秋刀魚(さんま)を使った4つの料理


秋刀魚(さんま)を使った料理の数々

秋刀魚(さんま)と言えば塩焼きが定番料理となっていますが、調理次第でさまざまな料理に変化します。秋刀魚は癖もほとんどありませんので、刺身や煮物、フライなど、好みの料理に使えます。料理のバリエーションを増やしたいなら、秋刀魚を使ってアレンジしてみましょう。食卓に彩りも増え、そしてにぎやかになります。

 

“秋刀魚(さんま)を使った4つの料理” の続きを読む


スポンサーリンク



秋刀魚(さんま)を3枚おろしにする捌(さば)き方


秋刀魚(さんま)を3枚おろしにする捌(さば)き方

秋刀魚(さんま)を捌くのは難しい?

魚を捌(さば)くのが苦手、という方は多くいます。特に秋刀魚は細長い形をしているため、より捌きにくいのがネックです。そのため、秋刀魚を捌くのは難しいと考えている方は少なくありません。

しかし、秋刀魚は基本的な手順さえ覚えてしまえば簡単に捌くことができます。3枚おろしはほかの魚を捌くときでも利用できるため、応用も可能です。刺身を作るときなどは、しっかり3枚におろしましょう。

 

“秋刀魚(さんま)を3枚おろしにする捌(さば)き方” の続きを読む


スポンサーリンク



秋刀魚(さんま)に含まれる栄養と食べることで得られる効能


秋刀魚(さんま)に含まれる栄養

秋刀魚(さんま)は栄養が豊富な魚である

江戸時代から庶民の食卓に、そして現代では秋の味覚として楽しまれている秋刀魚(さんま)は、栄養が豊富なことでも知られています。イワシと同じ青魚の一種であり、ビタミンをはじめとした様々な栄養を含んでいます。

意外と知られていない秋刀魚の栄養価の高さは、注目すべきです。体の健康を考えるなら、秋刀魚を意識して食べると良いでしょう。秋刀魚を食べると、一部の病気の予防につなげることができます。

 

“秋刀魚(さんま)に含まれる栄養と食べることで得られる効能” の続きを読む


スポンサーリンク



秋刀魚(さんま)の特徴


秋刀魚(さんま)の特徴

秋刀魚(さんま)の調理パターン

秋刀魚(さんま)は細長い見た目をしています。魚屋やスーパーの鮮魚コーナーで安く購入できる魚の一種で、一般家庭の食卓ではすっかりお馴染みです。

そのままシンプルに塩焼きにされることも多いですが、家庭によってはフライや煮物にして食されることもあります。当然刺身としても食べることができます。

秋刀魚の盛り付け4パターン写真付き

脂の乗った秋刀魚は塩焼きにぴったりで、ご飯がすすみ食卓にバリエーションを加えてくれるでしょう。そして秋刀魚の塩焼きは大根下ろしやすだちを添えたり、ポン酢をかけて食べるなど、家庭によっても食べ方が少々異なります。

 

“秋刀魚(さんま)の特徴” の続きを読む


秋刀魚の盛り付け4パターン写真付き


秋刀魚の盛り付けと言っても、一匹丸ごとグリルで焼き魚にした秋刀魚の盛り付け方と切り身では、盛り付け方が違ってきます。

そこで、秋刀魚の盛り付け方を調理方法別に、写真付きでまとめてみました。

 

さんまに関する関連記事

 

焼き魚盛り付け

焼き魚のさんまは、2種類の盛り付け方があります。

基本、魚の頭は食べる人からみて、左に頭がくるようにします。

大皿があれば、焼いた秋刀魚一匹丸ごと、大皿に盛り付けましょう。

秋刀魚 焼き魚 盛り付け パターン1

WS000073

引用元:http://www.rakuten.ne.jp/gold/vancommeca/img/syouhin/0907sannmaup/DSCN7634a.jpg

 

“秋刀魚の盛り付け4パターン写真付き” の続きを読む