タラバガニの旨味を逃さない上手な解凍方法とは?



スポンサーリンク


タラバガニの旨味を逃さない上手な解凍方法とは?

 

通信販売などで安く売っているタラバガニを購入すると、大抵の場合、冷凍した状態で送られてくるのではないでしょうか。その冷凍されたタラバガニを間違った解凍方法で解凍してしまうと、折角購入したタラバガニも鮮度も味も悪くなってしまう可能性があります。

 

そこで、間違った解凍方法でタラバガニをダメにしてしまわないように、タラバガニの上手な解凍方法をご紹介したいと思います!

 

“タラバガニの旨味を逃さない上手な解凍方法とは?” の続きを読む


スポンサーリンク



冬が旬のタラバガニってどんな生き物で美味しい食べ方ってあるの?


冬が旬のタラバガニってどんな生き物で美味しい食べ方ってあるの?

 

寒い季節は、鍋やしゃぶしゃぶなど温かい料理にが1日で最も至福の時間となっている方も多いのではないでしょうか。

そんな至福の時間を、高級蟹であるタラバガニを使ってワンランク上の演出してみませんか?

 

“冬が旬のタラバガニってどんな生き物で美味しい食べ方ってあるの?” の続きを読む


国民的人気の魚“鮪(マグロ)”の旬と調理パターン


国民的人気の魚“鮪(マグロ)”

鮪はどうしてこんなに国民に好かれて食べられる魚なのでしょうか? 

戦後の洋食ブームで、食の趣向が変わったのと相まって、冷凍技術が発達し脂身のトロが見直され、庶民の口から遠ざかって行きました。 赤身魚は盛り付けても色が映え、鯵・鰯・鯖等の大衆青魚より一段上に見られていました。  

 

このように見ていくと鮪は高級感があるものの、ちょっと背伸びすれば手に入る価格なので、庶民にとって“晴れの日の刺身の定番”になったのだと思います。

 

また庶民の行く回転寿司店では、鮪の品質・価格が経営の全てを握ると言われるくらい人気の“寿司ネタ”です。その為か世界の漁獲量の1/3が日本で消費されているのです。

 

“国民的人気の魚“鮪(マグロ)”の旬と調理パターン” の続きを読む


アサリ調理のコツと調理パターン


アサリ:和・洋レシピ 何れにも使える優等生

アサリは養殖技術が進み、日本中広く獲れます。一昔前は内海の干潟や海水が出入りする湖沼等に沢山生息していました。

 

1970年頃から徐々に干潟が埋め立てられ工場地帯等に変わり、水質汚染と相まって漁獲量が減少してきました。  

そのため近年需要が増え、韓国・中国からアサリや種アサリを輸入して凌いでいます。  

 

“アサリ調理のコツと調理パターン” の続きを読む


一度は食べたい高級魚“とらふぐ”の調理パターン


一度は食べたい高級魚“とらふぐ”の調理パターン

ふぐ(*)は毒魚とされ、東南アジアの沿岸国でしか食べられていません。  中でも日本では「ふぐは食いたし命は惜しし」とか言いながら、調理に研究を重ね、最も珍重されてきました

(*)漢字で“河豚”と書くのはおそらく、水揚げされた時の膨らんだ様子からでしょう。

 

   “ふぐ”と書くと「不遇」「不具」となり縁起が悪いので、「ふく」は「福」につながり縁起がよいから、「ふく料理」と書いてある店が、西日本には多くあります。

 

“一度は食べたい高級魚“とらふぐ”の調理パターン” の続きを読む


我家の正月料理の定番は“酢ナマコ(海鼠)”


我家の正月料理の定番は“酢ナマコ(海鼠)”

ナマコはウニ・ヒトデ・ウミユリとは親戚の棘皮(きょくひ)動物です。 

普通、日本では生のナマコが料理のレシピに取り上げられ、コリコリ感を味わう通の食材です。

またナマコの内臓を塩辛にした“このわた”は日本三大珍味のひとつです。

一方中国では乾燥したナマコを珍重し、漢方薬では滋養強壮効果が朝鮮人参並みと言われています。

 

“我家の正月料理の定番は“酢ナマコ(海鼠)”” の続きを読む


海の軟体動物、真蛸(まだこ)は魚と同様、料理法を選ばない!


海の軟体動物、真蛸(まだこ)は魚と同様、料理法を選ばない!

