ワカサギの調理パターン 3選


白樺湖の氷上で釣ったワカサギの唐揚げは格別でした!

ワカサギは漢字で「公魚」と書きます。江戸時代後期、将軍に霞ケ浦のワカサギが年貢として納められ、公儀御用魚とされたことに由来します。 

 

もともとワカサギは太平洋側では千葉県以北、日本海側では島根県以北に分布していました。食用魚として人気も高いことから、日本各地の湖やダムに放流され広く全国に分布しています。 南限は鹿児島県とされています。  

 

ワカサギの旬は身が締まって適度に脂が落ちる冬から春先です。  ワカサギは頭から食べることができ、

イワシの10倍以上のカルシウム含有量を持ち、良質な蛋白質や脂質を含みます。その他鉄分・リン・セレン等のミネラルを含みます。

 

昔、長野県白樺湖にグループ合宿をし、途中半日氷上に出て、氷を割ってワカサギ釣りを楽しみました。釣ったワカサギを民宿のおかみさんに「唐揚げ」にしてもらい、味わったあの旨さは今でも忘れません。

 

“ワカサギの調理パターン 3選” の続きを読む


スポンサーリンク