。是非こちらの方法で、いつまでも美味しい小松菜を味わえるように保存してみてください。

 

小松菜は、冷蔵庫で2~3日、冷凍庫でおよそ1か月持ちます。

冬の寒さには強いのですが、非常に傷みやすい食材なので、収穫後または購入してからすぐに調理してしまうか、3日以内に使い切ってしまいましょう。

もし安く大量に購入してしまった場合、濡れた新聞紙などで小松菜を包んで、空気に触れないようビニール袋などに入れて、小松菜が乾燥してしまわないように冷蔵庫に保存します。

しかし、密閉し過ぎると逆に萎えてしまうため、注意が必要になります。

また、小松菜は畑で生えているような状態で保存すると、葉の部分からの水分蒸発を防ぐことが出来ます。立てて保存は難しいかもしれませんが、小松菜の根の部分を少し大きめのコップや瓶などに入れると立てて保存することが可能になります。

 

“小松菜 3つの保存方法と美味しい小松菜の選び方” の続きを読む


スポンサーリンク



ほうれん草と並ぶ栄養満点な小松菜とは


ほうれん草と並ぶ栄養満点な小松菜とは

 

ほうれん草とよく間違われることの多い小松菜ですが、実はとても栄養満点な食材ということをご存知でしたか?

小松菜の主な栄養素にビタミンAがあるのですが、これはほうれん草と同じくらい含んでいるのです。さらにカルシウムに至っては、ほうれん草のおよそ4倍近く上回っているのです。

あまり知られていないですが、実は素晴らしい野菜だったのです。

 

“ほうれん草と並ぶ栄養満点な小松菜とは” の続きを読む


スポンサーリンク



小松菜の歴史と名前の由来について


東京生まれの小松菜

 小松菜はツケナ類と呼ばれる非結球葉菜の1種で、江戸初期から中期にかけて誕生した野菜とご存知でしたか?

中国原産のカブの1種で「クキタチナ(茎立菜)」と呼ばれていた野菜があるのですが、この野菜を品種改良して栽培されたのが、小松菜という野菜です。

徳川吉宗が鷹狩を行っていた際に献上されたことによって、栽培されている地域の名前をとって「小松菜」と命名されたそうです。

小松菜は、現在の東京都江戸川区付近の小松川という場所で栽培されていたそうです。

関東地方ではとても有名な小松菜ですが、最近では大阪府・愛知県などといった地域でも栽培されています。

 

“小松菜の歴史と名前の由来について” の続きを読む


水菜の選び方・保存方法とレシピ


水菜の栄養分と食べたときの効果やメリット

水菜は古く江戸時代京都で「肥料を使わず水と土の力」だけで作られていたから水菜と言われたようで、冬が旬の緑黄色京野菜です。

もともと鍋の具や漬物に使われていましたが、繊維質が少ない上、あくがなく特有のシャキシャキ感が楽しめることから、サラダなど生食用の野菜としても人気がでてきて、スーパーなどにも多く出回るようになり、京野菜から全国に普及しました。

水菜には特有の香りと、ほどよい辛みがあり、肉や魚の臭みを消してくれるので、洋食料理にも広く使われています。

水菜は葉物野菜の中ではトップクラスのビタミンCを含み、他に、ほうれん草の4倍のカルシウム、更にビタミンA、鉄を含む優等生の野菜です。

価格も手ごろなので、乾燥時期の風邪予防・肌トラブル・便秘改善等、主婦にとっては嬉しい野菜と言えましょう。

 

水菜の選び方と保存方法

葉先がピンとしていて緑が濃く・みずみずしく、茎の白さが際立ち、つやがあり黄ばんでいないものを選びまます。水菜はそのまま放置すると鮮度が早く落ちるので、さっと水に漬けた後キッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて立てて保管します。日持ちし難い野菜なので出来るだけ早く使い切りましょう。

 

水菜を使ったレシピー

  • 水菜を使ったサラダ類

レストランのサラダ―バーで私が美味しく食べるのは、水菜にミニトマト・きゅうり・スライス玉ねぎ・ワカメをたっぷり取り、ドレッシング(和風・イタリアン・フレンチどれでも合います!)を掛けます。更に好みでコショウを振っても良いでしょう。

家では水菜にオイルを切ったツナやカニ風味かまぼこなどを使ってマヨネーズ3、酢1の割合で混ぜ合わせ、塩コショウを振ります。

 

WS000002

引用元と水菜のレシピ:http://cookpad.com/recipe/2922443

 

WS000003

 