日本人は蛸を日常的に食べる国民です。昔の絵画や玩具にも主役となっているほど身近です。

普通に食用にされる蛸は真蛸(まだこ)と水蛸(みずだこ)でしょう。

近年国内で獲れる真蛸が減って、遠くアフリカ西太平洋岸諸国から輸入するまでになっています。

真蛸を茹でた時、値段の高い国産品は小豆色に、一方輸入品は薄い赤色になり、違いが見分けられます

 

“海の軟体動物、真蛸(まだこ)は魚と同様、料理法を選ばない!” の続きを読む


“魚”偏に“春”と書く 春を告げる鰆(サワラ)


“魚”偏に“春”と書く 春を告げる鰆(サワラ)

鰆は鯖(サバ)の仲間で、大きいものは体長1mにもなり外観も鯖に似ています。 主に瀬戸内海から西日本太平洋沿岸で広く漁獲されます。  成長に伴い呼び名が変わるので、ブリ・スズキと同様出世魚と呼ばれます。 

 

““魚”偏に“春”と書く 春を告げる鰆(サワラ)” の続きを読む


ワカサギの調理パターン 3選


白樺湖の氷上で釣ったワカサギの唐揚げは格別でした!

ワカサギは漢字で「公魚」と書きます。江戸時代後期、将軍に霞ケ浦のワカサギが年貢として納められ、公儀御用魚とされたことに由来します。 

 

もともとワカサギは太平洋側では千葉県以北、日本海側では島根県以北に分布していました。食用魚として人気も高いことから、日本各地の湖やダムに放流され広く全国に分布しています。 南限は鹿児島県とされています。  

 

ワカサギの旬は身が締まって適度に脂が落ちる冬から春先です。  ワカサギは頭から食べることができ、

イワシの10倍以上のカルシウム含有量を持ち、良質な蛋白質や脂質を含みます。その他鉄分・リン・セレン等のミネラルを含みます。

 

昔、長野県白樺湖にグループ合宿をし、途中半日氷上に出て、氷を割ってワカサギ釣りを楽しみました。釣ったワカサギを民宿のおかみさんに「唐揚げ」にしてもらい、味わったあの旨さは今でも忘れません。

 

“ワカサギの調理パターン 3選” の続きを読む


料理を選ばない万能魚の鯛(タイ)


料理を選ばない万能魚の鯛

鯛は脂肪が少ないので味が落ちにくく、光沢ある淡紅色で姿が美しく、『めでたい』に通じるところから縁起の良い魚とされ、祝い膳に尾頭(かしら)つきで用いられます。

 

鯛の中で最も人気なのが真鯛です。真鯛は、漁獲した時に自然に死んだ「野〆め」と、生け簀で生かしてから〆めた「活け〆め」では当然、食感が異なります。  

活け〆め後、潮氷すれば12時間は硬直せずに、鮮魚状態で身質な味わいを保ちます。  

西日本で獲った真鯛を空輸すれば、東京の高級食材店でその日の内に、漁獲直後の鮮度が味わえるのです。

 

“料理を選ばない万能魚の鯛(タイ)” の続きを読む


自分の故郷の川へ錦を飾る鮭(さけ)


自分の故郷の川へ錦を飾る鮭

鮭は成長段階に応じて、淡水、海水、淡水と生活の場を変えていくのが一般的です。 海は水温が安定していて、餌が豊富である点で河川よりも優れています。

鮭の種類により違いますが、短い鮭で1~2年、長い鮭で2~8年、海洋を探索しながら動物プランクトンや小型魚類・イカ類などを捕食し、著しく成長します。

 

“自分の故郷の川へ錦を飾る鮭(さけ)” の続きを読む


秋刀魚(さんま)を使った4つの料理


秋刀魚(さんま)を使った料理の数々

秋刀魚(さんま)と言えば塩焼きが定番料理となっていますが、調理次第でさまざまな料理に変化します。秋刀魚は癖もほとんどありませんので、刺身や煮物、フライなど、好みの料理に使えます。料理のバリエーションを増やしたいなら、秋刀魚を使ってアレンジしてみましょう。食卓に彩りも増え、そしてにぎやかになります。

 

“秋刀魚(さんま)を使った4つの料理” の続きを読む


秋刀魚(さんま)を3枚おろしにする捌(さば)き方


秋刀魚(さんま)を3枚おろしにする捌(さば)き方

秋刀魚(さんま)を捌くのは難しい?

