旬のアンコウの効能・効果とあんこうを食べると危険な人!


アンコウの栄養素について

 

冬が旬のアンコウですが、実はとても栄養価が高いお魚なのです。

特に肝臓部分は、脂肪分が多くカロリーが気になるところですが、ビタミンAの含有率が非常に高い部位でもあります。

また、アンコウの身の部分は柳・大身共に大半が水分で構成されているため、低カロリー食材としてダイエット中の方に人気があります。

また、アンコウの皮にはコラーゲンが豊富に含まれており、美肌効果が期待されています。

 

しかし、旬を過ぎたアンコウは栄養価がガクンと下がり、味も落ちますのでオススメ出来ません。ぜひ旬の冬にアンコウは食べるようにししょうね。

 

では、アンコウを食べると私たちの体にどのような効果・効能をもたらすのかご説明したいと思います。

  “旬のアンコウの効能・効果とあんこうを食べると危険な人!” の続きを読む


スポンサーリンク



「アンコウ鍋」4種類の味付けとアンコウ七つ道具の美味しい調理方法


鮟鱇(アンコウ)の七つ道具ではなく九つ道具だった!

アンコウといえば、「鮟鱇の七つ道具」と呼ばれる通り、余すことなく食べることが出来る魚としても有名です。

「七つ道具」とは、肝・ぬの(卵巣)・ひれ・えら・水ぶくろ(胃)・皮・身の7つです。しかし、アンコウの身は、柳(頬の身)と大身(尾の部分)の2種類に分けられるので、合計9つになります。

アンコウが捌かれた後には、口の骨と脊椎しか残っていないと言われています。

それぞれ美味しく食べることができます。

 

“「アンコウ鍋」4種類の味付けとアンコウ七つ道具の美味しい調理方法” の続きを読む


スポンサーリンク



食用の鮟鱇(アンコウ)の種類と国産・輸入アンコウの違い


食用のアンコウは2種類のキアンコウとクツアンコウだけです!

冬のこの時期に登場する「鮟鱇(あんこう)」ですが、一般的に食卓に並ぶ鮟鱇は「キアンコウ」と「クツアンコウ」、「ミツクリエナガチョウチンアンコウ」など200種類以上存在します。

ですが、アンコウの中で食用として利用されるアンコウは、キアンコウとクツアンコウの2種類だけです。

そして、キアンコウの方がクツアンコウよりも味が良く高級魚として市場に並びます。

アンコウの旬は、寒さの厳しくなる11月から2月になります。水温が低くなることで身が引き締まり、春先に向けて産卵の準備を始めるので肝臓が肥大し、味がぐっと良くなると言われています。

 

“食用の鮟鱇(アンコウ)の種類と国産・輸入アンコウの違い” の続きを読む


スポンサーリンク



あんこう鍋の味付けと更に美味しくする4つの調理のコツ


あんこうは漁師料理だった!

あんこうはカレイの仲間ですが、見た目がグロテスクで、茨城県の沿岸以外では食べる習慣がなく、昔は主に漁師料理でした。
冬の底曳網漁で偶然獲れるあんこうは“肝が海のフォアグラ”と言われるごとく、昔から皇室に献上される高級品でした。  近年世の中“冬の鍋ブーム”の中、あんこう鍋が注目され出しました。 一度は味わいたいあんこう鍋を紹介しましょう。

 

WS000061

引用元:http://list.tabiiro.jp/302345.html

“あんこう鍋の味付けと更に美味しくする4つの調理のコツ” の続きを読む