我家の正月料理の定番は“酢ナマコ(海鼠)”


我家の正月料理の定番は“酢ナマコ(海鼠)”

ナマコはウニ・ヒトデ・ウミユリとは親戚の棘皮(きょくひ)動物です。 

普通、日本では生のナマコが料理のレシピに取り上げられ、コリコリ感を味わう通の食材です。

またナマコの内臓を塩辛にした“このわた”は日本三大珍味のひとつです。

一方中国では乾燥したナマコを珍重し、漢方薬では滋養強壮効果が朝鮮人参並みと言われています。

 

“我家の正月料理の定番は“酢ナマコ(海鼠)”” の続きを読む


海の軟体動物、真蛸(まだこ)は魚と同様、料理法を選ばない!


海の軟体動物、真蛸(まだこ)は魚と同様、料理法を選ばない!

日本人は蛸を日常的に食べる国民です。昔の絵画や玩具にも主役となっているほど身近です。

普通に食用にされる蛸は真蛸(まだこ)と水蛸(みずだこ)でしょう。

近年国内で獲れる真蛸が減って、遠くアフリカ西太平洋岸諸国から輸入するまでになっています。

真蛸を茹でた時、値段の高い国産品は小豆色に、一方輸入品は薄い赤色になり、違いが見分けられます

 

“海の軟体動物、真蛸(まだこ)は魚と同様、料理法を選ばない!” の続きを読む


“魚”偏に“春”と書く 春を告げる鰆(サワラ)


“魚”偏に“春”と書く 春を告げる鰆(サワラ)

鰆は鯖(サバ)の仲間で、大きいものは体長1mにもなり外観も鯖に似ています。 主に瀬戸内海から西日本太平洋沿岸で広く漁獲されます。  成長に伴い呼び名が変わるので、ブリ・スズキと同様出世魚と呼ばれます。 

 

““魚”偏に“春”と書く 春を告げる鰆(サワラ)” の続きを読む


グーグルアドセンス|電子決済対応の銀行でもデポジットに失敗する理由や原因


先日、個人事業主になるのを見込んで、副業専用のクレジットカードと通帳を作り、さっそく、新しい通帳をグーグルアドセンスの振込先に登録しようとしたら、翌日にこんなメールが届きました。

 

WS000001

 

要するに「口座番号・支店・銀行コードに間違いが無いか小額の入金をテストして、失敗しました」という内容のメールです。僕が試した銀行は、「住信SBIネット銀行」と「みずほ銀行」です。

 

2行ともネットで調べたら電子決済に対応しているので、間違っているとすれば「口座番号・支店・銀行コード・口座名義」になる。

 

「口座番号・支店・銀行コード」は何度見直しても、100%合っているので、「口座名義」が怪しい!

 

失敗したときに僕が入力した「口座名義」は、性・と名の間にスペース(空白)を入力しました↓

 

WS000002

 

これで、失敗したので、今度は性・と名の間を詰めて、半角カタカナで入力しました。そしたら、見事成功しました!

WS000003

 

後は、銀行口座の種類を選択し、「銀行コード」「支店コード」「口座番号」を入力して、保存を押せば2~3日の内に、あなたの登録した通帳に小額の入金があります。入金金額は、申請するごとに異なり、大体100円未満の金額が入金されますよ。入金された金額をアドセンスの画面で入力して、グーグルとあなたの間で確認が取れたという流れになります。

 

また、「銀行コード」「支店コード」は、あなたのキャッシュカードや通帳にも記載されていますが、ネットで「銀行コード」「支店コード」を調べることも出来ます。

http://zengin.ajtw.net/

 


ダウンタウンDXでライセンスの藤原が言ってたうるさすぎる!威勢のいいラーメン屋情報


2015年2月5日放送のダウンタウンDXで、お笑い芸人ライセンスの藤原さんが、たまたま入ったラーメン屋が「うるさすぎるラーメン屋」だったと話した。放送を見たあなたも一度、どれほどうるさいか気になった方もいると思い、お店の場所と名前、営業時間などをまとめてみました。

 

“ダウンタウンDXでライセンスの藤原が言ってたうるさすぎる!威勢のいいラーメン屋情報” の続きを読む


ワカサギの調理パターン 3選


白樺湖の氷上で釣ったワカサギの唐揚げは格別でした!

ワカサギは漢字で「公魚」と書きます。江戸時代後期、将軍に霞ケ浦のワカサギが年貢として納められ、公儀御用魚とされたことに由来します。 

 

もともとワカサギは太平洋側では千葉県以北、日本海側では島根県以北に分布していました。食用魚として人気も高いことから、日本各地の湖やダムに放流され広く全国に分布しています。 南限は鹿児島県とされています。  

 

ワカサギの旬は身が締まって適度に脂が落ちる冬から春先です。  ワカサギは頭から食べることができ、

イワシの10倍以上のカルシウム含有量を持ち、良質な蛋白質や脂質を含みます。その他鉄分・リン・セレン等のミネラルを含みます。

 

昔、長野県白樺湖にグループ合宿をし、途中半日氷上に出て、氷を割ってワカサギ釣りを楽しみました。釣ったワカサギを民宿のおかみさんに「唐揚げ」にしてもらい、味わったあの旨さは今でも忘れません。

 

“ワカサギの調理パターン 3選” の続きを読む


料理を選ばない万能魚の鯛(タイ)


料理を選ばない万能魚の鯛

鯛は脂肪が少ないので味が落ちにくく、光沢ある淡紅色で姿が美しく、『めでたい』に通じるところから縁起の良い魚とされ、祝い膳に尾頭(かしら)つきで用いられます。

 

鯛の中で最も人気なのが真鯛です。真鯛は、漁獲した時に自然に死んだ「野〆め」と、生け簀で生かしてから〆めた「活け〆め」では当然、食感が異なります。  

活け〆め後、潮氷すれば12時間は硬直せずに、鮮魚状態で身質な味わいを保ちます。  

西日本で獲った真鯛を空輸すれば、東京の高級食材店でその日の内に、漁獲直後の鮮度が味わえるのです。

 

“料理を選ばない万能魚の鯛(タイ)” の続きを読む