魚を捌(さば)くのが苦手、という方は多くいます。特に秋刀魚は細長い形をしているため、より捌きにくいのがネックです。そのため、秋刀魚を捌くのは難しいと考えている方は少なくありません。

しかし、秋刀魚は基本的な手順さえ覚えてしまえば簡単に捌くことができます。3枚おろしはほかの魚を捌くときでも利用できるため、応用も可能です。刺身を作るときなどは、しっかり3枚におろしましょう。

 

“秋刀魚(さんま)を3枚おろしにする捌(さば)き方” の続きを読む


秋刀魚(さんま)に含まれる栄養と食べることで得られる効能


秋刀魚(さんま)に含まれる栄養

秋刀魚(さんま)は栄養が豊富な魚である

江戸時代から庶民の食卓に、そして現代では秋の味覚として楽しまれている秋刀魚(さんま)は、栄養が豊富なことでも知られています。イワシと同じ青魚の一種であり、ビタミンをはじめとした様々な栄養を含んでいます。

意外と知られていない秋刀魚の栄養価の高さは、注目すべきです。体の健康を考えるなら、秋刀魚を意識して食べると良いでしょう。秋刀魚を食べると、一部の病気の予防につなげることができます。

 

“秋刀魚(さんま)に含まれる栄養と食べることで得られる効能” の続きを読む


秋刀魚(さんま)の特徴


秋刀魚(さんま)の特徴

秋刀魚(さんま)の調理パターン

秋刀魚(さんま)は細長い見た目をしています。魚屋やスーパーの鮮魚コーナーで安く購入できる魚の一種で、一般家庭の食卓ではすっかりお馴染みです。

そのままシンプルに塩焼きにされることも多いですが、家庭によってはフライや煮物にして食されることもあります。当然刺身としても食べることができます。

秋刀魚の盛り付け4パターン写真付き

脂の乗った秋刀魚は塩焼きにぴったりで、ご飯がすすみ食卓にバリエーションを加えてくれるでしょう。そして秋刀魚の塩焼きは大根下ろしやすだちを添えたり、ポン酢をかけて食べるなど、家庭によっても食べ方が少々異なります。

 

“秋刀魚(さんま)の特徴” の続きを読む


賢い寒ブリの選び方と保存方法!


賢い寒ブリの選び方と保存方法!

 1月の今が最も脂が乗っていて旨いという寒ブリですが、選び方によっては失敗する可能性もあります。そこで、新鮮なブリの選び方と正しい保存の仕方をご紹介していきたいと思います♪

また、美味しいブリの食べ方もちょっぴりお教え出来たら良いなと考えておりますので、どうぞ最後まで読んでいってください!

 

“賢い寒ブリの選び方と保存方法!” の続きを読む


寒ブリの栄養素と美味しい食べ方とは


「寒」と付く魚介類の代表・寒ブリ!

 

寒さが厳しくなる12月から2月頃にかけて最も脂が乗っていて旨いと言われる魚「寒ブリ」は出世魚として、関西地方や北陸地方ではめでたい魚として親しまれています。

なぜ、ブリが出世魚かと言いますと、ブリはスズキやボラと同様、成長するごとに名前が変わる珍しい魚です。関東圏では、わかし・いなだ・さわら・ぶりと呼ばれており、関西圏では、つばす・はまち・めじろ・ぶりと呼ばれています。

また、富山県の氷見寒ブリをはじめ、壱岐島産の一本釣り寒ブリや佐渡一番寒ブリなどは、高値で取り引きされるほどの高級魚として有名です。

 

 

ブリは温帯性の回遊魚で、春から夏にかけて食糧である鰯を追い、北上します。冬になり、産卵直前のブリが南下してくるので、この時期の特に1月に水揚げされるブリが最も旨いというわけです♪

 

“寒ブリの栄養素と美味しい食べ方とは” の続きを読む


鱈(タラ)の選び方と代表的な4つの調理方法


鱈(タラ)の選び方と代表的な4つの調理方法

鱈(タラ)は親より子が稼ぐ!?

