賢い寒ブリの選び方と保存方法!


賢い寒ブリの選び方と保存方法!

 1月の今が最も脂が乗っていて旨いという寒ブリですが、選び方によっては失敗する可能性もあります。そこで、新鮮なブリの選び方と正しい保存の仕方をご紹介していきたいと思います♪

また、美味しいブリの食べ方もちょっぴりお教え出来たら良いなと考えておりますので、どうぞ最後まで読んでいってください!

 

“賢い寒ブリの選び方と保存方法!” の続きを読む


スポンサーリンク



寒ブリの栄養素と美味しい食べ方とは


「寒」と付く魚介類の代表・寒ブリ!

 

寒さが厳しくなる12月から2月頃にかけて最も脂が乗っていて旨いと言われる魚「寒ブリ」は出世魚として、関西地方や北陸地方ではめでたい魚として親しまれています。

なぜ、ブリが出世魚かと言いますと、ブリはスズキやボラと同様、成長するごとに名前が変わる珍しい魚です。関東圏では、わかし・いなだ・さわら・ぶりと呼ばれており、関西圏では、つばす・はまち・めじろ・ぶりと呼ばれています。

また、富山県の氷見寒ブリをはじめ、壱岐島産の一本釣り寒ブリや佐渡一番寒ブリなどは、高値で取り引きされるほどの高級魚として有名です。

 

 

ブリは温帯性の回遊魚で、春から夏にかけて食糧である鰯を追い、北上します。冬になり、産卵直前のブリが南下してくるので、この時期の特に1月に水揚げされるブリが最も旨いというわけです♪

 

“寒ブリの栄養素と美味しい食べ方とは” の続きを読む


スポンサーリンク



ブリの呼び名と 寒ブリ・ハマチのオススメレシピ


寒ブリとは

ブリは回遊魚で天然物は春には日本海を北上し、秋になると青森から南下し、佐渡・富山・能登を経て戻ってきます。11月から2月にかけて戻ってきた、脂がのって身の引き締まった大型のブリが寒ブリです。

特に「佐渡ブリ」、「能登ブリ」、「氷見ブリ」は寒ブリとして有名です。

冬の季節、日本海は激しい風・雷を伴う嵐が吹き荒れます。 嵐が吹くとブリ漁が最盛期を迎える合図と言われています。 ブリは太平洋を回遊するものもあるが、太平洋のブリは大きさ・風味が日本海のブリと異なり、一般に寒ブリとは言いません。

 

“ブリの呼び名と 寒ブリ・ハマチのオススメレシピ” の続きを読む


スポンサーリンク