“魚”偏に“春”と書く 春を告げる鰆(サワラ)


“魚”偏に“春”と書く 春を告げる鰆(サワラ)

鰆は鯖(サバ)の仲間で、大きいものは体長1mにもなり外観も鯖に似ています。 主に瀬戸内海から西日本太平洋沿岸で広く漁獲されます。  成長に伴い呼び名が変わるので、ブリ・スズキと同様出世魚と呼ばれます。 

 

““魚”偏に“春”と書く 春を告げる鰆(サワラ)” の続きを読む


スポンサーリンク



ワカサギの調理パターン 3選


白樺湖の氷上で釣ったワカサギの唐揚げは格別でした!

ワカサギは漢字で「公魚」と書きます。江戸時代後期、将軍に霞ケ浦のワカサギが年貢として納められ、公儀御用魚とされたことに由来します。 

 

もともとワカサギは太平洋側では千葉県以北、日本海側では島根県以北に分布していました。食用魚として人気も高いことから、日本各地の湖やダムに放流され広く全国に分布しています。 南限は鹿児島県とされています。  

 

ワカサギの旬は身が締まって適度に脂が落ちる冬から春先です。  ワカサギは頭から食べることができ、

イワシの10倍以上のカルシウム含有量を持ち、良質な蛋白質や脂質を含みます。その他鉄分・リン・セレン等のミネラルを含みます。

 

昔、長野県白樺湖にグループ合宿をし、途中半日氷上に出て、氷を割ってワカサギ釣りを楽しみました。釣ったワカサギを民宿のおかみさんに「唐揚げ」にしてもらい、味わったあの旨さは今でも忘れません。

 

“ワカサギの調理パターン 3選” の続きを読む


スポンサーリンク



料理を選ばない万能魚の鯛(タイ)


料理を選ばない万能魚の鯛

鯛は脂肪が少ないので味が落ちにくく、光沢ある淡紅色で姿が美しく、『めでたい』に通じるところから縁起の良い魚とされ、祝い膳に尾頭(かしら)つきで用いられます。

 

鯛の中で最も人気なのが真鯛です。真鯛は、漁獲した時に自然に死んだ「野〆め」と、生け簀で生かしてから〆めた「活け〆め」では当然、食感が異なります。  

活け〆め後、潮氷すれば12時間は硬直せずに、鮮魚状態で身質な味わいを保ちます。  

西日本で獲った真鯛を空輸すれば、東京の高級食材店でその日の内に、漁獲直後の鮮度が味わえるのです。

 

“料理を選ばない万能魚の鯛(タイ)” の続きを読む


スポンサーリンク



自分の故郷の川へ錦を飾る鮭(さけ)


自分の故郷の川へ錦を飾る鮭

鮭は成長段階に応じて、淡水、海水、淡水と生活の場を変えていくのが一般的です。 海は水温が安定していて、餌が豊富である点で河川よりも優れています。

鮭の種類により違いますが、短い鮭で1~2年、長い鮭で2~8年、海洋を探索しながら動物プランクトンや小型魚類・イカ類などを捕食し、著しく成長します。

 

“自分の故郷の川へ錦を飾る鮭(さけ)” の続きを読む


秋刀魚(さんま)を使った4つの料理


秋刀魚(さんま)を使った料理の数々

秋刀魚(さんま)と言えば塩焼きが定番料理となっていますが、調理次第でさまざまな料理に変化します。秋刀魚は癖もほとんどありませんので、刺身や煮物、フライなど、好みの料理に使えます。料理のバリエーションを増やしたいなら、秋刀魚を使ってアレンジしてみましょう。食卓に彩りも増え、そしてにぎやかになります。

 

“秋刀魚(さんま)を使った4つの料理” の続きを読む


秋刀魚(さんま)を3枚おろしにする捌(さば)き方


秋刀魚(さんま)を3枚おろしにする捌(さば)き方

秋刀魚(さんま)を捌くのは難しい?

魚を捌(さば)くのが苦手、という方は多くいます。特に秋刀魚は細長い形をしているため、より捌きにくいのがネックです。そのため、秋刀魚を捌くのは難しいと考えている方は少なくありません。

しかし、秋刀魚は基本的な手順さえ覚えてしまえば簡単に捌くことができます。3枚おろしはほかの魚を捌くときでも利用できるため、応用も可能です。刺身を作るときなどは、しっかり3枚におろしましょう。

 

“秋刀魚(さんま)を3枚おろしにする捌(さば)き方” の続きを読む


秋刀魚(さんま)に含まれる栄養と食べることで得られる効能


秋刀魚(さんま)に含まれる栄養

秋刀魚(さんま)は栄養が豊富な魚である

江戸時代から庶民の食卓に、そして現代では秋の味覚として楽しまれている秋刀魚(さんま)は、栄養が豊富なことでも知られています。イワシと同じ青魚の一種であり、ビタミンをはじめとした様々な栄養を含んでいます。

意外と知られていない秋刀魚の栄養価の高さは、注目すべきです。体の健康を考えるなら、秋刀魚を意識して食べると良いでしょう。秋刀魚を食べると、一部の病気の予防につなげることができます。

 

“秋刀魚(さんま)に含まれる栄養と食べることで得られる効能” の続きを読む