鱈は大口魚とも書く口の大きい魚で、魚の中でも特に大食漢として知られています。北日本以北の深海に生息し、日本近海では主に真ダラとスケトウダラが一般的です。  

真ダラは漁獲量もイワシと一、二を争う量で、日本人には、親しみのある魚で、大きいものは全長1m・体重20Kgになるものもあります。卵巣(真子)の煮つけ・醤油漬けは美味で、雄の精巣白子はクリーミーで旨味があり高価です。

スケトウダラは真ダラより小型細身で体調60cm、身が崩れやすく蒲鉾(かまぼこ)等の練り製品の原材料に、一方付加価値の高い卵巣は、たらこ辛子明太子の原料になります。  

 

鱈(タラ)の選び方と豆知識

鱈は目が黒々と透き通っているもの、皮が光沢のあるこげ茶色をしていて、張りのあるものを選びます

切り身は透明感・弾力のあるものが新鮮で、身が白く不透明なものは鮮度が落ちています。

 

WS000040

出典:http://o-e-c.net/syokuzai/tara

 

変わった鱈の加工品として棒(ぼう)鱈(だら)があります。 真ダラを三枚におろし、寒風の中、天日乾燥させます。

京都の正月料理には欠かせないものです。

WS000039

出典:http://cookpad.com/recipe/2448774

 

一方粕漬けで美味しい銀ダラはアイナメの親戚で、タラではありません!

 

鱈(タラ)を使った4つの代表的メニュー

鱈の煮物、鱈子(真子)の煮物

煮汁(醤油 大さじ3、みりん 大さじ3、酒 大さじ3、水 1/2カップ)を煮立て、中火にして切り身を入れ、煮汁を掛けながら煮ます。  火を消す前に切った春菊を入れ、しんなりするまで2分煮て盛り付けます。煮物の上に柚子の皮のみじん切りを乗せます。

また鱈の切り身と一緒に里芋・かぶ・大根と煮ても美味です。また切り身の代わりに真子を用いても大変美味しいです。

 

WS000041

出典:http://cookpad.com/recipe/2975107

 

 

鱈の竜田揚げ

鱈を一口大の大きさに切り、ダシ醤油と生姜の搾り汁で下味をつけ片栗粉をまぶし、油で揚げます。  

皿に盛りつけて刻んだ青ネギを乗せます。

 

WS000042

出典:http://cookpad.com/recipe/2264024

 

 

鱈の鍋

冬家族で鍋を囲むのに、淡泊な白身の鱈、たっぷりの野菜、豆腐を昆布と醤油で味付けした鍋と柚子ポン酢で味わうのは如何でしょうか。冬野菜は白菜・大根・春菊・ネギなど、他茸類があれば十分です。

WS000043

出典:http://cookpad.com/recipe/2129353

 

WS000044

出典:http://cookpad.com/recipe/2906003

 

 

鱈のムニエル

鱈は洋風料理としても十分楽しめます。

真鱈の切り身に塩・コショウを振り、オリーブオイルを敷きフライパンで裏表焼きます。

ホワイトソースを作って掛け、青ネギを振ります。

 

WS000046

出典:http://cookpad.com/recipe/2787697

 

WS000045

出典:http://cookpad.com/recipe/2974492               


鯖(さば)の定番メニュー 4選


“青”“魚”の代表鯖(サバ)

秋から冬にかけて脂がのった旬の魚が鯖です。 (新字体:青、旧字体:靑)

青魚には人間の体内では作れないDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などの高度不飽和脂肪酸、ω-3脂肪酸が多く含まれています。どちらもコレステロール・中性脂肪を下げ、血液をサラサラにし、動脈硬化を予防します。

 

太平洋沿岸を回遊している鯖は昔から日本人に親しまれた魚ですが、漁獲量が減少し遠くノルウェーから輸入しています。  

鯖は鮮度が落ちやすい魚ですが、刺身で食べる風習は少なかったのですが、冷蔵技術が進んだ現在では全国で新鮮な鯖が楽しめます。大分県の豊後水道の海域で獲れた「関鯖」は刺身で食する高級魚として出荷されています。

鯖にまつわる言葉「サバの生き腐れ」「サバを読む」も鯖の鮮度に関係した言葉なのです。

一般的には、味噌煮や酢締めで食べられることが多いです。この記事では、さばの代表的なレシピを紹介したいと思います。

 

“鯖(さば)の定番メニュー 4選” の続きを読む


冬が旬のヒラメ、「左ヒラメに右・・・」は間違い??


ヒラメとカレイの本当の見分け方

ヒラメは白身の魚で、刺身・寿司ネタに用いられる高級食材ですが、大衆魚と言われるカレイの仲間です。

産卵前の冬の時期が一番おいしい魚です。「春のヒラメは猫またぎ」と言われるほど産卵で身がやせて旨味がなくなってしまいます。

 

“冬が旬のヒラメ、「左ヒラメに右・・・」は間違い??” の続きを読む