引用元と水菜のレシピ:http://cookpad.com/recipe/2899105

 

  • 湯がいた水菜の和(あ)え物

湯がいた水菜を3cmに切り、ちくわやカニ風味かまぼこやジャコと混ぜ合わせ、すりごまを入れポン酢でさっぱり食べられます。

 

WS000004

引用元:http://cookpad.com/recipe/2890428

 

  • 水菜を使った鍋

木枯らし吹く時節は鍋を囲みたくなります。その時青菜として水菜を使います。主材は鶏肉や豚肉(ひき肉を使い片栗粉でだんご状にしても良いでしょう)、豆腐・きのこ類で、ダシは昆布と鰹節(かつおぶし)の合わせダシです。煮立ったら最後に水菜を入れ、しんなりしたら食べ頃です。食べる時はポン酢・ごまだれで食べます。

 

WS000005

引用元と水菜を使った鍋レシピ:http://cookpad.com/recipe/2878285

 


カリフラワーの選び方と保存法と茹で方のコツ


新鮮カリフラワーは生食がおススメ?

11月にNHK“ためしてガッテン”で放映されてから、冬の旬野菜カリフラワーが店頭からすぐ消える様になりました。しばらくはカリフラワーブームが続くのでしょう。 番組では『カリフラワーの美味しさは生に限り、栄養価もブロッコリーに勝る。 カリフラワーは花蕾(つぼみ)だけでなく、茎や小さな葉も栄養価も高く食材として活用出来る。料理もスライス切りしてトッピングが意外性を出す。』と言った趣旨でした。

 

WS000020

引用元:http://from4050.jp/wp/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%83%BB%E9%A3%9F%E4%BA%8B/kariflower_gaten/

 

テレビを見ながら、昔米国コロラド州デンバーの郊外にある邸宅へ招待された時、前菜として有機野菜を生で食べるのが流行(はや)っていると聞いたのを思い出し、その中に小さな塊(かたまり)のカリフラワーがたくさんあったのです。

しかしながら、今でも私はさっと湯がいてシャキシャキ感がある状態の方が、食べやすいと思いますが・・・。ただカリフラワーをスライス切りにする発想は浮かびませんでした。

 

近年紫色・オレンジ色のカリフラワーが出回り始めました。 アントシアニン・β-カロチンが多く含まれ、抗酸化作用があり、生活習慣病の予防に期待できます。

 

 

カリフラワーの選び方と保存法と茹で方

 

  • 蕾(つぼみ)が固くしっかりし、茎がみずみずしく空洞の無い物を選びます。
  • 日持ちしないので、乾燥しないようラップにくるみ冷蔵庫に保管するか、早く固めに茹(ゆ)で(2分間)ラップに包んで冷凍庫に保管します。 使うときは電子レンジ・自然解凍どちらでも大丈夫です。
  • 茹でる時レモン汁や酢を入れると、カリフラワーが一層純白あでやかになります。

 

参考:http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/cauliflower2.htm

 

カリフラワーの料理

*カリフラワーを使った加熱料理はグラタンの具材、ソーセージ・玉ねぎとの炒め、野菜スープの具材、

ホワイトシチューの具材等々数多くのレシピーがありますが、どれもカリフラワーが具材のアクセントになっているものばかりです。

 

WS000021

引用元とレシピ:http://cookpad.com/recipe/2391161

 

 

WS000022

引用元とレシピ:http://www.orangepage.net/recipes/detail_109946

*カリフラワーの生野菜サラダは切り欠いたカリフラワーをさっと茹で、きゅうり、レタス、ピーマン、大根を切って好みのドレッシングを掛けます。

 


里芋の調理方法3パターン(煮物・コロッケ・お菓子!)


イモはイモでも女性に嬉しい低カロリー美容食!

里芋は春に種イモを植えると子イモができ、子イモの周りに孫イモが塊状に成長します。晩秋から初冬にかけて収穫し、木枯らし吹く季節芋煮会の主材料です。

里芋は冬が一番おいしいイモで、芋類の中で一番カロリーが低くダイエットや肌荒れ・便秘の解消、美肌効果、貧血解消など女性に嬉しい成分がぎっしり詰まっています

里芋には独特の“ぬめり”がありますが、これはムチン、ガラクタンという成分でそれぞれ消化促進、免疫力向上作用があります。  良い事ずくめの里芋をおいしく食べる調理方法をいくつか紹介しましょう。

 

“里芋の調理方法3パターン(煮物・コロッケ・お菓子!)” の続きを読む